Make your own free website on Tripod.com

  最新の記事もう少し古い記事 |この記事は、 2000 年 4 月の記事です
April #2

April 5th (Wednesday)

Top News.

@170 updated@425 ||  AppleはついにMac OS 9.0.4のアップデータをリリースした。

 Mac OS 9.0.4 はFireWire、USBのサポートのほか、ネットワークとパワーマネジメント、オーディオ、ビデオ、グラフィックの機能が強化されている。なお、iMac DV、Power Mac G4、PowerBook(FireWire)のユーザはMac OS 9.0.4のインストール後、Apple DVD Player 2.2のインストールが必要である。

 Software Updateコントロールパネルからも入手できる。

Update AppleのWebサイトには日本語版もポストされているが、アップルからはまだ配布されていない。

■ Download:Update Mac OS 9.0.4[北米英語版]
■ Download:Update Mac OS 9.0.4[国際英語版]


@182 updated@235 ||  AdobeはInternet Worldにおいて、Adobe GoLiveの新バージョン「Adobe GoLive 5.0」を発表した。

 GoLive 5.0では、マルチメディア編集用のオンボードのインタラクティブエディタ、Webデザインのソースコードを完璧にコントロールできる「360Code」、優れたサイトプランニング・マネジメント機能、WebDAVのサポートによる「asset」のチェックイン・アウト、他のAdobe製品とドラッグ&ドロップでオブジェクトを共有できる「Smart Links」などの多くの新機能を搭載している。

 GoLive 5はCSS2、Web Content Accessibility 1.0、WebObjects 4.5/5.0、Scalable Vector GraphicsなどW3Cの標準に準拠している。またこれらのコードは正しくピュアに記述されるため「360Code」により、ページの作成においてGoLiveと他のHTMLエディタ双方を利用しての作業がよりスムーズに行える。Flash、QuickTimeストリーミング、Real Networks G2もサポートしている。

 AdobeはGoLive 5.0のSDK(Software Development Kit)も提供する予定。

 GoLive 5.0はPhotoshop、Illustrator、LiveMotion、After Effects、Premiereなど他のAdobeのプロフェッショナルWeb・グラフィック製品と堅く結びついており、これらの製品とともに“完全なAdobeWebソリューション”を形成する。これによりWebのプロフェッショナルが、コンセプトから完成まで、魅力あるオンラインエクスペリエンスを作るのに必要なものを全て手に入れることができる。

 さらにAdobeは、GoLive製品へのアドインを提供する。これらはGoLive 5をベースに、コラボレーション、e-ビジネス、サイトマネジメント、コンテンツマネジメント機能を提供する。

 Adobe GoLive 5.0は、アメリカ及びカナダで今年第2四半期に発売される。価格は$299。またAdobe GoLive 5.0、Illustrator 9.0、LiveMotion 1.0、Photoshop 5.5を組み合わせたAdobe Web Collection 2.0は$999でリリースされる。

■ Adobe:Adobe Advances Web Site Design With Adobe GoLive 5.0


@196 updated@215 : MacNN ||  AdobeはInternet Worldにおいて、“業界標準のWeb・プリント用ベクターグラフィック作成ソフトウェア”であるIllustratorの新バージョン「Adobe Illustrator 9」を発表した。

 プレスリリースによれば、Illustrator 9.0はWebグラフィックの作成・最適化のための強力なツールを提供することで、同社の統合されたWeb製品スイートをさらに強化するもの。またこれまでどんなソフトウェアでも作成不可能であったことを可能にする新たな透過機能を搭載している。

 Illustrator 9はインタラクティブなWebサイトを作るための必須のソフトウェアになる。完全に編集可能なアートワークを、おなじみのAdobeツールとインターフェースを使って、ハイクオリティのコンパクトなベクター画像、ラスターまたはアニメーションに簡単に変えることができる。新しく搭載された「Pixel Preview」モードではラスタライズされたベクターグラフィックがブラウザ上でどのように見えるか簡単に確かめることができる。またFlash(.swf)とW3CのSVG(Scalable Vector Graphics)フォーマットをビルトインでサポートしている。またPhotoshop 5.5にあるような「Save for Web」機能も搭載している。

 新しい透過機能は、どのイラストレーション用ソフトウェアよりもパワフルな機能であり、最小限の労力ですばらしいプリント結果を得られることを保証するもの。ユーザは豊富な透過エフェクトを、ラスター画像や活字を含めどんなオブジェクトに対しても適用することができる。

 また含まれているテキストにあわせてサイズが変化するライブオブジェクトや、ドロップシャドウなどのレイヤーエフェクト、半透明処理/レイヤーマスク、グラフィックスタイル、ブレンドなど、生産性を向上させる数々のツールも搭載された。また、他のAdobe製品ともシームレスに統合されている。

 Illustrator 9.0はアメリカとカナダで今年第2四半期に発売される。価格は$339。アップグレードは$149。Photoshop、InDesign、PageMakerおよび「競争製品」の登録ユーザは$249で購入できる。Adobe GoLive 5.0、Illustrator 9.0、LiveMotion 1.0、Photoshop 5.5を組み合わせたAdobe Web Collection 2.0は$999でリリースされる。またIllustratorはAdobe Design、Adobe Dynamic Media、Adobe Publishing Collectionにも含まれている。

■ Adobe:Adobe Illustrator 9.0 Elevates Web Publishing Solution With Revolutionary Graphics Creation Tools For The Web And Print

Updated 21:30 p.m.

@555 : Macworld UK ||  Corelは「CorelDRAW 8 LE」の無償配布期間を5月1日まで延長することを決めた。

 Macworld UKによる。当初配布は3月10日に終了する予定だった。反響が大きかったことが理由で、Corelによれば、ダウンロード及びCD-ROMの注文は50,000を超えたという。

 CorelDRAW 8 LEには、CorelDRAW 8、Corel PHOTO-PAINT 8のLimited Editionが含まれている。印刷機能の一部が使えない、同時に開けるファイルの数、入出力できるフォーマットの数などの制限/違いがあるほかは、ほとんどフル機能版と変わらない内容となっている。

 CorelDRAW 8 LEはCorelからダウンロードできるほか、CD-ROMが$19.95で購入できる。

■ Corel:CorelDRAW 8 LE

Updated 13:50 p.m.

@235 : MacOS Rumors ||  MOSRが信頼すべきApple筋の情報として伝えるところによれば、今月末の開催にむけてApple Eventの準備が始まっているという。詳細は情報筋によって異なるが、iMacのスピードバンプがありそうだという点では共通しているという。

Updated 13:27 p.m.

@225 ||  AppleがDVD Player 2.2をリリースしている。Mac OS 9.0.4 が必要。

■ Download:Apple DVD Player 2.2[北米英語版]
■ Download:Apple DVD Player 2.2[国際英語版]


@174 ||  Appleが、USB Adapter Card Support 1.4.1をリリースしている。

■ Download:USB Adapter Card Support 1.4.1


April 3rd-4th (Monday-Tuesday)

Top News.

@351 ||  Apple Store(Japan)でもApple Cinema Displayの単体販売が始まっている。価格は498,000円。出荷時期は7日となっている。


@747 ||  Appleはヨーロッパ担当副社長に Pascal Cagni が就任したことを発表した。

 CagniはNEC/Packerd Bell EuropeからAppleに入社する。NEC/Packerd Bell Europeでは主にコンシューマ製品担当副社長を務め、コンシューマ市場におけるPackerd Bell Europeのシェアを12パーセントにまで増加させた。

 Cagniは1995年にマーケティング担当副社長としてPackerd Bellに入社。それ以前は Software Publishing Corporation と Compaq Computer で販売、販売マネジメント関連の役職をそれぞれ務めた。彼はパリの Institut dユEtudes Politiques で文学修士号を取得、Institut Superieur des Affaires からは経営学修士号を取得している。

 CagnはAmazon.comに入社するため3月始めにAppleを退社した Diego Piacentin の後任ということになる。

■ Apple:Pascal Cagni Joins Apple as Vice President of Europe

Updated 15:47 p.m.

@307 : New York TimesMacWEEK ||  既に各所で報じられているとおり、Microsoftの反トラスト法裁判は、ワシントン連邦地裁がMicrosoft敗訴の判決を言い渡した(判決文)。

 これに関連してニューヨークタイムズによれば、1日に決裂に終わったMicrosoftと司法省の和解交渉の一方で、Sun MicrosystemsのScott McNealyとAppleのSteve Jobsは政府側がが提案した和解案の内容を知り、それでは不十分で実行が難しいとする不満を政府関係者に表明していたという。

 MacWEEKによるとAppleは今回の判決について「ノーコメント」だという。

 ワシントン連邦地裁のジャクソン判事は判決の中で、「MicrosoftはPCオペレーティングシステムに関する支配を維持するため反競争的な行為をした」「Webブラウザ市場を支配するため、競争相手を故意に抑えた」「技術革新を抑えるための組織的な大規模な運動のひとつとして、Internet ExplorerをWindowsに抱き合わせた」としている。

 Microsoftは控訴する方針だ。

Updated 12:32 p.m.

@180 : MacOS RumorsMacFixIt ||  Mac OS 9.0.4のリリースが遅れている問題について、MOSRとMacFixItはともに、Golden Masterのイーサネットドライバーに問題が発見されたためと伝えている。


@180 : MacOS Rumors ||  確認されたデベロッパーからの一連の報告によれば、Appleはおよそ1週間後にAppleWorksの新しいバージョンを一部のデベロッパーにシードするという。このAppleWorksの新バージョンは4月末または5月始めにリリースされるという。またこれらのレポートによれば、Mac OS 9.1の最初のシードがこの時期に行われるという。

Updated 11:40 a.m.

@750 : AppleInsider ||  AppleInsiderが、2月にリリースされたPowerBook FireWireは本当の「Pismo」ではないと伝えている。

 本来「Pismo」はクラムシェルのきょう体を搭載する予定だった。しかし昨年12月AppleInsiderは、熱の問題により、Appleはクラムシェルのきょう体のPismoをMacworld SFでリリースするという当初の計画を破棄することを余儀なくされたと伝えている。

 そして今日のAppleInsiderの記事によれば、その時このプロジェクト自体が“スクラップ”となり、Pismoのプロモーション用の資料などもみな廃棄されたという。そしてAppleは設計の段階に戻り、Pismoのほとんどの仕様とAirPortを101/Lombardに使われていたきょう体と組み合わせることで一時的な解決策となる「FireWire PowerBook」を作ったという。

 その一方で、Appleは再びオリジナルのPismoのきょう体用デザインの改良を始めたという。プロトタイプの中には、トランスルーセントのホワイトとグラファイトのものもあり、現在のような「木炭色でグラファイトのハイライト」も残っているという。

 サードパーティーの中には、現在のPowerBookを「Pismo」と宣伝しているところもあるが、本当の「Pismo」PowerBookはまだリリースされていないと、業界筋はAppleInsiderに保証したという。

Updated 14:25 p.m.

@260 : MacNN ||  雑誌「Barron's magazine」の月曜日版が報じたところによれば、AppleのiCEO Steve Jobsは、先週始めにアメリカ大統領夫人 Hillary Clinton のニューヨーク州上院選挙のための“高価な”資金集めパーティーを催したという。このパーティーはヒラリー夫人が先週、資金集めのためにカリフォルニア州を訪れた際に開かれた。MacNNが伝えた。

Updated 19:27 p.m.

@480 ||  What's new at Apple

iBookデモ展示販売店リスト(更新)
iMovie対応カメラリスト(更新)


April 2nd (Sunday)

Updated 17:00 p.m.

@343 : Macworld ||  もしあなたがベージュの第一世代PowerMac G3を持っていて、プロセッサのアップグレードを考えているのなら、まず電圧レギュレータをチェックすることから始めよう。

 ほとんどのベージュG3はこの問題に該当しないと思われるが、Royal Technology 製の電圧レギュレータモジュール(VRM; Voltage Regulator Module)を搭載している場合、プロセッサアップグレードを行う前にこの部品を交換する必要がある。Macworldが伝えた。

 Newer Technologiesは、同社のPowerPC G4 ZIFアップグレードカード全てに、この問題を説明したカラーのパンフレットを同梱している。

 VRMは、プロセッサが受け取る電力をコントロールしているが、Royal Technology製のVRMの場合、プロセッサを交換した場合それに正しく適応できないようだという。ほとんどのMacは Raytheon 製のVRMを搭載しており、こちらは問題ない。

 Royal Technology製のVRMを搭載したPower Mac G3について、オリジナルのプロセッサを使い続ける場合は問題はないが、より高速なG3またはG4プロセッサにアップグレードした場合、同社製のVRMはカードに必要以上の電力を供給してしまい、結果カードを使用不可能に損傷してしまうという。

 「Appleはマシンをアップグレード可能にするという考えのもとで製造しているわけではない」とAppleのスポークスウーマン Nathalie Welch は説明している。つまり、この固有の部品はベージュG3の当初の仕様の中で動作するものであり、コンピュータがアップグレードカードで正常に動作することをAppleは保証してはいないということだ。

Updated 14:33 p.m.

@223 ||  エイプリルフールの日、海外のMacサイトから発信された“特ダネ”を紹介しよう。

 まず、一番過激(?)なのは、PowerBook Zone。PowerBookに特化したニュースを伝える同サイトは「The Peanut Butter Zone(ピーナッツバターゾーン)」に早変わり。大きなピーナッツバターの瓶があらわれ、なんとも甘ったるい気分だ(笑)。

 思わず笑ってしまうニュースを提供していたのはMacWEEKのQuickLinks。MacWEEKの親会社Mac Publishing LLC がマクドナルドを買収したと報じている。合併後の社名は「Big Mac Publishing」となり、ファーストフードとメディアという巨大なコングロマリットの誕生である。情報筋によれば、菜食主義者で知られるAppleのiCEO Steve Jobsはこの合併を止めようとしたが、マクドナルドが近く大豆バーガーと豆腐サラダを販売することで妥協したようだ。

 また同じくQuick Linksは、Appleがクローン事業を復活させたと伝えている。早まることなかれ、互換機事業のことではない。この結果、取締役会のメンバーであるSteve Jobsは、Avie Tevanian に代わりソフトウェア開発のトップに、PixarのCEO Steve Jobsは、Jon Rubinstein に代わりハードウェア開発のトップに、そして共同設立者のSteve Jobsは、Fred Anderson に代わってCFO(最高財務責任者)に就任するという。「Appleはコメントできません」と、同社の新しいスポークスマンになったSteve Jobsは述べた。

 “特ダネ”としては定番という感もある買収だが、MacMilitiaは、AppleがMicrosoftに買収されるかもしれないと伝えている。Steve JobsがAppleのCEOを辞任すると発表したのだ。JobsはAppleを“救いようがない”と語った。MacMilitiaは、好調な財政状況や強力な製品ライン、多くのファンを持ってしても、Appleは結局会社として失敗したのだと悲観的にコメントしている。しかし事態は急転、Jobsの発表から15分後、CFOのFred AndersonがAppleの買収を発表。“関心を持っているバイヤーに売却する”としているという。

 対照的に、AppleがMicrosoftを買収すると伝えていたのはMacs Only!。いったいどっちがほんと?2年前にMicrosoftから受けた1億5,000万ドルの資本を有効に投資した結果、Microsoft買収に必要な資金を生み出すことに成功したという。またMacs Only!はMotorolaが4つの500Mhz CPUを結合して作った2GhzのPowerPC G4を発表したとも伝えている。

 一方Mac Observerは、AOLがAppleを買収したと報じている。AOLのねらいは、AppleのiToolsにあるという。Steve Jobsは非常勤の相談役に就任する。AOLのSteve Case CEOによれば、AOLはMac OSや、恐ろしい、高すぎる価格のプラスチック製コンピュータといったAppleの有形資産を全て一掃し、iToolsにフォーカスするという。

 さて、気を取り直して、次。MacInTouchそっくりな「MacInBitch」なるサイトも登場した。ここにはデザイナーである Mean McDeal からのAppleへの苦情が寄せられている。仕事にかかった時間によってクライアントから料金を得ている彼は、なぜAppleが再び33Mhzのマシンを作ってくれないのかと書いている。33Mhzなら30時間かかる仕事が、今は3時間ですんでしまい、空いた時間にする仕事を探さなければならなくなっているという。Appleが優れたマシン・技術を作るたびに彼の生活は苦しくなっているようだ。MacInBitchは、これはAppleがカスタマーの声に耳を傾けていないまたひとつの例にしか過ぎないとコメントしている。

 新製品ニュースでは、MacWeltが、Jobsが17インチモニタを搭載したiMacを発表したと報じている。従来のiMacをそのまま拡大したようなこの「iMac Pro」は、Blueberry一色だがその分供給は安定するかもしれない。128MBのRAMを標準搭載し、グラフィックはATIにかわって3dfxのVoodooを採用した。24GBのHDと、24倍速のDVD-ROMも搭載する。価格は$1,399。Jobsによれば、このマシンは3Dゲームのみならず、Windows 2000の事も考慮されて作られたというが、残念ながらVirtualPCはバンドルされていない。


April 1st (Saturday)

Top News.

@350 ||  アップルはApple Storeにおいて、英語版Mac OS 9とiMac/Power MacG4用のANSI配列のUS版キーボードをセットにした「US Keyboard/OS Kit」を販売している。

 このキットを使用することで、アメリカ合衆国外で購入したMacintosh上で Mac OS (英語版)とU.S.キーボードを利用することができる。このキットには、ANSI(American National Standerds Institute)配列のUSB キーボード、Mac OS 9(英語版)およびセットアップについての書類が含まれている(マウスは含まれていない)。なお、付属のMac OSはそれぞれiMac 、Power Mac G4システムの専用OSとなっているので、使用しているシステムに合わせて選ぶことが必要だ。

■ Apple Store (Japan):US Keyboard/OS Kit

Updated 19:27 p.m.

@470 : MozillaZine ||  次世代ブラウザの開発のため、「Mozilla」のオープンソースでの開発がスタートしたのは、ちょうど2年前の3月31日だった。

 オープンソース化から2年を迎え、MozillaをベースにしたNetscapeのブラウザの最初ベータ版が、来月始めにもリリースされる(ただし、Mozillaのリリースと、Netscapeのリリースはあくまで別のものである)。

 また2周年を記念し、MozillaZineは、この2年間をMozillaのスクリーンショットともに振り返っている。

■ MozillaZine:A Look Back


@465 : MacSites ML ||  Macintoshユーザグループとして活動してきたPOWERBOOK ARMYは、PowerBookユーザのための総合ポータルサイトとなることを目指して、サイトの一部を商用化することを発表した。

 また、同時にPOWERBOOK NEWSは現在 i-Mode POWERBOOK NEWS用に使用している, PowerBookNews.com ドメインを利用し、サービスを開始するとのこと。

 今回のサイト一部商用化で、以下のようなサービスを新たに開始する:

● 有料会員制ページPowerBook Insider開始:「インサイダー情報」を伝える会員限定のページ。「今まで語ることのできなかった様々なニュースを取り上げ、他にはないエキサイティングなページを提供」する。

● オンラインショップPeeBee Storeを設置:PowerBook関連製品の販売を行うとともに、内外のPowerBookフレンドリーなディベロッパと提携してPowerBookユーザのための製品開発を共同で行う。

● 無料メールアカウント@powerbook.orgをプレゼント。

POWERBOOK ARMY

Updated 16:30 p.m.

@326 : Bare Feats ||  BARE FEATSが、Appleのローエンド製品ライン(iMac、iBook)の上位機種と、ハイエンドに位置する製品ライン(Power Mac G4/PowerBook)の下位機種を比較。

 CPU、2Dスクロール、3Dゲーム、ハードドライブのスピードについてベンチマークをとっている。iBook(366Mhz)、iMac DV Special Edition(400Mhz)、PowerBook G3(400Mhz)、Power Mac G4(400Mhz)が対象。

 3DではPower Macが差を付けている。ハードドライブでは13GBのMaxtorドライブを搭載したiMacが他に差を付けた。全体的に見て、iMac、PowerBook、G4にあまり大きな差はないといえそうだ(G4はやはりVelocity Engine対応ソフトがないと・・・)。拡張性などで劣るが、パフォーマンスでみれば、iMac DV Special Edition「ベストバイ」といえると、BARE FEATSはまとめている(iMac DV Special EditionはPower Mac G44 00Mhzより安い)。

■ BARE FEATS:The high side of the low end meets the low end of the high side.


@345 : Mac Observer ||  Mac Observerが、Internet Explorer 5をレビューしている。その中で、Internet Explorer 5とNetscape Communicator 4.7でページの表示速度の比較を行っている。

 それによると、TABLEや画像を多用しているMac Observerのページでは、IE5がNetscapeの2倍の速度を発揮した。一方、テキストが多くページが長い「MySQL Manual」ではNetscapeが大きく差を付けた。大量のテキストを主体に画像が組み合わされている「lovehewitt.com」はNetscapeが、Webで最もシンプルなページのひとつであるYahoo!ではIE5がそれぞれ勝利した。またJavaScriptが多用されている「Scott's Web」はNetscapeの方が高速だった。

 これらからMac Observerは、TABLEや画像を多用した複雑なページの扱いにはIE5のTasmanレンダリングエンジンが優れ、テキストのレンダリングではNetscape Communicatorの方が高速と結論づけている。

■ Mac Observer:Internet Explorer 5 New Features Roars Past Netscape Communicator (With Benchmarks)

Updated 13:52 p.m.

@245 : The Powerbook Zone ||  Bloombargは、“給料が安い”CEOのリストを掲載している。その第1位はもちろん、AppleのSteve Jobsである(年間1ドル)。ただし、このリスト作成にあたって一時的なボーナスは考えられていないようだ。

■ Bloombarg:CEOs With Extremely Low Pay: Bloomberg Pay Survey

Updated 13:52 p.m.

@245 : The Powerbook Zone ||  Bloombargは、“給料が安い”CEOのリストを掲載している。その第1位はもちろん、AppleのSteve Jobsである(年間1ドル)。ただし、このリスト作成にあたって一時的なボーナスは考えられていないようだ。

■ Bloombarg:CEOs With Extremely Low Pay: Bloomberg Pay Survey


@230 : MacOS Rumors ||  噂されながら、なかなか登場しないAppleのPDA・・・

 MOSRは、AppleブランドのPDAについて、最近のレポートによればこのマシンはフル機能のMac OS X コンピュータで、簡略化されたUMA-2チップセットとPowerPCプロセッサを搭載し、価格は$599になると伝えている。

 MOSRは、PDAの新規購入者にとってG3プロセッサの低い温度の低消費電力は、Windowsベースのハンドヘルドに比べてパフォーマンスで大きなアドバンテージとなり、Mac OS X のAquaインターフェースはメニューを使う必要が大きく減るためトランクパッド/スタイラスの組み合わせをより実用的・能率的に使うことができるとしている。またAppleのサムソンとの提携及び最近のRaycerの買収により、ハイクオリティのTFTディスプレイと現行のWindowsベースのコンパクトなマシンより4から5倍高速なグラフィックアクセラレーションが実現できるという。


@240 : MacNN ||  Appleが、Carbon SDK 1.1d7を配布している。

■ Apple:Carbon SDK 1.1d7

Updated 12:25 p.m.

@175 : MacOS Rumors ||  一時入手可能になっていたMac OS 9.0.4だが、正式なリリースはまだである。

 リリースが遅れている理由についてMOSRは、クパティーノからのレポートは腹立たしいほどにあいまいだいうが、Minuetプロジェクトに詳しい信頼できるデベロッパによれば、CDバージョンのアップデータに関する問題のせいだという。

 しかしApple筋はこの問題を確認することができたが、これを一番の理由だとすることはできなかったという。MOSRによると、このCDの問題だけならば、リリースの延期はもう2、3日間の遅れにとどまるだろうという。これは、来週半ばというもっとも広く噂されているスケジュールに見合うことになる。



Macintosh is the registerd trademarks of Apple Computer,Inc. / Other product and company names mentioned herein may be trademarks of their respective companies. / Any direct or indirect damage or problem caused by this web page is not a responsibility of me. / This web page includes unconfirm information. / This web page requires CSS compliant web browser and is best viewed with Internet Explorer 4.5 or later. If you are using Internet Explorer 5.0 or later, set the default resolution to 72 dpi and default font-size 12pt.
ringoalley@mac.com

Special Thanks to SAMさん、Torioさん、TANICOさん、Shinodaさん、その他たくさんの方々....
このサイトを訪れてくれたすべての人に感謝を込めて
MacとAppleと世界の発展と平和を祈って