Make your own free website on Tripod.com

  最新の記事もう少し古い記事 |この記事は、 2000 年 4 月の記事です
April #6

April 29th (Saturday)

Top News.

@690 ||  AppleはPowerBook(FireWire)およびPower Mac G4ユーザを対象に、iMovieを無償で提供することを発表した。

 「7ヶ月で、iMovieは世界で最もポピュラーなビデオ編集ソフトウェアになった」とiCEO Steve Jobsは語っている。「人気が高いため、Appleはこの驚くべきソフトをより幅広くMacユーザに提供することにした、しかも無料で」

 PowerBook、Power Mac G4ユーザはiMovieを www.apple.com/imovie から無償でダウンロードできるほか、CD版は$19.99。対象機種はFireWire内蔵のPower Mac G4またはPowerBook、Mac OS 9.0.4、QuickTime 4.1、64MBのRAM、デジタルカムコーダー接続用のFireWireケーブルが必要。

■ Apple:Apple Offers iMovie as Free Download for PowerBook and Power Mac G4 Users

Updated 17:20 p.m..

@375 : MacUser UK ||  FISH PCはiMacのまねじゃない。

 オーストラリアのiMacライクなパソコン、FISH PCは、5色のバリエーションがあり、トランスルーセントになっている。FISH PCの親会社である TDS のゼネラルマネージャ Timothy Sabre によれば、これは商標侵害ではないという。「我々はPCユーザに、ベージュから逃れる選択肢を提供しようとしている。ベージュという色に対して誰も独占権を持っていないのだから、どうして他の色について独占権が認められるのだろう?」

 Appleのスポークスマン Alec Rosen は以前c|netに対し、FISH PCを注視し特許や商標の侵害がないか細かく調べることになるだろうと述べているが、MacUserはRosenからそれ以上のコメントを得られず、Rosenの発言は、Appleから正式に認められたものではなかったと考えられるという。Appleに近い情報筋はMacUserに対し、Appleは市場の全ての製品について特許や商標侵害がないかみており、FISH PCのみを特別に注視しているわけではないと説明している。

Updated 16:33 p.m..

@345 : Macwelt ||  Macweltが、Alexander Clauss とともにiCabの開発プロジェクトの責任者である Oliver Joppich にインタビューしている。

 iCabは現在Preview 2.0がリリースされており、正式版はまだである。正式版はいつになるのかという質問に対しJoppichは「満足できるバージョンができ次第、正式版になる」と答えた。iCabは現在スタイルシートに非対応であるほか、InScript(JavaScript)も一部を実装するにとどまっている。またXMLをサポートするかという問いには「そう考えられる」と答えている。

 iCabの開発の中でこれまで最も難しかったことは「あまり多くはないが、最も大変だったのは、NetscapeのW3C標準に完全には従っていない動作をシミュレーションすることだ。NetscapeやInternet Explorerできれいに見えるようになっているページがあるため、我々もこれらの“間違った”動作を真似しなければならなくなっている」

 iCab 1.9および1.9aは150,000のダウンロードがあり、重複部分を除けば、iCabのユーザ数はおよそ100,000人になるだろうという。

■ Macwelt:Interview with iCab developer Oliver Joppich

Updated 14:33 p.m.

@253 ||  Macintosh版Operaの開発状況が更新されている。

 それによると、現在の開発状況は「20分の17」だという。またMacintosh版Operaには「Mac OS 8.1以降とPowerPCに対応するバージョン」「7.5から7.6と68Kプロセッサに対応するバージョン」「Mac OS X バージョン」の3つがあり、前者二つは現在テスト段階、最後のMac OS X 版は移植作業が始まったところだという。

 Macintosh版OperaはMacライクなルック&フィールで、メモリ消費が少なく、高速で、セキュア(128ビット)だという。またダウンロードサイズは1.5MB、解凍してもサイズは2.5MBだという。

 Operaは有償のWebブラウザ。


@260 : MacNNMacCentral ||  アメリカ司法省及び17の州政府は、Microsoftの分割案を連邦地裁に提出した。

 分割案では、MicrosoftをWindowsの会社とその他の製品を扱う会社に分割し、10年間は再統合を認めないというもの。また過去Microsoftが行ってきた、市場を独占するためとされる行為(他社の製品を排除しようとすることや、WindowsとInternet Explorerなど他の製品を統合することなど)が新会社によって行われることがないよう規制されている。

 これに対し、Bill Gates会長らMicrosoft側は強く反発している。Gatesは「(この分割案は)ソフトウェアビジネスをなにも知らない人間によって書かれたものだ」とし、またCEO兼社長のSteve Ballmerは「こうした提案は、Microsoftによる技術革新を損ねるものだ」と述べた。Ballmerは、インターネットの力を家庭やビジネスユーザに与えるよう開発された新しいソフトウェアは政府の分割案によって脅かされるだろうとした。

Updated 13:56 p.m.

@210 : MacCentralMacFixIt ||  Appleが無償提供を開始したiMovieについて、AppleはFireWire搭載のPower Mac G4とPowerBook、Mac OS 9.0.4が必要としているが、Appleはインストーラにマシンのチェック機能を持たせていないようで、実際にはPower Mac G3やWallstreet PowerBook G3、Mac OS 8.6などより幅広いマシンで利用できるようだ(カムコーダーからビデオを取り込むにはFireWireが必要だ)。AppleはiMovieの単体販売を開始するとの噂もあったが、事実上iMovieは無料化されたと考えられる。


@213 : MacFixIt ||  TIL#25140によると、iMovieの起動時に「『SoundLib--SoundConveterSetInfo』が見つからないのでiMovieを開けません」というメッセージが出ることがあるという。これはSound Managerがないことによって起こる問題。

■ TIL:#25140 iMovie: Cannot Open; "SoundLib--SoundConveterSetInfo" Not Found


@237 : MacNN ||  AdobeはPostScriptプリンタドライバの最新版「AdobePS 8.7」をリリースしている。USBをサポートするほか、ATM 4.6(未リリース)を使ったOpenTypeフォントに対応。

■ Download:AdobePS 8.7日本語版はこちら


April 28th (Friday)

Top News.

@665 : MacCentralMacNN ||  Macintosh版Microsoft Officeの新バージョン「Microsoft Office 2001」に搭載される電子メール、PIM機能の詳細が発表された。

 Office 2001は今年後半にリリースされ、電子メールとPIM(Personal Information Manager)機能が統合される。

 電子メール機能には、Wordライクな編集ツールが搭載され、Wordと同じキーボードショートカットが採用されており、オートコレクト機能もある。また、Encarta英語辞書とも統合され、コンテクストメニューから言葉の検索や意味が調べられる。Encartaとの統合はMac版独自の機能だという。また、過去に返信した150のアドレスを記憶するようになっている。

 メールには「フラッグ」を付けることができ、このフラッグとリマインダーとを組みあわせることができる(これもMac版独自の機能だという)。

 また、電子メールモジュールの情報をMacintosh上の他のエレメントとリンクすることができるという。メールやイベント、タスク、ノート、コンタクトをお互いにあるいはMac上の他のファイルとリンクさせることができる。

 アドレス帳機能はコンタクトをカテゴリーで管理することができる。アドレス帳はOfficeのどんなアプリケーションからでも利用できる。また「アクション」ボタンを使うことで、地図上で住所を表示する、電子メールの作成、Wordでの手紙の作成といったタスクを自動化できる。Expedia.com を利用することで、住所からワンクリックで運転経路を示すこともできるという。

   PIM機能には、リマインダー付きのカレンダーがある。3画面構成で、「今日の予定」「タスク」などが表示できる。カレンダーは、1ヶ月、1週間、1日と表示を切り替えられる。カレンダー、タスクリストともに色を付けて管理できる。カレンダーをWebページとして保存することも可能。

 「フラッグ」や「タスク」「カレンダー」はOfficeスイート全体で利用できる。そしてこのPIM機能はPalm OSとシンクロさせることもできるという。

 今回Officeに電子メールモジュールが組み込まれたことで、MicrosoftはMacintosh用に3つの電子メールクライアントを提供することになる(Officeにビルトインのもの、スタンドアロンのOutlook Express、そしてもう一つはOutlook 8.2.1 for the Mac Exchange Server 5.5)。

 またMicrosoft Macintosh Business Unitは、Internet ExplorerとOutlook ExpressのMac OS X 対応版をMac OS X のリリースにあわせて今夏リリースする。なお今回発表されたOffice 2001は“クラシック”用で、Carbon版ではない。MacBUのプロダクトマネージャ Irving Kwong はMac OS X 対応版をできるだけ早く完成させるとしている。MacNNによると、MicrosoftはMac OS X 版OfficeをCarbonではなくCocoaで開発するという。

 Microsoft Office 2001に関するより詳しい情報はMicrosoft MacTopiaで。

■ Microsoft:Microsoft Office 2001
■ Microsoft:Microsoft Unveils New E-Mail and Personal Information Manager For Office 2001 Macintosh Edition


@558 : MacWIRE ||  アップルは、全国の販売店においてApple Cinema Displayの単体販売を5月12日から行うと発表した。

Updated 20:15 p.m .

@507 : MacCentral ||  Amazon.comは、Macintoshソフトウェア、周辺機器、本を販売するオンラインストアをオープンさせた(Appleの前ヨーロッパ担当副社長であった Diego Piacentini は、現在Amazon.comの上級副社長である)。

■ Amazon.com:Macintosh Store

Updated 19:35 p.m .

@475 : MacNN ||  Connectixは、Virtual Game Stationをアップデートしている。

 バージョン1.4ではDVDのルックアップの問題が解消されたほか、NTSCとPALフォーマットのタイトルのサポートなどが行われている。

 またVirtual PCに関し、Connectixによると先にリリースされた3.0.3のアップデータでは“システムに古いバージョンのVirtual PCが駐在していることによる問題”が起きることがあるという。このためConnectixは3.03Aをリリースしている。

■ Download:Virtual Game Station 1.4
■ Download:Virtual PC 3.03A


@480 : MacInTouch ||  MacInTouchに寄せられた情報によれば、Appleの21インチStudio Displayは現在品薄だという。

Updated 19:25 p.m .

@465 ||  What's new at Apple

Apple Cinema Displayのご購入がより便利に
「iWeek 2000 〜Mac Days in GW〜」開催のお知らせ
「iMovie in Golden Week」開催のお知らせ

■ 「Final Cut Pro体験コース」の4月のコーススケジュールを追加
iMacデモ展示販売店リスト(更新)
iBookデモ展示販売店リスト(更新)

QuickTime 4.1.2新しくなった点
iMovie Update 1.0.2[国際英語版]


April 27th (Thursday)

FireWire News.

@435 : Macworld UKMacCentral ||  SCSI、シリアルに変わる“モダン”インターフェースとして定着したUSBとFireWire(IEEE1394)。その将来は?

 USB(Universal Serial Bus)はIntelが開発した規格で、IntelやCompaq、Hewlett Packerd、Lucent Technologies、Microsoft、NECらがUSBコンソーシアムを作っている。現在のUSBは「USB 1.1」であるが、この後継にあたる「USB 2.0」が WinHEC(Windows Hardware Engineering Conference)で発表された。

 USB 2.0は転送速度が従来の12Mbpsから480Mbpsと大きく向上した。USB 2.0を採用した周辺機器は今年中にも登場する予定。

 転送速度が大幅に向上したことで、USBはデジタルビデオカメラや記憶装置など当初考えられていなかった用途にも使用できるようになり、現行のFireWireの転送速度(400Mbps)を超えることになる。

 ではUSBとFireWireは競合するようになるのだろうか?この疑問に対しIntelの幹部は、USBとFireWireは競合しあうものというより、互いに補完しあうものだと考えていると述べているという(Macworld UK)。またMacCentralのDennis Sellersも“FireWireがゆっくりだが確実に獲得してきたデジタルビデオ・オーディオの領域を、USBが大きく浸食することは考えにくい”と書いている。

 この根拠のひとつには、USBとFireWireのデータ転送方式の違いがあるようだ。デバイス間でデータをやりとりする場合、USBはコンピュータを通して行う必要があるが、FireWireはデバイス間で直接データをやりとりできる。

 またFireWire(IEEE1394)にも高速化の計画がある。FireWireは今年中または来年始めには転送速度が800Mbpsになり、さらに将来1.6Gbps(1,600Mbps)にする計画もある。


@523 : MacOS Rumors ||  Appleはサードパーティーデベロッパやユーザに対し、FireWire Storage Area Networks(FireWire SAN)の検討を始めるよう促し始めるかもしれないという。

 主要FireWireストレージ会社筋の情報としてMOSRが伝えたもの。FireWire SANは、FireWireで接続したコンピュータ間で、各機器に接続されているFireWireデバイス(ドライブ、ビデオ機器、カムコーダーなど)をネットワーク上のどのマシンからもアクセスできるようにするもの。

Updated 17:45 p.m.

@395 : MacOS Rumors ||  MOSRが伝えるところによれば、IBMが十分な量の高速版G3プロセッサを必要な価格帯で供給できるようになるのは5月になるため、iMacのスピードバンプはMacworld New Yorkに持ち越しになる可能性が高いという。


@398 : Accelerate Your Mac! ||  Accelerate Your Macによると、先にリリースされたConnectixのVirtual PC 3.0.3では、バグフィックスとともにAltiVec(Velocity Engine)へのサポートが一部加えられているという。

■ Download:VirtualPC 3.0.3


@399 : Accelerate Your Mac! ||  Appleは国際英語版のiMovie 1.0.2と、CarbonSDKのバージョン1.1d8をリリースしている。

■ Download:iMovie Update 1.0.2 [International English]
■ Developer:CarbonSDK 1.1d8

Updated 17:00 p.m.

@368 : MacCentralMacNN ||  Appleは、QuickTime 4.1.2をリリースしている。

 QuickTime Updaterから入手できる。

 TILによると、QuickTime 4.1.2の新機能として以下がリストされている:

* ファイアウォール、プロキシを通したストリーミングの向上
* QuickTimeプラグインのMP3機能を改良
* Windows 2000に対応
* QDesignコーデックを使ったストリーミングの伝送の改良
* Kodak Picture CDの画像ファイルをQuickTimeプラグインで開ける
* SMILをサポートして、「.smi」の拡張子が「.sml」に
* @Home など、ブロードバンドネットワークのサポートを改良

■ TIL:#60721 QuickTime 4.1.2: What's new
■ Download:QuickTime 4.1.2

Updated 0:00 a.m.

@656 ||  What's new at Apple

■ ホットニュース、Macintosh Galleryを更新
Mac OS X Server 1.2 アップグレードキットのご案内


April 26th (Wednesday)

Updated 21:27 p.m.

@55 : Apple eNews Japan ||  アップルは4月27日からMac OS X Server 1.2のアップグレードキットを販売する。

 Mac OS X Server 1.0(アカデミック版を含む)のユーザが対象で、価格は2,500円。提供期間は4月27日から6月30日までとなっている。Mac OS X Serverの販売代理店(NTTアドバンステクノロジ、大塚商会、サイバーラボ、ステラクラフト、Too)が扱う。なお、Mac OS X Server 1.2のパッケージ版は既に販売が行われている。

■ アップル:Mac OS X Server 1.2 アップグレードキットについて

Updated 19:23 p.m.

@465 ||  最初のMacintoshの開発に加わり、QuickDrawやMacPaintなどを生み出した Bill Atkinson へのインタビューがAppleのクリエイティブサイトに掲載されている。

 “Bill AtkinsonがオリジナルのMacintoshの鋳型に自分の名前を刻んだのは、自分の作品にサインするアーティストのような精神だった。現在AtkinsonはMacを使って、長年の夢であった完璧で啓蒙的な自然写真を制作している”

■ Apple:Artist Bill Atkinson


@459 : MacCentral ||  Bill GatesがMacを皮肉る。

 MicrosoftのChief Software Architect兼会長のBill Gatesは Windows Hardware Engineering Conference の基調講演で、現在PCが直面している問題としてマシンの複雑さと起動に時間がかかることの二つを上げた。

 Microsoftのコンシューマ用時期OS、Windows 98 Millennium Edition(Windows Me)では起動時間を25秒にまで短縮することに成功したという。これに対する比較として、GatesはSonyのPlayStationの起動時間が33秒、iMacの平均起動時間が1分10秒であることをあげた。

 Gatesによれば基調講演の中でiMacの起動を実演することも考えたという。MacCentralによると、Gatesは「デモンストレーションをしても良かったのだが、(iMacの起動が遅いので)それをするだけの時間がないんだ」と語って聴衆の笑いを誘っていたという。

Updated 18:25 p.m.

@430 : MacOS Rumors ||  MOSRによると、MicrosoftはOutlook 9.0のMacintosh版を開発しているという。

 それによると、このMac版Outlook 9のコードネームは「Watson」で、現在開発の初期段階にあるという。Outlook 9の新機能には以下のようなものがあるという:

* Finderライクなメールビューワーを含む、Macらしいルック&フィール
* ネイティブのOutlookカレンダー、タスク、リマインダーをサポート
* すべてのOutlookデータについてオフラインをサポート
* 全てのモジュールを、シングルウィンドウで操作できる(画面にウィンドウが産卵することがない)。従来のマルチウィンドウでの作業も可能
* 現在対応していない、あるいは対応が貧弱な、Outlook ServerやExchange Serverの機能の多くに対応


April 24-25th (Monday-Tuesday)

ATI unveals RADEON 256

@380 updated@450 ||  ATI Technologiesは、ニューオーリンズで開かれている Windows Hardware Engineering Conference で、「RAGE 6」のコードネームをもつ同社のデスクトップPC用グラフィックチップの新バージョン「RADEON 256」を発表した。

 RADEON 256は、0.18ミクロンの技術で3千万個のトランジスタが搭載されている、“過去最強の”グラフィックチップである。トランジスタの数はPentiumやAthlonといったCPUよりも多いという。また200Mhzで動作するDDRメモリを最高128MBまでサポートする初めてのチップであるという。

 また、3千万個の三角形/秒の処理能力があり、完全な変形、切り落とし、照明(T&L)をサポートするジオメトリーエンジンと、ゲームなどの3Dキャラクターのリアルさを増す3Dアニメーション技術を統合した「Charisma Engine」を搭載。また「Pixel Tapestry Architecture」は、1.5 Gigatexel/秒の処理速度を誇る高速レンダリングエンジンで、3Dへのテクスチャ適用など3Dに関する特殊効果もサポートしている。

 またRADEON 256はHDTVデコーダをオンチップで搭載した初めてのPCグラフィックチップであるという。HDTVをフル解像度で扱えるハイクオリティのビデオフィルタを搭載するほか、追加のハードウェアなしでアナログ/DVI双方のHDTVディスプレイに対応する。またMPEGアクセラレーションも搭載されている。

 RADEON 256はDirectX 7やOpenGL 1.2をサポートするほか、OSもWindows、Linux、Macに対応している。

■ ATI Technologies:ATI Launches RADEON 256: the World's Most Powerful and Feature-Packed Graphics Processor


@425 : MacCentralMacNN ||  ATIの発表したRADEON 256は、AGPポート用に設計されているという。またこの新しいチップを使ったグラフィックカードはまだ発表されていないが、MacNNによると、Windows PC用の製品が今夏の終わり頃にリリースされるという。またMacNNが情報筋の話として伝えるところによれば、ATIはAppleとも緊密に作業を行っているという。RADEON 256はMacintoshもサポートしている。

Updated 21:17 p.m.

@537 : MacCentralMacNN ||  週末、Corelが財政的な困難にあるとお伝えしたが、Corel自身は楽観的な見通しを持っているようだ。

 MacNNに対し彼女は「発行された事実は間違っていないが、これらの事実はすでに知られているもので、3月にCorelの第1四半期業績報告(SEC 10-Q Report)の一部として公開されている」と述べた。またMacCentralに対して「義務として、CorelはSEC 10-Q Reportを提出した −あの、本質上きわめて保守的で警告的な報告書のことだ」と説明している。

 Ottawa Citizenなどは、現在計画されている Inprise/Borland との合併がうまくいかなかった場合、Corelは3ヶ月でキャッシュを失うと報じている。GauthierはMacCentralに「計画中の合併がうまくいくと確信している」と語っている。

 またGauthierはMacNNに対し、合併が完了するまで資金を節約するため「倹約」を行うことになると明らかにした。しかしこれは広告や業界ショーなどが対象になり、ソフトエア開発には影響はないという。またCorelは開発者や社員のレイオフをする予定はないという。

 GauthierはMacNNに対し、Corelは先にMetaCreationsから買収した製品を含めてMac版製品の開発やアップグレードを続けていくと述べている。CorelがMetaCreations社製品の買収を行った時点で、すでにこの財政問題に気づいていたという。

Updated 19:15 p.m.

@455 : MacNN ||  Graphic Converter 3.8.1 がリリースされている。Mac OS 9とAppleScriptのサポートを改良したほか、Electric Image のエキスポート、NAA/IPTC のインポート、TWAIN 1.7のサポートが追加された。

■ Download:Graphic Converter 3.8.1


@456 : MacNN ||  FileMakerは、FileMaker 5のデベロッパー版の出荷を開始したことを発表した。FileMaker Developer 5は、FileMaker Developer ToolやXMLのサポート、FileMaker ODBCやJDBCドライバのサポートなどを提供する。価格は$499。

Updated 0:00 a.m.

@660 ||  ATI TechnologiesのWebサイトをみると、東部標準時間24日午後10時半(日本時間25日午後0時半)に何らかの発表が行われるようだ。噂される「ATI RAGE 6」が発表されるものとみられる。

Updated 20:55 p.m.

@480 : Apple eNews Japan ||  アップルのプロフェッショナルユーザ向け年間契約制有償サポートプログラムである、AppleCare Professional MultimediaプログラムAppleCare Professional Mac OS X Serverプログラムでは、インシデント(個別)サポートを24日開始した。

 インシデントサポートとは、質問一件ごとにサポート料を支払うもの。“年間を通して継続したサポートを必要としないユーザの方に最適なテクニカルサポートプログラム”だという。

 サポート料金は「Multimediaプログラム」が一件24,000円、「Mac OS X Serverプログラム」の方が一件30,000円(ともに税別)。支払方法はクレジットカードまたは銀行振り込み。申込み先はAppleCare Professionalプログラム事務局インシデントサポート(TEL.03-5350-7075)。


@532 ||  Apple eNews(米国発行の英語版)は4月20日号からHTML形式になった。Apple eNewsのWebサイトでプレーンテキスト版への変更も可能である。

Updated 23:45 p.m.

@645 : c|net ||  オーストラリアの新たなるiMacライクパソコン「FISH PC」(21日付記事参照)について、Appleはやはりいい顔はしていないようだ。

 c|netによれば、AppleはこのFISH PCをどう扱うか議論を行っているという。Appleのスポークスパーソン Alec Rosen は「私は法律の専門家でないので、著作権や商標の問題が関わっているのか私にははっきりしない」と述べている。「でも、FISH PCはすごくiMacに似ている」

 AppleはFISH PC社とその製品について21日の午後に知ったばかりだというが、Rosenによれば、AppleはFISH PC社や、そのパソコンがAppleの特許や商標を侵害しているかどうかについて調べるという。

Updated 0:00 a.m.

@663 ||  What's new at Apple

iMacデモ展示販売店リスト(更新)
iBookデモ展示販売店リスト(更新)


April 23rd (Sunday)

Updated 13:33 p.m.

@185 : MacCentralOttawa Citizen ||  Ottawa Citizenの報道によれば、Corelは現在財政危機にあるという。

 Corelは現在 Inprise/Borland Corp. との合併を進めているが、この契約がうまく行かなかった場合やそのたの解決策が見つからなければ、今後3ヶ月で現金が底をつく可能性があると、出資者に警告しているという。

 CorelのCTO(最高技術責任者)である Derek Burney はOttawa Citizenに対し、この警告はアメリカの規制法で必要とされている、最悪のシナリオを描いたもので、起こり得ないものだと述べている。「間違いなく成立すると我々が考えているこの合併により、このような心配事は全て消えてしまうだろう」

 Corelは2月末の時点で、キャッシュで2,900万ドルしか保有しておらず、四半期の業務損失は1,900万ドルに達している。この合併がうまく行けば、Corelはキャッシュで1億9,800万ドルを調達できる。

 しかしInpriseとの契約は多くの株主からの抵抗にあっており、訴訟にも発展しているという。Corelは当初6月に予定されていたInpriseへの吸収合併に関する株主投票は、今夏に行われる見通しになったと20日明らかにしている。

 またCorelとInpriseの契約額も、Corel株の急落による当初の11億ドルから40パーセントも低くなっている。Inpriseの株式も劇的に値下がりしている。

 Corelは、財政危機を乗り越えるための他の解決策も検討しているというが、“(これらの代替案が)実行可能か、あるいは現金不足を避けるのに有効かどうかわからない”という。

 Corelは、Windows向けのCorelDRAWやWordPerfectなどの売り上げが大きく落ち込んでおり、最近力を入れ始めているLinux用ソフト群もそれをカバーするにはまだ至っていない。

 Corelは先にPainterやKai's Power Tools、BryceなどのMetaCreations製品を買収することを発表している。


April 22rd (Saturday)

Updated 15:45 p.m.

@320 ||  Automatic Update Sofware 1.1.3 がリリースされている。北米英語版。

■ Download:Automatic Update Software 1.1.3


@321 : MacCentral ||  AOL Instant Messanger 4.0 の正式版がリリースされている。

■ Download:AOL Instant Messanger 4.0

Updated 12:25 p.m.

@178 : MacCentral ||  MacCentralによると、ケンタッキー州のAppleユーザーグループ、Art Software Group が行う4月29日のイベントで、Adobeのビジネスプロダクトマネージャ Rick Borstein がAdobe Photoshop 6.0とAdobe GoLive 5.0のプレビューを行うという。他にElectric Imageの紹介なども行われる。イベントの詳細はMacCentralの記事で。

Updated 12:00 p.m.

@163 ||  先のNABコンファレンスにおいて、Appleが ASTARTE 社のDVD製品部門を買収したことに関して、ASTARTEの国内総販売代理店あるソフトウェア・トゥーは、同社が引き続きASTARTE製品の取り扱い・サポートを継続していくことを発表している。

Updated 11:55 a.m.

@153 : MacCentralMacNN ||  今MicrosoftのMacTopia Webサイトに行くと「Your life will never be the same.」のメッセージで迎えられ、Macintosh版Officeの新バージョンの内容が近く明らかにされることを示唆している。

 MacCentralによると、このMacintosh版Officeの新バージョンの機能がMacTopiaに一時掲載されていたようだ。

 それによると、新バージョンのOfficeにはアドレスブックやカレンダー、タスクリストなどの PIM(Personal Information Manager)が統合される。E-mailもOfficeの一部になるようで、Wordライクな編集機能と「World Encarta」英語辞書がビルトインで搭載される。

 この新バージョンは今年後半にリリースされるという。

 なお、この新機能の紹介は現在は掲載されていなく、かわりに後日情報を受け取れるメールサービスの登録になっている。MacNNやMacCentralによれば、Microsoftは“早まった”ことを認めており、これらの情報は今日明らかにされる予定のものではなく“ミス”で掲載されてしまったものだという。

Updated 14:00 p.m.

@246 ||  What's new at Apple

AppleWorks サポート
iMacデモ展示販売店リスト(更新)
iBookデモ展示販売店リスト(更新)
新卒者採用のご案内(更新)
経験者採用のご案内(更新)



Macintosh is the registerd trademarks of Apple Computer,Inc. / Other product and company names mentioned herein may be trademarks of their respective companies. / Any direct or indirect damage or problem caused by this web page is not a responsibility of me. / This web page includes unconfirm information. / This web page requires CSS compliant web browser and is best viewed with Internet Explorer 4.5 or later. If you are using Internet Explorer 5.0 or later, set the default resolution to 72 dpi and default font-size 12pt.
ringoalley@mac.com

Special Thanks to SAMさん、Torioさん、TANICOさん、Shinodaさん、その他たくさんの方々....
このサイトを訪れてくれたすべての人に感謝を込めて
MacとAppleと世界の発展と平和を祈って