Make your own free website on Tripod.com

  最新の記事もう少し古い記事 |この記事は、 2000 年 2 月の記事です
February #2

February 16th (Wednesday)

Top News

@585 ||  X Appealは、Mac OS X Developer Preview 3 のスクリーンショットを掲載している。

 これをみると、Dockが改良されたようだ。アクティブなアプリケーションには、黄色いバーがつき、ドキュメントには白いバーがつくようになった。多目的ゆえにわかりにくさが指摘されているDockだが、これで少しは良くなったかもしれない。これはMACWORLD SFでのデモでは見られなかったもので、Aquaインタフェースをさらに改良していこうというAppleの意図がみられる。

 また、Cocoaベースのスティッキーズや、Aquaチックなボタンの計算機、Mail、QuickTime Player、PDFをベースにしているとみられるゲーム「BlastApp」などのスクリーンショットが掲載されている。

 ClassicのFinder(ボタンの配置に注意)や、強制終了のウィンドウ、アイコンの大きさを変更できるFinderの設定や、「フォント」パネルも見る価値があるだろう。

■ X Appeal:MacOS X DP3 Aqua Screenshot


@617 : MacNN ||  MacNNによれば、Sony Computer Entertainment Americaは、ConnectixのVirtual Game Station(VGS)について、Connectixを相手取って新たな訴訟を起こした。今回は、ConnectixがVGSの開発に当たって、SECの保有する11の特許を違法に使用したと主張している。VGSをめぐる裁判については、控訴審が先週、Connectixに対する仮処分を覆す決定を下したばかりであり、早くもSEC側が新たな措置をとったことになる。

Macworld Tokyo

@430 ||  Apple Announcements

■ PowerBook:“クリエイティブプロフェッショナルにとって最高のツール”

共通の仕様:二つのFireWireポート / AirPort(AirMac) / 1MBのバックサイドキャッシュと100Mhzシステムバス / メモリは最大512MB / 14.1インチTFT / AGP 2x 搭載のRAGE Mobility 128(8MB SGRAM)/ DVD-ROM / VGAおよびS-Videoポート / 二つのUSBポート / 10/100Base-T Ethernet / 56Kbps モデム / Mac OS 9 / 10時間(デュアルバッテリー時)持続可能なリチウムイオンバッテリー

● 400MHz/64MB/1MB/6GB/6xDVD-ROM:298,000円($2,499)
● 500MHz/128MB/1MB/12GB/6xDVD-ROM:398,000円($3,499)

Apple StoreでのBTOオプションとして、18GBのHD、512MB RAM、AdaptecのSCSIアダプタ、VSTのZip、SuperDisk拡張ベイがある。

■ iBookの新しい製品ラインナップ

メモリ、HD容量が2倍(64MB、6GB)になった。グラファイトのiBook Special Editionは366Mhzのプロセッサ搭載。

● iBook(タンジェリン、ブルーベリー):198,000円($1,599)
● iBook Special Edition(グラファイト):218,000円($1,799)

■ Power Mac G4 スピードバンプ:“最高速のパソコン”

共通の仕様:ATI RAGE 128 Pro AGP 2X(16MB VRAM)/ FireWireポート / USBポート / 10/100BASE-T Ethernet

● Power Mac G4 400MHz、1MB キャッシュ、64MB SDRAM、10GB Ultra ATA/66ハードディスクドライブ、DVD-ROM、56Kbps内蔵モデム:198,000円($1,599)
● Power Mac G4 450MHz、1MB キャッシュ、128MB SDRAM、20GB Ultra ATA/66ハードディスクドライブ、DVD-ROM、56Kbps内蔵モデム:298,000円($2,499)
● Power Mac G4 500MHz、1MB キャッシュ、256MB SDRAM、27GB Ultra ATA/66ハードディスクドライブ、DVD-RAM:428,000円($3,499)

● Macintosh Server G4 400MHz:378,000円
● Macintosh Server G4 500MHz:518,000円
● Macintosh Server G4 500MHz with Mac OS X Server:518,000円

■ Mac OS X に最高品質の日本語フォントを搭載:“日本語と漢字の豊かさと美しさを表現”

大日本スクリーン製造との提携により、同社の「ヒラギノ」フォントをベースにしたフォントを6種類搭載。文字数は最大17,000字(現在の一般的なコンピュータが搭載している漢字は8,500字)までサポート。Unicodeに準拠した、Open Typeフォーマットとして提供。

■ AppleWorks 6.0

メーカー希望小売価格8,800円で、3月中旬より発売。AppleWorks 6は、PowerPC プロセッサ、32MB以上のメインメモリ、CD-ROMドライブまたはDVD-ROMドライブ、Mac OS 8.1以上を搭載したMacintoshが必要。


@543 updated@630 : The Powerbook ZoneO'Grady's PowerPageMacNN ||  Pismoについて“AirPortとFireWireのついたLombard”との予想を見事に当てたPowerBook Zoneや、PowerPageなどによれば:

* バッテリーは、iBookのそれに似た、リチウムイオンバッテリーで、デュアルバッテリー時には10時間持続する
* PismoのRAMはSO-DIMMで、WallstreetやLombard、iMacやiBookのRAMを使うことはできない(SO-DIMMはPCには広く使われている)
* Lombardと同じきょう体を使っているようで、拡張ベイはLombardと同じものを使うことになりそう
* PismoのDVD-ROMドライブは、DVD-RAMディスクの読み込みが可能
* DVD-ROMドライブは、いわゆる「Slot-Loading」タイプではない
* Pismoの重さは6.1ポンドで、Lombardよりも0.2ポンド(1ポンドは453.6g)軽くなった
* 名称は「PowerBook G3」から「PowerBook」になっている。G4が存在するため、「G3」の名称がやや古いもの、という印象を与えてしまうからだろう


@548 updated@635 : O'Grady's PowerPageMacCentralMacInTouch ||  PowerPageやMacCentralのKeynoteレポートによれば、Mac OS X は日本語やその他の言語など、すべての言語バージョンがひとつのCD-ROMでリリースされるという。つまり、Mac OS 8.5 に続く世界同時リリースが行われることになる。さらにMacInTouchによれば、JobsはKeynoteの中で、英語版システムをログアウトし、その後日本語の名前でログインして見せた −すると、再起動することなく、システムが日本語版になったという。また、Jobsは、AppleはDeveloper Preview 3をシードしたところだと明らかにした。


@550 : O'Grady's PowerPage ||  PowerPageのKeynoteレポートによれば、AirMacの出荷は、今週金曜日から始まるという。


@552 updated@577 : O'Grady's PowerPage ||  Apple.co.jp も、タブのついた新しいサイトデザインに変更されている。しかし、日本語版 iTools サービスは始まっておらず、iReview、iCard とともにアメリカのサイトにリンクされている(iToolsは、日本のユーザでも登録可能だ)。PowerPageのKeynoteレポートによれば、日本語版は今年後半に開始されるという。


@593 : MacCentral ||  MacCentralによれば、MicrosoftのMacintosh Business Unitは、MACWORLD Tokyoにおいて、Internet Explorer 5.0 Macintosh版を、3月中旬にリリースすることを明らかにした。またMac OS X ネイティブのバージョンは、Mac OS X の発売と同じ時期にリリースするという。


@590 : O'Grady's PowerPage ||  PowerPageによれば、IBMはViaVoiceの日本語版を発表。MACWORLD TokyoのSteve Jobs基調講演でデモを行った。

Updated 0:10 a.m.

@665 ||  MACWORLD Expo/Tokyo 2000 は、本日幕開け。本日午前11時からiCEO Steve Jobsの基調講演が行われる。


@667 : MacCentral ||  Qualcommは、Eudora 4.3 をリリースしている。

 このバージョンには「スポンサー・モード」「ペイ・モード」「ライト」の3つのモードがある。「スポンサー・モード」では、広告が表示されるかわりにEudoraの全機能を無償で使用できる。広告のない「ペイ・モード」は$49.95。なお、バージョン 4.x のユーザには無償アップグレードとなる。日本語版も今年後半のリリースを予定。

■ Qualcomm:Eudora 4.3


February 15th (Tuesday)

Updated 21:28 p.m.

@555 : THE REGISTER ||  元恋人によれば、Bill Gates はかつて、かなり熱狂的なMacファンだったようだ。

 Bill Gatesの元ガールフレンドで、現在はベンチャー資本家の Ann Winblad によれば、「わたしたちはみなMacを買った。BillもMacを買った。BillはMacを使っていた。BillはMacintoshを使っていた。PCじゃなくて」 来月店頭に並ぶ Michael Gross の著書「My Generation」の中でインタビューに答えたもののようだ。もっともこれは、1980年代中ごろの話のようだ。当時Microsoftは、Macintosh用アプリケーションを開発するため、Macintoshのプロトタイプの提供を受けていた。

 しかし、Gatesが尊敬していたのはMacintoshだけではないようだ。Winbladは、Steve Jobsが話しているところにGatesといたときのことを思い出している。その時Gatesは彼女にこう言ったという、「いつか、彼と同じくらいうまくスピーチできるようになるよ」

Updated 20:55 p.m.

@525 : MacCentral ||  MacCentralによれば、MicrosoftはInternet Explorer 5 Macintosh版の2つめのプレビューリリースを昨日シードしたという。このバージョンでは、前バージョンよりも安定しており、パフォーマンスも目立って改良されているという。Explorer 5は3月の最初の週にリリース予定。


@527 : Macworld UK ||  Macworld UKによれば、ロンドン中心部のチャリングクロス通りとトテナムコート通りの交差点に、Appleの「Think different」の巨大なポスターが掲げられているという。映画製作における著名人たちを取り上げたシリーズのひとつで、このポスターはチャーリー・チャップリンのもの。Apple UKのWebサイトから、このポスターのPDF版が入手できる。


@530 : Insanely Great Mac! ||  Newer TechnologyがIGMに伝えたところによれば、同社は2月21日にオンラインストア「The Newer Store」をオープンし、iMAXPower G3 466の注文受け付けを開始するという。

 また同時にこの日、iMAXPowerの顧客への出荷も開始するという。

 さらに、シンガポールのマニファクチュア、Tri-Mが、Newerに新たな投資を行うかの期限が2月15日になっていたが、Newerによれば、期限は10営業日先延ばしされたという。これは、Newerが債権者に対して、負債の返済を一年待つよう要請した件について、どの債権者からも返答が得られていないことが理由。Tri-MのNewerへの投資条件では、Newerの債権者が負債の返済の一年延期に同意することが必要となっている。

Updated 20:28 p.m.

@497 : MacNNMacOS Rumors ||  MacNNがApple広報の話として伝えるところによれば、明日のSteve Jobsの基調講演については(多くの新製品の発表が期待されているにも関わらず)、QTVでのウェブキャストや、衛星を使った中継は行わないという。

 MOSRはこれを、基調講演が行われる時間帯が、アメリカの夜(東部標準時間で午後9時に当たる)やロシア、中近東、アフリカの深夜に当たり、見にくい時間になってしまうほか、コストもかかるためだと説明している。MOSRは、ウェブキャストや衛星中継の有無は、このイベントの重要度を反映しているわけではないと考えている。


@505 : MacOS Rumors ||  MOSRによれば、クパティーノの内部関係者は、明日の基調講演について、いくつかの新製品の発表が見込める重要な基調講演であることを確認できたという。

 これらの情報筋からのレポートには、矛盾する点も見られているというが、Pismoの発表とiBookとPower Mac G4のアップデートについては確実なようだ。

 また、信頼度はまちまちだが、以下のようなことがらも噂されているようだ:

* AirPortハードウェアがアップデートされ、より多数のキャパシティを持つBase Stationが発表される
* Mac OS X Developer Preview 3とベータ版についてのアップデート
* Apple Palmの発表に関するヒント:WWDCのころだという
* AppleWorks 6 のデモと具体的なリリース日の発表


@510 : The Powerbook Zone ||  PowerBook Zoneも、明日の基調講演でPismoが発表されるだろうと伝えているが、Pismoそのものについては“AirPortとFireWireがついたLombard”と考えている。

 PowerBook Zoneの情報筋によれば“Surpriseを期待しない方がいい”という。ケースも新しいものになるが、ミラクルを期待してはいけないという。ケースについては、全く変わらない可能性もあるという。

 Pismoの価格については、ローエンドがおよそ$2,200、ハイエンドがおよそ$3,200と、Lombardよりも安くなるだろうとしている。


@515 : MacInTouch ||  MacInTouchによれば、Mac OS 9.0.3(現在ベータ段階)は、マルチプロセッサコンピュータをサポートするという。


@495 : AppleInsider ||  AppleInsiderは、明日の基調講演での、Steve Jobsお得意の“One More Thing”として、デュアルプロセッサのPower Mac G4「Mystic」や、ローエンドのiMacのスピードバンプをあげている。また、Appleのオープンソースプロジェクトによって開発されているDarwinのバージョン1.0やMac OS X Server 1.2、WebObjects 4.5が発表されるかもしれないという。

Updated 0:45 a.m.

@675 : AppleInsider ||  AppleInsiderは、AppleはMACWORLD TokyoでPismo PowerBook、iBookのスピードバンプ、G4デスクトップのスピードバンプ、iBookのSpecial Editionが発表されるのではないかとしている。

* Pismo:Pismoに必要なMac OS 9.0.1が完成し、MACWORLD TokyoでPismoをリリースすることが可能になったという。400Mhz、500Mhzの二つのモデルがあり、新しい“クラムシェル”デザインのきょう体を持つという。重さ、軽さも現在のLombard(101)よりわずかに薄く、軽くなる。そのほかのスペックは100Mhzのシステムバス、400MbpsのFireWire(ふたつ)、ふたつのUSBポート、全く独立した二台目のディスプレイをサポートするRAGE Mobility 128 グラフィックスカードを搭載するという。

* iBookのスピードバンプ:情報筋によれば、iBookに必要とされているスピードバンプもMACWORLD Tokyoで行われるという。Appleは製品ラインを3から5ヶ月で一新しようとしており、Tokyoは新しいiBookを発表するのに完璧な場所だという。新しいiBookは、カラーは従来と同じTangerineとBlueberryだが、プロセッサは366Mhzになるという。またメモリの標準が64MBになり、ハードディスクも増量されるかもしれないが、こういった特徴はSpecial Edition用にとっておかれるかもしれないという。

 あたかもこれだけでは足りないかのように、情報筋はその他のハードウェアの発表がAppleの“ハードウェア・ショー”を演出することになるかもしれないとしている:

* Power Mac G4の新モデル:Power Mac G4は現在特にローエンドモデルが入手困難になっていて、実質チャネルから消えてしまっているという。Appleはスピードバンプが行われたPower Mac G4で、緊急用の500MhzのG4チップを積極的にマーケティングするようだという。Power Mac G4のRev.Cは、400Mhz、450Mhz、500Mhzからなり、現在の価格体系を維持するようだ。

* GraphiteのiBook:そして、ハイエンドのコンシューマ・ポータブルとして、GraphiteのiBook、iBook Special Editionが登場するという。より多くのメモリとハードディスクが搭載されているほか、詳細は不完全だが、FireWireポートとDVDが搭載される可能性もあるという。iMac DV Special EditionのiBook版となるこの新しいモデルについて情報筋は「この新しいiBookに Jonathan Ive のビジョンそのものを見ることになるだろう」と語っている。

Updated 22:35 p.m.

@603 : Macs Only! ||  Harman Kardon のiMac用サブウーファー、iSubは、アメリカでの発売が2月下旬、日本での発売が3月となっている。Harman Kardonは、iSubの発売について案内する、メールサービスを行っている。登録は Harman Multimedia のWebサイトから行える(「get it」から)。

Harman Multimedia

Updated 22:15 p.m.

@558 : MacNN ||  ヒートアップしている日本と逆に、カナダのMac事情はあまり良くないのかもしれない。

 MacNNが情報筋の話として伝えるところによれば、カナダの主要な小売チェーンである CompuCentre が、ショッピングモールをベースとした同社の56の小売店舗で、Apple製品の取り扱いを取りやめるという決定を行ったという。低いマージンや価格保護(price protection)がないこと、そして供給の問題など、Apple Canadaが過去数年に行った事業戦略の変更が原因だという。

 例えば、価格保護がないことやApple Canadaが公示価格(Advertising Street Price)を設定したことによって小売店が低いマージンで製品を販売せざるを得なくなり、小売店が利益をあげられなくなっているという。

 また、Apple Canadaからの製品の供給状況も悪く、小売店が在庫を確保するのが難しい状態で、CompuCentre はこの状況にたいしフラストレーションがたまっているという。Appleも供給の問題を解決しようとしているようだが、情報筋の示唆するところによれば、状況は深刻になっていて、にもかかわらずAppleは出荷時期について約束するどころか予測することさえも拒否しているという。

 これについてはiMac DV Special Editionがいい例で、Appleによれば供給が少ない上、「出荷時期を約束することはできない」のだという。こうした供給状況の問題の原因の推測は、北アメリカにおける高い需要といったことから、スピードバンプに備えた在庫調整といったことにまで及んでいるという。

 もっとも、CompuCentre がApple製品の取り扱いから撤退する理由には、競争相手が増えていることもあげられているようだ。カナダでは昨年、ドラッグチェーンのLondon Drugsなどが新たにMacintoshの小売チェーンとなり、主にiMac、iBookのコンシューマ製品を取り扱っているという。

(カナダでは昨年、通信販売を行おうとした Computer Graphics Warehouse Direct が、同社の公認ディーラー契約をAppleが不当に解除したとして、Appleに対し独占禁止訴訟を起こしている。カナダではApple製品の通信販売はMacWarehouseによる独占状態となっている:参照 ehMac

Updated 21:00 p.m.

@530 ||  Appleは1月にWebサイトを刷新しているが、赤いリンゴマークで表されている「Apple」の部分に注目してみると、「Hiring(Appleで働く)」「Made4Mac(周辺機器やソフトウェアなどのサードパーティー製品を集めたMacintosh製品ガイド)」「Small Biz(スモールビジネスをターゲットにしたサイト)」といったページへのリンクが新たに加わっている。一方、Appleの広告キャンペーンであった「Think different」の文字が見られなくなっている。

Updated 19:25 p.m.

@470 ||  What's new at Apple

iMac Firmware Update 1.6
Battery Reset 2.0


February 13th (Sunday)

Updated 18:55 p.m.

@420 updated@435 : MacOS Rumors ||  今年は「サンフランシスコの焼き直し」とは言わせない!? MOSRの記事を見る限り、来る一週間は(特に日本の)Macユーザにとって輝くばかりの週になりそうな気配だ。

 MOSRに寄せられた多数の情報によれば、Appleは現在Power Mac G4、PowerBook、iBookについて流通在庫を空にしようとしているという。このように在庫を空にしようとしている理由は地域によって異なっているというが、どれも来週にあわせて店頭の棚を空にすることに集中しているようだという。また、世界中の多くの小売店がAppleの代理人から、来週大きな新製品のニュースがあるからそれを待つようにと言われているという。

 また、Appleのストリーミング放送におけるパートナーであるAkamaiは、Steve Jobsの基調講演をサポートするため、東京において追加の設備を確保しようとしていると噂されているという。

 また世界中にある多数のAppleの拠点は、大規模なイベントホールやシアターといったものを用意し、その地の主要な顧客およびパートナーに基調講演の衛星中継やWebでの同時放送を見せるという。少なくともひとつの事件のために、10万ドル以上がこのイベントのためだけに準備に費やされているという。

 MOSRの現在でのMACWORLD Tokyo 予想は以下の通り:

* iBookの366Mhzへのスピードバンプが行われる。Rev.B のチップセットは64MBのRAMがスタンダードになり、ハードディスクも増量される。さらに、オプションでのFireWireポートも噂されているが、可能性はだんだん低くなっているようだ。現在はひとつのモデルで構成されているiBookの製品ラインが、二つまたは三つのモデルになることも考えられるが、これは4から5ヶ月後に行われる次のアップデートまで延期される見込みだという。

* UMA PowerBook G3「Pismo」が、新しいきょう体とともに発表される。このきょう体は“Aquaをナイスなイタリアのスーツに溶かしたようなもの”で、またLombardよりも薄く、はるかに軽くなるという。またスペックとしては、100Mhzのメインバス、400MbpsのFireWire、デュアルUSBバス、RAGE 128 グラフィックス、2x 133MhzのAGP、洗練された14.1インチのディスプレイ、最速500MhzのG3プロセッサを搭載するという。IBM筋からの最近の情報では、Appleはまず供給の問題からPismoを最高450Mhzまでとするというが、500MhzのBestモデルを指摘する読者からのメールも多いという。

* Power Mac G4のスピードバンプ。Rev.2.8のチップにより、製品ラインが、発表当初の400Mhzから500Mhzとなる。

* あるレポートによれば、Jobsが、Appleの第1四半期の業績についてさらなる情報を発表するほか、Mac OS X のスケジュールについて、特に当初2週間前のリリースが予定されていたDeveloper Preview 3に関して、少々アップデートが行われるという。

Updated 14:35 p.m.

@263 updated@273 : MacWIRE ||  iMac Firmware Update 1.6 および Battery Reset 2.0 が配布されている。

▼ iMac Firmware Update 1.6 / Download:Slot-Loading iMac 専用のファームウェアアップデータ。電源管理の向上および、起動時にスクリーンが空白・黒・あるいは緑色になる問題を解消する。なお、AppleのSoftware Updateは、間違ったファイル(古いバージョン)へリンクが貼られているので、注意が必要。

▼ Battery Reset 2.0 / Download:ファミリーナンバーが「M4753」または「M5343」のPowerBook G3およびファミリーナンバーが「M2453」のiBookへのアップデータ。バッテリーがコントロールバーに表示されない、またはメニューバーのバッテリーアイコンに赤の「X」が表示される問題を解消する。

Updated 12:40 p.m.

@190 ||  Macnews.deが、ブラウザ「Opera」のMacintosh版(おそらくプレ・アルファ版)をプレビューしている。ドイツ語だが、スクリーンショットも用意されている。

■ Macnews.de:Special-Report zu dem Opera-Browser

Updated 12:25 p.m.

@183 ||  MacWIREが「どこよりも早いAirMac徹底レポート」を掲載している。

■ MacWIRE:どこよりも早いAirMac徹底レポート

Updated 12:15 p.m.

@170 : MacNN ||  Appleは、一時配布を中止していた Carbon SDK 1.0.2 を再びポストしている。しかしMacNNによれば、新しく配布されたパッケージには、以前含まれていた「Aqua Layout Guidline」(詳細)が含まれていないという。


@173 : MacNN ||  MacNNが、Appleが開設した、Linuxのページ「ppclinux.apple.com」がなくなってしまっている(「サーバの応答がありません」)と伝えている。



Macintosh is the registerd trademarks of Apple Computer,Inc. / Other product and company names mentioned herein may be trademarks of their respective companies. / Any direct or indirect damage or problem caused by this web page is not a responsibility of me. / This web page includes unconfirm information. / This web page requires CSS compliant web browser and is best viewed with Internet Explorer 4.5 or later. If you are using Internet Explorer 5.0 or later, set the default resolution to 72 dpi and default font-size 12pt.
ringoalley@mac.com

Special Thanks to SAMさん、Torioさん、TANICOさん、Shinodaさん、その他たくさんの方々....
このサイトを訪れてくれたすべての人に感謝を込めて
MacとAppleと世界の発展と平和を祈って