Make your own free website on Tripod.com

  最新の記事もう少し古い記事 |この記事は、 2000 年 8 月の記事です
August #2

August 17th (Thursday)

Updated 19:05 p.m.

@420 : MacNN ||  MacNNによれば、Stairways SoftwareのFTPクライアントソフト「Anarchie」の新バージョンが今週末にもリリースされる。バージョン3.8からは、より高機能なマルチ・インターネットツールに変身する。

 Anarchie 3.8は、Stairwaysの他のソフトウェア群(MacTCPWatcher、OTSessionWatcher、Fingerなど)と統合され、名称も「Interarchy」になる。これにともない、Stairways Softwareも社名を「The Interarchy」とし、この看板ソフト一本にフォーカスしていく。

 コネクション・アナリシスやサイトマネジメント機能の強化に加え、Interarchy 3.8には新しく、再編成された診断機能、再編されたメニュー構造、そして機能を追加したりアプリケーションの外観を自由に変更できる「Wands」というカスタマイズシステムが実装される。

 The Interarchyの Andrew Tomazos によれば、Wandsはハイパーリンクがついたウィンドウだという。ウィンドウの一種であるが、形は四角形である必要はなく、円形などどんな形にもカスタマイズできるという。またタイトルバート行ったものをなくすことも可能だという。

 Tomazos は、Wandsはユーザインタフェースの極めつけだと語る。ユーザがすべてのピクセルを管理でき、サイズも確立されているMacの慣習にそろえることもできるし、そうでなくすることもできる。Wandsはあらゆるものを開いたりリンクしたりするポータルの役目をするといい、現在のAnarchieに搭載されているCommanderを大きく超えるだけでなく、「スキン」の慣習的な意味をも超えるという。

 ユーザはPhotoshopなどのプログラムを使って自分専用のWandsを作ることができる。そしてHTMLのクライアントサイド・イメージマップを作成するように、機能を割り当てることができるという。「Wandsの実際の要素は、Webページのボタンやハイパーリンクに似ている」とTomazosは説明している。「エレメントはWebページのようなURLと、『クリックした後Wandsを閉じてURLをブラウザやInternet ConfigあるいはInterarchyで開く』と行ったような動作を実行するためのフラッグを持っている」

 Interarchyの備えている30ほどの機能すべては、「interarchy::」URLを使ってアクセスすることができる。Webブラウザに「interarchy::status」と打てば、ネットの状況表示ウィンドウが開くといった具合だ。また「file:」URLを使ってボタンをドキュメントにリンクさせることもできる。AppleScriptにリンクすることも可能だという。

 「ベーシックなユーザのためのもっともシンプルなWandsには、4つのボタンしかないだろう。ひとつはWebページをアップロードするためにInterarchyでFTPにアクセスする。ふたつ目はブラウザでお気に入りの検索エンジンにアクセスする。三つ目はメーラを開いて新規メッセージを作成する。そして四つ目はメーラでメールをチェックするというものだ」とTomazosは語っている。

 Interarchy 3.8ではこのほか、インターネットデータのキャプチャ(TCP & UDP)、AppleScriptコマンドのリモート実行を可能にするテレネットサーバ、完全なfinger、whois、ident、daytime、time、ntp デーモンも備えている。もちろん、FTPや検索、リモートマネジメントツールも健在だ。

 Tomazosによれば、Interarchyの将来のバージョンでは、セキュリティが強化されていくという。2001年末にリリースされるバージョン5.0では、SSH、scp、SSLがサポートされるという。

 Interarchyには多くの新機能が追加されるが、今後も$35のシェアウェアのままだ。

Updated 14:30 p.m.

@260 : MacNN ||  CorelはMacNNに対し、同社は現在Mac版WordPerfectを復活させる計画はないと明らかにした。

 「今年始め、Corelは(WordPerfect)2001がリリースされるふたつのプラットフォームはWindowsとLinuxだと基本的に解釈される通知をプレスに出している」とCorelのWordPerfectブランドマネージャ Sean Henderson がMacNNに述べている。この方針は「全く変わっていない」という。

 月曜日にLinuxニュースのサイト「Penguinista」は独占レポートとして、CorelがWordPerfectのMac互換の次期バージョンを計画していると、伝えていた。Corelは今年始めに、Mac版WordPerfectの開発中止を発表しているが、Penguinista はそれについて、中止されたのはWordPerfectそのものでなく、最終バージョンである3.5のことだと説明していた。

Updated 13:30 p.m.

@189 : MacCentral ||  MacromediaとMac OS X について、MacCentralがMacromediaのマーケティング・事業開発担当上級副社長、David Mendels にインタビューしている。

 このなかで Mendels は「MacromediaはMac OS X にコミットしている。これについては疑問の余地はない」と断言した。彼によれば、Macromediaの全ての製品についてMac OS X バージョンをリリースするという。

 Macromedia製品のカーボナイズ版のリリース時期はまだ決まっていないという。しかしそれぞれの製品について、Appleと協力してMac OS X バージョンの開発にあたっているチームがあるという。「カーボナイズがすぐできる製品もあるが、カーボナイズが骨の折れる作業になっている製品もある」


August 16th (Wednesday)

Updated 12:00 p.m.

@155 : AppleInsider ||  AppleInsiderによれば、Mac OS 9.1(Fortissimo)のAlpha 4が先週末にデベロッパにシードされた。これはデベロッパに配布されたのものとしては3つめのものになる。

 このリリースではまだセレクタが残っているものの、ダイアルアップやAppleTalkを一元的に管理できる「Network」コントロールパネルが含まれている。似たようなものはMac OS 9用にもあったが、ベータ版になる前に廃止されていたという。

 また、噂によれば、Alpha 4ビルドは、Mac OS 9上で動作する、Aquaアピアランステーマのベータ版を含んでいたことがあるという。しかし情報筋によれば、この新しいテーマは標準のデベロッパービルドには含まれていないようだという。

 Mac OS 9.1の価格について、Appleから公式な発表はされていない。しかしAppleInsiderによれば、情報筋はFortissimoを機能満載のアップデートとしてよりも未処理の問題に対応するものとして扱っているという。

Updated 11:30 a.m.

@115 ||  Appleは、取締役に新たに Arthur D. Levinson, Ph. D. を加えたことを発表した。

 Levinson はバイオテクノロジー企業 Genentech 社の会長兼CEOを務めている。上級科学者として80年に同社に入社し、95年に同社の社長兼CEO兼取締役に就任。99年から現職。80以上の科学論文を執筆、共同執筆している。Washington 大学卒業。Princeton 大学の生化学博士号を取得している。

 科学者としてだけでなく、ビジネスマンとしても業界での彼の評価は高い。

 これにより、Apple取締役会は、7人のメンバーで構成されることになった。Edgar Woolard が3月に取締役を退任して以来、Appleは7人目の取締役を探してきた。

■ Apple:Genentech CEO Arthur Levinson Joins Apple Board of Directors


@128 : Macwelt ||  Macweltによると、Apple Germanyのマネージングディレクター Peter Dewald はフランクフルトのソフトウェア会社 Sage KHK のマネージングディレクターに就任(9月1日付)するため、辞職する。後任が見つかるまでは、セールスマネージャの Rainer Deichmann と ファイナンシャルマネージャの Andi Bierl が業務を代行する。Dewald は9年間Appleで過ごした。


@133 : MacCentral ||  MacCentralによると、財政難にあるCorelはCEO、Michael Cowpland がCEO、社長、取締役会議長の職を辞職すると発表した。

 今後も日々の経営には参画しないものの、役員とテクノロジーアドバイザーとしてCorelにとどまる。彼の辞職は、ベンチャー企業に参加するためと見られる。「より多くの時間をLinux分野のスタートアップベンチャーにささげたい」と語っている。

 彼の辞職を受けて、前副社長でCTO(最高技術責任者)の Derek J. Burney が暫定のCEO兼社長に就任する。

 また William G. Davis 取締役も私的理由で退任。かわりに James Baillie と Larry O'Brien が取締役となり、Baillie が取締役会議長に就任する。


August 15th (Tuesday)

Updated 16:33 p.m.

@340 : MacNN ||  10月に発売されるOffice 2001に付属する Entourage と、Outlook ExchangeサーバのMac用クライアント。ふたつのMicrosoftの電子メールクライアント、PIMソフトについて、MacNNがMacintosh Business Unitの Irving Kwong プロダクトマネージャと、Microsoft Exchangeの Mark Adcock プロダクトマネージャに質問している。

 Entourageと、Outlook(Exchangeサーバ用Mac版クライアントであるWatson)の違いについて、Kwong は「グループウェアとしての機能の有無」を説明する。Outlookでは、Exchangeサーバの機能を利用して、グループコラボレーションや、電子メールやカレンダーの管理者のアクセスが可能になる。一方Entourageは個人利用にフォーカスしており、グループウェアレベルの使用は想定されていない。EntourageはカレンダーをWebページとして保存することができるが、Outlookでは他の人の空いている時間、予定の入っている時間を参照できる。EntourageのアドレスブックはWord 2001からアクセスできるものの、他のコンピュータと共有することはできない。

 また、EntourageからMicrosoft Exchange ServerへIMAPサーバとしてアクセスすることはできるという。

 このOutlook Exchangeサーバ用クライアントの次期バージョンのベータ版は、今年末までにリリースされる予定になっている。Mark Adocock によれば、カレンダーやタスクモジュールのWindows版との互換性が最優先事項になっているという。また、両プラットフォームでの解像度の違いのため、Mac版にはテキストズーム(テキストのサイズ拡大)機能が付くという。

 しかしながら、このクライアントの正式版のリリース時期はまだ決まっていないという。これは、ベータ版が出た後に決定されるという。Mac版Outlookは、最後のメジャーバージョンアップから長くたっている。

 OutlookのMac OS X 対応については、Office 2001と同様に次期バージョンはClassicアプリケーションになるとAdocockは述べている。カーボナイズする計画もあるというが、こうした具体的な時期については、ベータ版の後決めるとしている。

 またInternet Explorer 5.5についてだが、MicrosoftはMacHackカンファレンスでベータ版を配布している。またMac OS X DP4には、カーボナイズ版のIEが付属している。Kwongによれば、Macworld SF以後、IEのカーボナイズが行われており、Mac OS X 用のInternet Explorerは、Mac OS X のリリースと同時にリリースされるという。Microsoftは今後、Mac用製品ラインの拡充ではなく、既存製品のMac OS X 対応にフォーカスしていくようだ。

 さらに、Microsoftが先日発表した「.NET(ドットネット)」戦略がMacintosh製品に与える影響について、Kwongは「現在まだ.NETがMacintosh Business Unitに持つ意味について考えている最中で、現時点で発表することはない」と述べた。

Updated 12:30 p.m.

@175 : Macworld UK ||  台湾紙「DigiTimes」によれば、iBookのマイナーバージョンアップ版は、今夏に台湾のAlpha Topによって生産が始まり、9月に発表されるという。

 これが正しければ、新しいiBookは9月13日のApple Expo ParisでのSteve Jobs基調講演で発表される可能性が高い。記事によれば、新iBookは「マイナーな変更」にとどまる。G3プロセッサの466Mhzへのスピードバンプや、FireWireポートの追加が行われると見られる。

 また同紙は、Alpha Topが次世代iBookの準備を進めているとも伝えている。「P2」というこの次世代iBookは、現行モデルより薄く、軽くなり、新しいインダストリアルデザインが採用されるという。


@178 : MacCentral ||  Adobeは、Adobe GoLive 5.0 の出荷を発表している。


@179 : MacInTouch ||  MacInTouchなどに寄せられた情報によれば、Power Mac G4 Cubeが(少なくとも450Mhzバージョン)、ユーザの手に届き始めているようだ。



Macintosh is the registerd trademarks of Apple Computer,Inc. / Other product and company names mentioned herein may be trademarks of their respective companies. / Any direct or indirect damage or problem caused by this web page is not a responsibility of me. / This web page includes unconfirm information. / This web page requires CSS compliant web browser and is best viewed with Internet Explorer 4.5 or later. If you are using Internet Explorer 5.0 or later, set the default resolution to 72 dpi and default font-size 12pt.
ringoalley@mac.com

Special Thanks to SAMさん、Torioさん、TANICOさん、Shinodaさん、その他たくさんの方々....
このサイトを訪れてくれたすべての人に感謝を込めて
MacとAppleと世界の発展と平和を祈って