Make your own free website on Tripod.com

    December '99 #5

 

もっと古い記事 | ご覧になっているのは 9912 月の記事です |最新の記事


   Dec. 31st

Top News

【@692】 Steve JobsのMacworld SF Keynoteは、QuickTime 4とZDTVでのインターネット放送が行われる。JobsのKeynoteは、サンフランシスコで日本時間6日午前1時から(太平洋時間5日午前9時)。

■ QuickTime Showcase:Macworld Expo 2000
■ ZDTV:Steve Jobs: Macworld Expo 2000

Updated 12:15 p.m.

【@175 : The Powerbook Zone PowerBook Zoneは、Pismoについて、Steve Jobsは「プレ・アナウンス」をMacworldで行うだろうが、Macworldでのリリースとはならないだろうと伝えている。

Updated 12:05 p.m.

【@694 updated@158 : MacNN 公式なアナウンスはないが、Netscape 4.7.1がリリースされているようだ。MacNNが伝えた(Y2K関連のため、バージョン4.06以前を使っている場合はアップデートが推奨されている)。Update MozillaZineは、このバージョンの動作に問題はないようだが、このバージョンは最終版ではないと伝えている。

■ Download:Netscape Communicator 4.7.1


【@163 : MacNNMacInTouch ChronosはMacworldでPIMソフト、Consultant 3.0 を発表する。Consultant 3.0 はカレンダー、アドレス帳、ワードプロセッサ、メモ帳、日記帳、ダイアラー、アラームなどが統合されているほか、Palm Pilot、Visorとのシンクロを行える。またConsultantアプリケーションを立ちあげることなく情報をチェックできる「Advisor」を搭載している。価格は$49.99(ダウンロード版)。ネットワークバージョンのOffice Consultant 3.0もあるという。Now Up-to-Date/Contact、Claris Organizer、Symantec ACT などのユーザを対象にしたサイドグレードもある。

Updated 12:31 p.m.

【@185】 What's new at Apple

Apple Ships Cinema Display

NEWS LINKS | SOFTWARE | ARCHIVES | QUICKPOLL | FEEDBACK


   Dec. 30th

Top News

【@050】 Appleは、Cinema Displayの出荷を正式に発表した。

 プレスリリースによれば、Cinema Displayに使われている22インチのLCDは、LG.Philips LCD の製造によるもので、LG.Philips は先月にこのLCDの量産を発表したという。

 またApple Cinema Displayに加え、Appleはデジタルインターフェースを備えた15インチのデジタルStudio Displayの出荷も発表している。

■ Apple:Apple Ships Cinema Display

Updated 20:32 p.m.

【@515 : iMac2Day.Com Res Excellenceが、WindowsのUSBキーボードをMacにつないで使う方法を紹介している。

 もちろん、USBポートにそのまま接続すれば使えるそうだが、command とoptionのキーの位置が普通のMacキーボードと反対になってしまうという。スペースキーに一番近い位置にある「Alt(Alternative)」キーが option として働き、「ウィンドウ」キーが command として働くという。そこで「KMAP」リソースを書き換えてこれらのキーを入れ替える方法を紹介している。他にやる人がいるかわからないけれど、リソースの書き換えは細心の注意で

■ Res Excellence:Using a Windows USB keyboard on a Mac and remapping the modifier keys.

Updated 19:33 p.m.

【@393 : San Francisco ChronicleMacWEEKc|netMacNN Appleが昨日リリースした、OpenTransportに対するパッチ、「OpenTransport Tuner 1.0」についてフォローアップ。

 このOT Tuner 1.0は、Mac OS 9を搭載したコンピュータおよびMac OS 8.6を搭載したiBook、Power Mac G4、iMac(Kihei)のOpenTransportに対するパッチ(機能拡張になっている)で、これらのMacintoshが「Denial of Service(DOS)」の原因となるのを防ぐもの。

 Georgia Tech の Copeland 教授などが指摘していた問題。ハッカーが(事前にリストされた)Macintoshに小さなサイズのパケットを送ると、Macintoshはそれに反応して(ハッカーによる攻撃の)ターゲットに大きなサイズのパケットを送るという仕組みなっている。これが多数のMacintoshについて行われれば(教授によれば、40かそれ以上のMacintoshが使われるという)、大量の負荷によってターゲットはダウンしてしまう。Macintoshのユーザは自分のパソコンが利用されていることはわからない。

 Copeland 教授によれば、この問題を12月22日にAppleに報告したという。その後Appleは12月24日までにバグフィックスをとりあえず完成させ、28日に公開した。

 しかしAppleのTech Exchangeでは、ややちぐはぐな部分がある。Copeland 教授による今回の件の警告を読んだユーザが(OT Tunerのリリース前に)パッチについてTech Exchangeに書き込みをしているが、Appleの担当者はこれに一度“いたずらにも見える”と答えている。この担当者は「OT Tuner」という名称が既にサードパーティーに使われていることや、Apple外部に対してパッチを提供するときは必ず情報を一般に公開しないとの合意があること、多くのエンジニアは先週末に休みをとっていて、短期間で開発・テストが行われていた可能性は低いことをあげているが、Apple内部での意思の疎通がうまくいっていなかったことを感じさせる。

 またこのパッチによって、起動時のクラッシュやネットワークへの接続ができなくなったという、問題点も報告されている。

 しかしAppleは今回リリースされた「OT Tuner」はケーブルモデムやDSLなどの高速なインターネット接続を利用している“特定の状況にあるユーザのため”のもので、一般のモデムを使ったダイアルアップ接続を利用しているユーザには必要ないとしている。また接続の問題については、(パッチの対象となっている)こういったユーザの場合、TCP/IPの設定を変えた場合はコンピュータを再起動することが必要というAppleの説明が、MacWEEKに引用されている。

 また「カスタマーに対するリスクの可能性は非常に低いと考えている」というAppleのステートメントが、San Francisco Chronicleに引用されている。「最新でもっとも安全なソフトウェアをMacユーザに提供するよう迅速に作業を行っている」

Updated 17:20 p.m.

【@375 : MacOS Rumors Pismoについて、さらなる噂が伝えられている。

 MOSRが伝えるところによれば、PismoのドーターカードにはプロセッサとL2キャッシュのみがあって、RAMのアップグレードソケットとブートROMが別のボードになっているという。これにより、サードパーティーがPismo用のプロセッサやキャッシュのアップグレードを作ることが可能になる。

 またPismoは、UMAチップセットをベースにしているため、601からG3までの「60X」とG4の「MaxBus」の両方のプロトコルをサポートしており、将来的にPismoをPowerBook G4とすることも可能だという(それにはローパワーで発熱量も下がった改良型の「G4e」が必要になる)。

 しかし、UMAチップセットのMaxBusのサポートをアクティベートするのは複雑で、MaxBusがPismoで動作させるにはサードパーティーによるかなりの作業が必要になるかもしれないという。また「スーパーコンパクト」なPismoには余分なスペースがなく、これもサードパーティーにとっては厳しい条件になる。

 またMOSRによれば、最近のプロトタイプにはかたくなった新しいキーボードが搭載され、iBookやLombardにみられたような「曲がってしまう」ことがないという。同様に、ディスプレイを閉じたときにキーがディスプレイに押されてしまい、ディスプレイにあとがつくといった従来の不満が改善されているという。

 また、十分なクーリング用スペースの確保とディスプレイを本体にフィットさせるため、1/4インチ以下だが、厚みが初期のプロトタイプより少し増しているという。

Updated 10:25 a.m.

【@093 : MacCentral Totally Hipの LiveStage Professional のアップデータは、開発が予定より早く進んだため、Macworldでのされていたリリースが、今年中になるという。MacCentralが伝えた。アップデータはTotally HipのWebサイトからユーザに無償で提供される。

Updated 21:10 p.m.

【@540 : AppleInsider iBookもついに、アノ色に!?

 AppleInsiderが伝えるところによれば、Appleは今春、iBookの最初のリビジョンを準備する一方で、グラファイトのiBookについてもテストしていたという。AppleInsiderに寄せられたレポートによれば、海外の情報筋には、今もグラファイトのiBookのプロトタイプを保有している人も多いようだ。またPismoも、グラファイトがハイライトとして使われているという。

 このグラファイトのiBookは、DVDも搭載しているという。DVDのサポートは、iBookの最初のリビジョンにすでに組み込まれていたという。

Updated 20:57 p.m.

【@526 : AppleInsider 「SONY」「Nike」と肩を並べるべく、Appleのブランド戦略が進行中。

 AppleInsiderが情報筋の話として伝えるところによれば、AppleはコーポレートIDの変更を含め、ブランド名を変えることを計画しているという。それによれば、来る1月、Appleは「Apple Computer, Inc」という会社名を変更し、単なる「Apple」にすることを公式に発表するという。

 匿名を希望するAppleの従業員によれば、数週間前の時点で、個人用のAppleの名刺を注文することができなくなっているという。一方では、Appleのこれから発表される予定のソフトウェアは「Apple Computer, Inc」となっているが、これは変更される見込みだという。

 会社名を短くすることに加え、Appleは改訂された新しいロゴにの作成にも取り組んでいるという噂があるという。クパティーノのApple本社の壁の内側から聞こえてくるもごもごした声によれば、新しいロゴは多少3Dになっているという。Appleのロゴはすでに世界でもよく知られたものになっているため、それを全く違うものにしてしまうのはAppleにとっても論理的なことではないが、新しいロゴは3Dエフェクトによってエンボス効果がかけられていると示唆する声があるという。

Updated 22:20 p.m.

【@595】 What's new at Apple

■ iMac パズル(Click & Match / Internet Cruise Line
Open Transport Tuner 1.0
Final Cut Proサポート
AirPortベースステーションとAirPortカードの販売遅延についてのお知らせを掲載
年末年始の各コールセンターの運営についてのお知らせを掲載

NEWS LINKS | SOFTWARE | ARCHIVES | QUICKPOLL | FEEDBACK


   Dec. 29th

Top News

【@710】 AirPortの販売は来年に・・・

 アップルは、今年中に販売が開始されるとしていたAirPort(カード、ベースステーション)について、予定どおりの販売開始ができなくなったことを発表した。新たな販売予定日は“決まり次第案内”されるという。

 “弊社としましてもできるだけ早くご提供できるように継続して努力してまいりますのでご容赦くださいますようお願いいたします。 ”

■ アップル:AirPortベースステーションとAirPortカードの販売遅延について

Updated 15:20 p.m.

【@303】 Appleが、iMac DVのパズルゲーム(LiveStageを使って作成されたQuickTimeムービー)を公開している。

■ Apple:Click & Match
■ Apple:Internet Cruise Line

Updated 14:32 p.m.

【@257 : Business Week Business Weekによれば、“マーケットで最も興味深い製品ラインをなすAppleのデスクトップは、おそらく今まで設計された中で最も機能的でないマウスにたたられている”Business Weekは、そんな今のApple純正マウスに変わる代替品を紹介している。

 この純正マウスの問題点は、完璧に丸い形をしているのと、ワンボタンであることだという。“メニューを表示させるのにマウスをクリックするのと同時にコントロールキーを押さなければならないなんて、何を考えていたのだろう?”

 まず、MicrosoftのIntelliMouse Explorerを紹介している。Microsoft IntelliMouseはWindowsが必要となっているが、MicrosoftからMacintosh用ソフトウェアをダウンロードすればUSB対応Macで使うことができる。またExplorerはボールの変わりに小さなカメラを使っており、ほこりやすすなどの汚れに影響されない。ボタンは4つあってコントロールパネルで機能を設定できるが、スクロール用のホイールはNetscapeやInternet Explorer、Outlook Express、Office 98などの一部のプログラムでしか利用できない。

 LogitechやKensington Technologyのマウス、トラックボールもMacユーザには人気がある。

 より興味深いMac用マウスのひとつが、Wacomの「Graphire」マウスとタブレットだと紹介されている。これはツーボタンでホイールのあるコードレスマウスとペン付きの4インチx5インチサイズのタブレット(Business Weekのリビューもある)。カーソルの移動にはペン、マウスどちらも使うことができ、PhotoshopやIllustratorなどのプログラムにおいては、押す力にも敏感な描画用ツールにもなる。

Updated 0:32 p.m.

【@183 : IGM One World Systems(旧Global Village Communications)は、資産をTut Systemsに売却し、経営を終えることを発表している。IGMが伝えた。

 Tut Systemsは、One Worldの知的所有権および固定資産など一部の資産のみを買収する。両社による合意によれば、Tut Systemsは230万ドルを支払う。One World 製品のテクニカルサポートは、同社の解散計画が提出されるまで続けられる。

 旧Global Village Communicationsは、98年3月にモデム事業をBoca Researchに売却し、社名をOneWorld Systemsに変更していた。Global Villageは、AppleにMacintosh用ビルトインモデムの供給を行っていたこともある。

Updated 11:55 a.m.

【@147 : O'Grady's PowerPage SETI@homeのニュースレターの中で、このプロジェクトのディレクター、David P. Andersonは、来年始めにSETI@home 2.0がリリースされるとしている。この新バージョンではファイアウォールやプロキシのサポートが改良されている。新バージョンがリリースされた場合、ワークユニットの終了時にそれが通知される。


【@150 : MacCentral 11月23日に、Totally Hip はQuickTimeオーサリングソフト、LiveStage Professional の製品戦略を発表しているが、この製品のの新バージョンはMacworldでのリリースにむけて開発が予定どおりに進んでいるという。

 Totally Hipの共同設立者で暫定CEOの Randall H. McCallum によれば、LiveStage Professional のアップデータはFinal Candidateの段階に入っているという。またこのアップデータは多くのプロのQuickTimeデベロッパによって徹底的にテストが行われているという。

 このアップデータは既存のユーザに無償で提供されるほか、MacworldのTotally Hipのブース(#3555)でデモが行われる。このアップデータには、QScriptやドラッグ&ドロップによってホットスポットへのスプライトレベルでのインタラクティビティの追加などが行えるQuickTime VRのサポートや、QScriptやドラッグ&ドロップによるスクリプティングの可能なテキストトラックのホットスポットなどの新機能が含まれている。

Updated 11:32 a.m.

【@690 updated@140 : MacNNMacInTouch Appleが、OpenTransport Tuner 1.0をリリースしている(北米英語版)

 OT Tuner 1.0は、Mac OS 9を搭載しているコンピュータおよびMac OS 8.6を搭載したPower Mac G4、iBook、iMac(Slot-Loading)が対象のOpenTransport(バージョン2.5.2)のアップデータ。

 OT Tuner 1.0は、特定の小さなネットワークパケットにMacintoshを応答させてサイズの大きなICMP(Internet Control Messaege Protocol)パケットを送ってしまうOpenTransportのオプションをオフにする。このアップデータはMacintoshがDOS(Denial of Service)問題の原因になることを防ぐもの。

 ジョージア工科大学の John Copland 教授(コンピュータネットワーク)は、Mac OS 9を搭載してインターネットに接続しているコンピュータ(特にケーブルモデムなどの高速なもの)が、他のコンピュータへの攻撃に使われる可能性があると指摘していた。そのスキームは同教授のページに記載されている。OT Tuner 1.0はこの問題に対するアップデータ。

■ Download:OpenTransport Tuner 1.0

Mac DoS Attack
Mac DoS Attack Frequently asked questions

QuickPOLLの結果を更新・一部ミスを訂正しました(特にShinodaさん、ごめんなさい)

NEWS LINKS | SOFTWARE | ARCHIVES | QUICKPOLL | FEEDBACK


   Dec. 28th

Top News

【@278】 アップルは西暦2000年問題によるトラブルに対応するため、Y2K対策コールセンター(アップル年末年始臨時コールセンター)を設置する。大晦日の19:00から1月3日9:00まで24時間対応。電話番号は 0070-800-900-900

■ アップル:Y2K対策コールセンター

Updated 14:30 p.m.

【@256 : C|NetMacNN C/netによれば、アメリカのデスクトップパソコンの小売市場で11月のAppleのシェアは9.8パーセント。これはCompaq、Hewlett Packerd、eMachinesに次ぐ4位。

 C/netによれば、一方で、(アメリカの)パソコンの小売市場の成長率は11月になって11パーセントにまで落ち込んでいる(10月は21.5パーセントだった)。ノートパソコンでも成長率は10月の43パーセントから18.2パーセントにまで下がっている。これはローエンドの供給不足や部品価格の上昇、夏に行われたインターネットとのリベートの影響が原因になっているようだ。


【@260 : Target PCNoBeige.com PowerPCをベースとした新しいマザーボードの開発が進んでいるようだ。

 Target PCによれば、Silicon Fruitという会社が、PowerPCをベースとしたマザーボードの開発を行っているという。「RioRed」というコードネームを持つこのマザーボードは、デュアルG4プロセッサや64ビットのPCIスロットなどのハイエンド仕様だという。これはOSとしてYellow Dog Linuxを使い、BeOSの移植について交渉中だという。Silicon Fruitはこのマザーボードをベースにしたワークステーションを来年中旬に発売する計画だという。

 NoBeigeはこれについて、「重要なのは、RioRedが本質的に「CHRP(Common Hardware Reference Platform)2.0」になっていくこと」と指摘している。90年代半ば、PowerPCプラットフォームでMac OS以外のOSを動かせるようにするという「CHRP」という試みが行われた。

・ 「QuickPOLL」の結果を更新しました。たくさんの投票、ありがとうございます。

NEWS LINKS | SOFTWARE | ARCHIVES | QUICKPOLL | FEEDBACK


   Dec. 27th

Updated 0:50 p.m.

【@187】 Ultra-ATA/66 ドライブの2倍の値段がするUltra Wide SCSIドライブは、やっぱりその値段分の価値があるのか? −BARE FEATが、Ultra ATA/66 とUltra Wide SCSI ドライブを比較したベンチマークを掲載している。

■ BARE FEAT:Which is faster, an Ultra-ATA/66 drive or an Ultra Wide SCSI drive?


【@190 : X Appeal Macとはあまり関係ない話題ですが、X Appealが、「QuickTime for Linux」のWebサイトを紹介している。

 QuickTime 4にバンドルされている、Appleが独占使用権を持っているコーデックはサポートされていないものの(インターネットからダウンロードしたムービーを見ることはできない)、ベーシックな圧縮フォーマットはサポートされている。

サポートされているコーデック:
ビデオ:MJPA / JPEG Photo / PNG / RGB / YUV 4:2:2 / YUV 4:2:0
オーディオ:IMA4 / ulaw / リニアPCMフォーマット

QuickTime for Linux

Updated 0:30 a.m.

【@680】 San Jose Mercuryが、シリコンバレーの歴史を振り返る企画、「果樹園からオンラインへ:シリコンバレーをつくった10の出来事」を掲載しているが、その8番目にAppleが選ばれている。

 “Apple Computerができる前まで、シリコンバレーは、袖の短いTシャツを着て、一般の人が見たことも使ったこともないような変わった機器をつくる角刈りのエンジニアたちの天国だった。Appleはふたつの革命的な製品ですべてを変え、テクノロジーをクールなものにした・・・”

■ San Jose Mercury:The Apple Revolution

NEWS LINKS | SOFTWARE | ARCHIVES | QUICKPOLL | FEEDBACK


   Dec. 26th

Updated 23:00 p.m.

【@616 : MacNN AppleのWebによれば、MRJ 2.2 EA2は、2000年1月1日以降になると、新しいバージョンをダウンロードするよう促す「期限切れ」のダイアログが定期的に出るという。ただ、EA2の次のバージョンはまだリリースされておらず、このバージョンは2000年1月1日以降も引き続き利用できる。

Updated 15:10 p.m.

【@290】 TIL picks!

NEW 75016 Power Mac G4 (AGP)::USBデバイス接続時のメモリーエラー
Power Mac G4に、セルフパワーのUSBデバイスが接続されているとき、次のような症状が起こることがある:

* パワーをオンにしたあと、通常のブート音の変わりにビープ音が3回なって画面が表示されない
* 起動したあと、ビルトインのメモリーテストで問題が検出されたとのエラーメッセージが出る
* パワーをオンにしたあと、ブート音がしないか途中で切れ、画面が表示されない

このような症状が起こった場合は、セルパワーのUSBデバイスを抜いてからコンピュータを再起動し、再びUSBデバイスを接続する。Appleでは現在解決方法について調査中とのこと。

・クリスマスはいかがお過ごしでしたか?Pis・・・なんですが、ちょっとしたいたずらで作ってみたんですが、みなさん気がついてくれたみたい。そりゃあ、あんなところにでかく箱があれば、怪しみますもんね(笑)Pismoは今年じゃなくて、来年のプレゼントかな、と思ってみても、そのころにはまた新しいモデルの噂があって、そっちに気を取られているんだろーなー。

NEWS LINKS | SOFTWARE | ARCHIVES | QUICKPOLL | FEEDBACK


   Dec. 25th

Updated 0:23 p.m.

【@170 : AppleInsider AppleInsiderが、Power Mac G4のマルチプロセッサモデル「Mystic」について伝えている。Mysticは、Mac OS X Consumerのリリース時期に発表されると見られてきたが、新たな情報筋によれば、1月のMacworldで登場するという。

 「Mystic」というコードネームがオフィシャルなものであることが確認されたマルチプロセッサPower Mac G4は、デュアルプロセッサで、AppleはクワドプロセッサのMysticの後継機の開発に取り組んでいるという。

 クパチーノの情報筋によれば、Macworldで登場するMysticは、デュアル500Mhzで、プロセッサはMotorolaの第二世代PowerPC G4だという。ドライブやRAMなどは現在のPower Mac G4と同じだという。

 Mysticは、現在のPower Mac G4と同じきょう体だが、ロジックボードはSawtoothにひとつまはたふたつのポートが追加されたものだという。またある情報筋は、彼の見たMysticのプロトタイプには標準でギガビットのEthernetがついていたと指摘しており、最終モデルもそうなるだろうと大いに噂されているという。

 P7A(17インチiMac)と同じように、Macworldまでに出荷準備ができるわけではなく、Golden Masterになるのは1月の14日以降だという。またP7AやPismoのように、Minuetのカスタマイズ版が必要になるという。計画どおりに進めば、2月終わりまでには大量に出荷が始まるという。

Updated 0:05 p.m.

【@163 : AppleInsider Mac OS 9.0.1「Minuet」は、AppleInsiderによれば、Golden Masterになるまでのベータ版はベータ3までと見込まれていたが、過去数日間でベータ5とベータ6になったという。

 加えて、47のコンポーネントで9.9MBだったものが、59コンポーネントで11.3MBにまでふくれたという。新しく追加されたのは、Foreign File Access 5.3.1、Iomega Drive Options 1.4.6、Iomega Driver 6.0.6、Keyboard 8.4、Software Update 1.1、Software Update Engine 1.1、Software Update Scheduler、Sound Manager 3.6、Sound Source Strip 1.3、Tools 6.3.1、Upgradable Items 1.1、Voice Verification 1.0.2などだという。

 Minuetのリリースは1月の終わりのP7Aの発表以降だという。

Updated 11:55 a.m.

【@150 : AppleInsider Golden Masterになるのは1月終わりだというが、AppleInsiderによれば、17インチのiMac「P7A」はメキシコにあるLGエレクトロニクスの工場で限られた量の製造が始まったという。

 これは、Macworld SFでのデモンストレーションに使用するほか、Minuet(Mac OS 9.0.1)のGolden Masterのテストにも使われるようだ。

 P7Aの量産前のユニットは、500MhzのG3、512KBのバックサイドキャッシュ、100Mhzのシステムバス、スロットローディングの4倍速DVD-ROM、128MBのRAMを搭載しているという。しかし最終的なモデルのRAMが64MBになるか128MBになるかは明らかではないようだ。これは、伝統的に、Appleはデモでのパフォーマンスを向上させるために、デモ用のユニットにはデフォルトより多くのRAMを搭載するからだという。

 P7Aのロジックボードには、ふたつのFireWireポート、ふたつの独立した12Mbps USBポート、AirPortカードスロット、RGB出力、56Kbpsモデム、10/100Base-T Ethernet、アナログのオーディオ入出力用のミニジャックがあるという。幸運にも製造ラインでの最初のユニットを見ることができた情報筋によれば、P7Aのきょう体は、iMac DV Special Editionをそのまま大きくしただけのものだったという。

 P7AがGolden Masterになるのは1月26日以降で、大量に出荷されるのは3月になるという。しかしSteve Jobsは、Macworldでこれを発表し、プレオーダーを集める考えだという。

Updated 14:18 p.m.

【@240】 What's new at Apple

AppleShare IPサポート
Mac OS X Serverサポート
■ 「iWeek in QFRONT」のお知らせを掲載
USB周辺機器データベースを更新

・ 昨日付のApple DVD Softwareのリリースに関して、「PowerBook G3も対象」と書きましたが、PowerBook G3は対象となっていませんでした。Apple DVD Software 2.0はiMac DV、400Mhz以上のPower Mac G4(AGP Graphics)用です。お詫びして訂正いたします。

NEWS LINKS | SOFTWARE | ARCHIVES | QUICKPOLL | FEEDBACK


   Dec. 24th

Announce

【@330】 「Y2K 関連リソース」を掲載しました(あまり役に立ちそうもないけど)。

Y2K 関連リソース

Top News

【@295】 アップルは、マルチメディアコンテンツを制作するプロフェッショナルユーザ向けの有償サポートプログラム「AppleCare Professional Multimedia サポートプログラム」を発表した。

 このプログラムは、QuickTime、Final Cut Proなどアップルのマルチメディア製品を利用してコンテンツを制作しているプロフェッショナルのための“包括的なサポートソリューション”で、年間契約制の有償サポートサービス。

 このプログラムにより、電子メールを利用して専任の技術担当者から個別にテクニカルサポートを受けることができるという。サポート内容はアプリケーションの使用方法やトラブルシューティングからコンテンツ制作のアドバイス、サードパーティー製品を含めた機器構成や設定など。専用のWebを利用して最新の技術情報も提供される。

 一人当たり300,000円の年間契約制で、来年1月より申し込み受け付けが始まる。

■ アップル:プロフェッショナル向けサポートプログラムを発表
■ アップル:AppleCare Professional Multimediaサポートプログラム

Updated 14:57 p.m.

【@280】 AppleがApple DVD Software 2.0をリリースしている。北米英語版。iMac DV、PowerBook G3、400Mhz以上のPower Mac G4(AGP Graphics)が対象。

■ Download:Apple DVD Software 2.0


【@283 : MacNN MacNNによると、Microsoftは、Excel 98の2000年問題に関するアップデータを配布している。ExcelファイルのテキストへのVBAエキスポートで西暦が2ケタになってしまう問題を解消する。

■ Download:Microsoft Office 98 Macintosh Edition/Mac OS 9 Updater

Updated 11:32 a.m.

【@143】 MacInTouchが2000年問題に関するレポートページを開設している。Macintosh本体については基本的に2000年に対応しているが、ソフトウェアについては確認が必要かもしれない(MacInTouchのレポートにもいくつかのソフトウェアについて情報が記載されている)。また、NeXTのワークステーション用のアップデート(NextStep 3.3)がAppleから無償で入手できる。

■ MacInTouch:Special Report: Y2K and the Mac

Updated 10:30 a.m.

【@095 : MacCentral Macintosh版のACT! の将来は明るくはなさそうだ。

 Symantecが、SalesLogixへの売却を発表した ACT! だが、MacCentralによれば、現在のところMacintosh版の新バージョンの開発の予定はないようだ。

 SalesLogixのJulie Squiresによれば、Macintosh版 ACT! の今後についての問い合わせが多く寄せられているが、Mac版の将来ははっきりしていないという。SalesLogixは、法律により、買収が完了する(おそらく来月)までは製品ラインの今後について話すことはできないとしている。

Updated 10:05 a.m.

【@077】 What's new at Apple

プロフェッショナル向けサポートプログラムを発表
Apple DVD Software 2.0
Automatic Update Software 1.1
iMac DVD Update 1.0


【@078】 TIL picks!

NEW 58498 iMac DV:Final Cut Pro 1.2 には現在対応していません
Final Cut Pro 1.2 は機能拡張のコンフリクトにより断続的なフリーズを起こす可能性があるため、iMac DVでの動作は保証されていない。AppleではiMac DVに対応するためのアップデートを2月にリリースする予定。

フリーズは、一般設定でFireWireが外付のビデオソースとされているときにのみ起こるようだが、AppleがiMac DVでのFinal Cut Proの動作を保証するまで、ユーザはオウンリスクで使用すること(上記にあげた以外のエラーが起こる可能性もある)。
NEW 75015 Apple Studio Display DVI:LEDの色の意味

NEWS LINKS | SOFTWARE | ARCHIVES | QUICKPOLL | FEEDBACK

 
 
 
 

Macintosh is the registerd trademarks of Apple Computer,Inc. / Other product and company names mentioned herein may be trademarks of their respective companies. / Any direct or indirect damage or problem caused by this web page is not a responsibility of me. / This web page includes unconfirm information. / This web page requires version 4.x of Netscape or Explorer.

Special Thanks to SAMさん、Torioさん、TANICOさん、Shinodaさん、その他たくさんの方々....
このサイトを訪れてくれたすべての人に感謝を込めて
MacとAppleと世界の発展と平和を祈って