Make your own free website on Tripod.com

    January '00 #1

 

もっと古い記事 | ご覧になっているのは 20001 月の記事です |最新の記事


   Jan. 5th

Top News

【Macworld News | @697 updated@175 : MacObserver Macworldは米国時間4日から、オープニングイベント「Warm-Up Rally」で幕を開けた。

 参加したのは、Macworldで行われるカンファレンスのチェアパーソン Paul Kent、コンサルタントの Bob LeVitus、NewMediaやMacCentralで活躍している業界コラムニスト Andy Ihnatko、Macworld.comのエディター Steve Snell、AppleのFinal Cut Proのプロダクトマネージャ Andrew Baum、ライターでコンサルタントの Sandee Cohenの6氏。

 このプレイベントの様子を、Mac Observerがレポートしている。

 プレイベントの中で、恒例ともなった観衆への質問(アンケート、質問に手を挙げてもらうタイプ?)が行われた。その結果、こんなことがわかったという:

* WindowsとBill Gatesを悪だと思っている人:100パーセント
* iMacあるいはiBookを持っている人:50パーセント
* Mac OS 9を使っている人:75パーセント
* 円形マウスを嫌っている人:100パーセント

 また、「明日Steveは何をしゃべると思うか」についての質問では:

* 17インチiMac
* Mac OS Xのコンシューマーバージョン
* Mac OS 9.01/9.1
* QuickTime 4.1
* 新しいキーボードとマウス
* 新しいPowerBook
* マルチプロセッサのG4

■ Mac Observer:Warm-Up Rally hints at 17" iMac, Updates to MacOS, and Confirms that Users Hate The Round Mouse

Updated 15:45 p.m.

【@318】 ZDNetのコラム「Anchordesuk」で Jesse Berst は「2000年代に注目すべき人物,去り行く人物」と題した記事の中で、Steve Jobs を Bill GatesやAOLのMarc Andreesen らとともに「もはやどうでも良い人物」としている。

Updated 13:47 p.m.

【@232 : The Powerbook Zone PowerBook Zoneは、Pismoについて、ツーボタンマウスはなく、キーボードが光るといったこともなく、発売はしばらくあとになると伝えている。

Updated 10:00 a.m.

【@075 : MacOS Rumors MOSRが、今回のMacworldでは、Mac OS X関連ニュースでは何が期待できそうか伝えている。

 MOSRの最も信頼できる情報筋は、Mac OS X Server 1.2の発表がようやく行われると示唆したという。Server 1.2には、新しいカーネルやBSDレイヤー、Power Mac G4などへのサポートが搭載される。

 加えて、SteveはMac OS X Consumerのリリースについても語るとみられる。MOSRによれば、リリース時期についても聞くことができるかもしれないというが、しかし「今年中旬のリリースにむけて努力している」といった類のごく曖昧なものになるようだ。SteveはMac OS X Consumerのリリース時期や特定の機能、ハードウェアのサポート範囲などでAppleが束縛されないよう、慎重になっているようだ。


【@077 : Accelerate Your Mac! AdobeはAfter Effect 4.1用の、Velocity Engine(AltiVec)プラグインをリリースしている。

■ Adobe:Adobe After Effects - Power up with the Velocity Engine plug-in.


【@079 : MacInTouch MacInTouchによると、NewTekは、3Dアニメーションツール、LightWave 6 のMacバージョンを$2,495で今四半期中にリリースすると発表した。

Updated 1:00 a.m.

【@698 : The Powerbook ZoneO'Grady's PowerPage 交錯するPismoの情報。でも真実はあともう少しで明らかになる・・・。

 PowerBook Zoneは、Pismoについて、イルミネーション付きのキーボードはなく、またPismoが現在生産されているといったことは断じてないとしている。

 またPowerPageは“「C」で始まって「A」で終わり、あいだが「OMPUS」のコンピュータ小売店”からの情報として、Lombardは在庫管理システムで「pre-discontinued(生産中止)」を示す「DO1」になっていたという。またPismoは噂によれば、1月の最終週または2月の最初の週までに店頭に並ぶという。


【@705 : MacCentral Netscapeのテクニカルスタッフ、Steve Dagleyによれば、先週“リリース”されたCommunicator 4.71は正式なものではないという。

Updated 1:00 a.m.

【@695】 TIL picks

NEW 26201 Apple DVD Player 2.0について

NEWS LINKS | SOFTWARE | ARCHIVES | QUICKPOLL | FEEDBACK


   Jan. 4th

Updated 0:43 p.m.

【@183 : MacNN Flashに対抗するAdobeの「GroundZero」プロジェクトについて、MacNNに1人の読者が情報を寄せている。

 それによれば、GroundZeroは“Illustratorの一部分が組み込まれたAdobe After Effect”のようなものだという。また現在アルファ版で、.swf ファイルの書き出しも可能だという。“MacromediaはFlash 5にすごい機能を搭載した方がいい、そうしなければ、Adobeは確実にハイエンドのWebアニメーション分野を奪うだろう・・・Flash 4にある「ささいなことに いやにやかましい」扱いにくい部分がすべてなくなっている、そしていくつかのパワフルな機能が追加されている、たとえばテキストオブジェクトを扱うのにすべての文字を選択してグループ化するといったことが必要なくなっている・・・”

Updated 11:00 a.m.

【@117】 アップルのWebサイトからは、iMovie用の背景画像やサウンドエフェクト、ループ音楽などが無料でダウンロード可能になっている。

■ Download:iMovie素材集

Updated 10:40 a.m.

【@085 : MacOS Rumors MOSRが伝えるMacworld予想はというと:

▽ Pismo:PowerBook Zoneは否定的な見方をしているが、MOSRの予想は「すぐに発売することができないにしても(UMAチップセットのおかげで可能だと考えているが)、少なくともこのパワフルなマシンの発表とプレビューを行う」という。

▽ iBookの新バージョン:iBookのバージョンアップが計画されているのは確かだが、Macworldではないようだ。このバージョンアップされたiBookには、366Mhzプロセッサ、64MBのSDRAM、6GBのUltraDMA HD、パワーマネジメントがアップデートされたRev.Bのマザーボード、新しいEthernetコントローラが搭載されているという。

▽ 「Mystic」マルチプロセッサG4:これも可能性は少ないようだ。現在まだMotorolaやIBMがG4プロセッサの生産を増加させようとしている途中で、Rev.2.8チップもまだ生産の準備ができていない状態のため、AppleがG4チップの供給にこれ以上依存するのにはまだ早いという。

▽ AppleブランドのISP:AppleとアメリカのメジャーなISP(情報筋によればおそらくEarthlink)は、発表の準備ができているという。しかしうわさによれば、Earthlinkの計画中のDSLネットワークを活用するためにAppleはすべてのMacにオプションでDSLモデムを提供することを計画しているといい、発表はまだ数カ月かかるというEarthlinkのネットワークの完成を待ってからになるようだ。

▽ 新技術:Apple筋によれば、Appleはデベロッパに対し、2000に採用される新技術についての情報を明らかにするようだ。これには800MbpsのFireWire、4x AGP、DDR(Double Data Rate)SDRAM、PC133 SDRAM、133Mhzのメインバスなどが含まれるという。

▽ ColorSyncの復活:又聞きの情報によれば、AppleはColorSyncチームに新しい開発者を見つけ、開発を再開しているという。この情報が本当なら、AppleはついにMacworldでColorSyncの将来について語ることができるかもしれないという。この新しい情報によれば、Appleの新世代デジタル液晶ディスプレイとのタイトな統合やアプリケーションがColorSyncを使ったカラーマネジメントを統一するための新しいフックなど、印象的な新機能があるとされているColorSync 4.0は、Macworld New Yorkでリリースされるかもしれないという。

▽ 記録破りなホリデーシーズンの売上げ:Appleは(特にコンシューマラインで)このホリデーシーズンにめざましい売上げがあったという。

Updated 0:47 a.m.

【@695 : MacInTouch Microsoftのダウンロードセンターには「Internet Explorer 5 Macintosh Edition」がリストされているが、現在まだダウンロードはできない。

Updated 0:00 a.m.

【@643 : O'Grady's PowerPage MacworldでのPismoの発表については、PowerBook Zoneが懐疑的な見方を示しているが、PowerPageは、Pismoが発表されるとの立場にあるようだ。PowerPageが伝えるPismoの追加情報は:

 Pismoは、イルミネーションの施された(あるいはそれ自身が光る仕組みになっている)キーボードを搭載し、またファンクションキーもフルサイズのものが初めて使われるという。またAppleは新しい「Pro」USBキーボードとマウスを発表するという。

 またPowerPageに寄せられた情報によれば、Pismoにはツーボタンのトラックパッドが搭載されるかもしれないという。もしそうなった場合には、Appleの新しいUSBマウスにもツーボタンのコンフィグレーションのものがあるだろうという。

 またAppleは、IBMの「ViaVoice」をすべてのPowerBookにバンドルする見込みだという。

 またHarman Karbonにより、Pismoのサウンド機能は大幅に向上し、少なくとも3/4インチの円形のハイレンジスピーカの搭載が望めるという。

 PowerPageによれば、Pismoの生産は既にQuantaにより台湾で始まっているという。またPowerPageの情報筋によれば、DVTやEVTモデル(テストモデル)にはカラーのプラスチックは使われていなかったという。Steveはビジネスユーザをキープしておくために、このマシンをブラックにしておいたのだと、語られているという。

NEWS LINKS | SOFTWARE | ARCHIVES | QUICKPOLL | FEEDBACK


   Jan. 3rd

Updated 16:15 p.m.

【@320 : PowerBook Zone PowerBook Zoneが、Macworld Expo 2000を予想。

▽ Pismo(可能性は30パーセント):初代iMacのときと同じように、JobsがPismoを「プレ・アナウンス」する可能性はあっても、発売が始まるのは早くても2月中旬。

▽ Mystic(可能性は70%):デュアルG4プロセッサのPower Mac、MysticはMWSFでの発表が見込まれている。現在のMac OSでは、マルチプロセッサでできることに制限があるが、PhotoshopなどのアプリケーションやMac OS X Serverでは恩恵を受けられるだろうという。

▽ Graphite iBook(可能性は20パーセント):iBookはやっと市場に出回り始めたばかりで、故にAppleがiBookをアップデートしたり新しい色を追加する可能性はないとPowerBook Zoneは見ている。

▽ 17インチiMac(可能性は50パーセント):Graphite iBook同様、もしこれが発表されればAppleInsiderの予想どおりということになる。しかしこれが発表されても、製品が完成するのは1月終わりとされているので、見込みははっきりしていない。

▽ Mac OS X(可能性は100パーセント):Mac OS Xの完全な発表が今行われると考える人はほとんどいないが、Jobsは初夏に行われるMac OS Xの発表前の最後のエキスポを、このモダン化されたOSへの興味や関心をかき立てるために利用するという。またJobsは、彼の習慣どおり、Mac OS Xへのサポートを約束させるために、テクノロジー業界の著名人を登場させるという。基調講演では何らかの「驚き」もあるという。

▽ その他の予想:Jobsはほとんどのデモに22インチのCinema Displayを使い、新しいゲームもいくつか紹介され、財政状況のヒントも語られるだろうとしている。

Updated 0:45 a.m.

【@688 : MacNN QuickTime 4.1(昨日の記事参照)について、MacNNに寄せられた情報によれば、この新バージョンで、Power Mac G4やiMac DVでのDVDの音ズレの問題で変化が見られるという。

 それによれば、Power Mac G4やiMac DVで、DVD-ROMの再生時にビデオとサウンドがずれる問題で、QuickTime 4.1に含まれるサウンドマネージャでは、今まで実際に俳優がしゃべるのより遅れて聞こえてきたセリフが、QuickTime 4.1 では俳優の口が動く前にセリフが流れるようだという。

 またこの情報を寄せた読者は、アップデートの結果システム全体で音が良くなったような気がするとしている。

NEWS LINKS | SOFTWARE | ARCHIVES | QUICKPOLL | FEEDBACK


   Jan. 2nd

Top News

【@351 updated@434 : MacNN Update MacNNに寄せられた情報によれば、QuickTime インストーラをダウンロードし、インストーラで Web Proxyを「ftp.euro.apple.com」に設定すると QuickTime 4.1 がダウンロードできるという。

QuickTime 4.1


 RingoAlleyではこの情報を確認することができた。ダウンロード、インストールも問題なく行うことができた。

 付属のReadmeによれば(また昨年のQuickTime Live! で発表されたように)、QuickTime 4.1での新機能は:

* VBR(Variable Bit Rate)MP3ファイルのサポート
* QuickTime PlayerでのAppleScriptのサポート
* 改良されたhttpナビゲーションにより、組織内のクライアントでストリーミングが向上した(ファイアウォールやプロキシ?)
* SMILにより、複数のムービーのプレイバックが可能

 QuickTime 4.1はPowerPC、Mac OS 7.5.5以降、OpenTransport 1.2以降、16MB以上のRAMが必要。

 入手できたバージョンは(カントリーコードが)アメリカの正式なバージョンのようだが、Appleからリリースについて公式な発表はされていない。Macworldで発表されるのかもしれない。

Updated 16:15 p.m.

【@128 : Accelerate Your Mac! あれ、Apple.com で「2000年問題」?

 Accelerate Your Macによれば、Apple のWebサイトで、日付(西暦)が「20100年」と表示されていたという。日付の表示は現在サイトから削除されている。

NEWS LINKS | SOFTWARE | ARCHIVES | QUICKPOLL | FEEDBACK


   Jan. 1st

Updated 14:27 p.m.

【@265 : Apple eNews】 Apple eNews Japanによれば、“最新の情報とMacを活用した新しい生活スタイルを提 案する”テレビ番組「マックマニア」が放映される。

 放送は2000年1月8日土曜日の22:00から一時間。チャンネルはSKYPerfecTV!のMONDO21ch(279ch)とDIRECTVのMONDO21ch(624ch)。

放送内容:
・アップルコンピュータ原田社長とMac Fan滝口編集長による新春対談
・Mac Fanインフォーメーション
・Mac噂の真相
・MacでCG美少女を創ろう
・Macを素敵にカスタマイズ

Updated 14:23 p.m.

【@250】 あけましておめでとうございます。新世紀への大きなステップとなる、なってほしい西暦2000年。Macintoshの世界ではどんなことが起こるのか、MacCentralはこんな予想を掲載していたので、紹介すると:

● シェアが12から15パーセントになる
● New Yorkでの夏のMacworld Expoで、AppleはMac OS Xをリリースする。そしてちょっとした失望となる。しかしユーザはしばらく後にこれがMac OSにとって大きな前進であることを実感する
● どの四半期もAppleは利益を計上する
● Appleが他の企業に買収されることはない −だからAppleとPixarとDisneyがひとつになるといったような憶測は忘れよう
● Steve Jobsは少なくともひとつのショーで、「ああ、忘れていた・・・」のセリフを言わず、ユーザはそれにショックを受ける
● Palmとの連携によるAppleブランドのPDAが出る。だけど春以降
● Appleのインターネットポータル
● CorelがWordPerfect OfficeのMac OS Xバージョンを出す
● AppleはようやくHyperCardをアップデートする

“そして筆者のようなお気に入りのMacジャーナリストに、22インチCinema Displayを含め、すべてのハードウェア、ソフトウェアを無料で送ってくれる −これは、予想ではなく、夢想に過ぎないけれど”

■ MacCentral:Top 10 Mac predictions for 2000

Updated 13:07 p.m.

【@196 : About.com About.comによれば、AdobeはMacromediaのFlashの対抗製品を開発しているという。

 それによれば、AdobeはベクトルアニメーションにおけるMacromediaの優位を崩すことを目標に、「GroundZero」と呼ばれるプロジェクトを始めているという。Flashの有利な点には、NetscapeやExplorerなどのブラウザにFlashプラグインが標準でバンドルされていることだが、AdobeはFlash形式のファイルの読み書きも可能にすることで、Flashプラグインが「GroundZero」のアニメーションを表示できるようにすると噂されているという(.swf形式に書き出すには、Flashが必要となるという)。


【@205 : AppleInsider AppleInsiderが、Macworldでデモが予想され、1月中にリリースされるだろうというInternet Explorer 5.0について追加の情報を伝えている。

 ベータ24になっているというInternet Explorer 5.0は、CSS 2.0もサポートする「Tasman」とよばれる新しいレンダリングエンジンを搭載するほか、「オークションマネージャ」などの新機能が追加される。

 それ以外にも、生産性を向上させる機能として、command+shift+~ でアクティブなウィンドウをかえていく「ウィンドウ・サイクリング」が搭載されているほか、WebページのほとんどすべてのエレメントがTabキーで選択可能になっているという。

Updated 3:15 a.m.

【@788 : AppleInsider AppleInsiderが、Appleのブランドとロゴの変更について伝えている。

 それによれば、Appleロゴは、レインボーカラーから無地になり、エンボスがかかっている。この「宝石のような」ロゴはiMacの5色(5種類)ある。しかし驚くべきことに、6番目の色、グラファイトのものはない。

 またAppleは、名刺などのデザインも変更したという。

 Appleはこの新しいロゴについて、厳しい使用ガイドラインを作ったという。Appleは最近「Interim Corporate Identity Guidelines Sheet for Resellers」をアップデートし、Appleだけが新しいロゴをプロモーション用に使えるようにしたようだという。リセラーが使えるのは赤または黒の、3D化されていない無地のAppleロゴだという。

 また、このInterim Corporate Identity Guidelines Sheet for Resellersの中でAppleは新しいロゴについて次のように述べている:“オリジナルデザインの乱雑な部分を変え、色と光の使い方をアップデートしました。言い換えれば、Apple製品を間違いない物にしたスタイルとイノベーションのスタンダードをロゴにも使ったのです。レインボーのストライプの変わりに無地の色を使い、一色だけでなく、あらゆる利用に適するよう、パレットのように何色かのロゴを作りました。無地の色はAppleロゴの変わることのない形を目立たせています”

Updated 2:47 a.m.

【@763 : AppleInsider AppleInsiderによれば、PismoはMacworldと同時リリース、というわけにはならないようだ(PowerBook Zoneも同様の内容を示唆している)。たとえMacworldで見ることができたとしても、手にすることができるのは先のようだ。

 AppleInsiderによれば、Pismoは当初12月20日までに完成し、台湾で生産が始まるとされていたが、ケースの下部の形をそこなってしまうヒーティングの問題などがあり、またPismoプロジェクトの情報筋によれば、ハードウェアはまだ完成しておらずあと少なくとも30日はかかるという。

 情報筋によれば、結局Pismoは400Mhzと500Mhzのコンフィグレーションになり、100Mhzのシステムバスを搭載する。またポート類は12MbpsのUSBがふたつとFireWireがふたつ、VGAとS-Video出力など。またイルミネーションが施された、トランスルーセントのキーボードの下にはAirPortカードスロットがあるという。IrDAも搭載されるという。

 グラフィックではATI RAGE 128を使い、64または128MBのSDRAMを搭載するほか、標準でDVD-ROMがあるという。またPCカードスロットも一つ装備している。ステレオスピーカも改良されているという。またクーリング用ファンがないとする情報筋もあるという。

 Pismoのプロトタイプには、木炭のようなブラックと、新しいトランスルーセントの物があるという。情報筋によれば、グリップ用に浮き模様の付いた部分があるグラファイトのトランスルーセントのパネルを使ったプロトタイプをAppleは多くシードしたという。このトランスルーセントの度合いは、iMac DV Special Editionのそれと同じ程度で、ホワイトのAppleロゴが光ると、そのまわりのトランスルーセントパネルも照らされて光るという。またラッチもなく、ディスプレイを開くとスリープから復帰する仕組みになっているという。

 Pismoのケースにハンドルはないが、情報筋によれば、そのかわり手にフィットするよう持つためのギザギザがついているという。

 サイズと重さだが、数オンス軽くなるが、大きさはほとんど変わらないようだ。

 AppleがPismoをMacworldで発表するかどうかははっきりしていないというが、PowerBookの販売状況は他の製品に比べ芳しくないため、プレオーダーを取るためにプレビューが行われるかもしれないとAppleInsiderは伝えている。

Updated 22:30 p.m.

【@587 : MacNNMacInTouchc|net AppleのOpenTransport Tuner 1.0について、MacNNやMacInTouchのレポートページには、PPP、DSLモデム、AirPortなどでインターネットに接続できなくなったという問題が多数報告されているが、これらは普遍的なものではないようで、問題なく使えているユーザも多いようだ。

 MacInTouchでは、OT Tuner 1.0には、メモリマネジメントの問題があるのではないかと推測している。コンフリクト・キッチャーで、OT Tunerを最後の方にロードするようにしたらうまく動作するようになったという報告が寄せられている。またコンフリクトキャッチャーはOT Tunerについて、必要されている以上のメモリヒープを使っていて問題を起こす可能性があると報告するという。

 また、同じくMacNNやMacInTouchの読者によるレポートページに寄せられていた情報によれば、Mac OS 9 CD-ROMにある「TCP/IP Options」というコントロールパネルでも、OT Tunerと同じ事をできる(「IP Path MTU Discovery」を使用しない設定にする)という。

 Appleは、このパッチは、DSLなど常にインターネットに接続している状態のユーザにのみ必要なものであると説明している。今回問題になっているMacintoshを利用したDOS(Denial of Service)では、ハッカーは利用するMacintoshのIPアドレスを知る必要があるため、IPアドレスが毎回変化するダイアルアップ接続などの場合、OT Tunerは必要ない。

 AppleのPhil SchillerがC/netで語っているところによれば、普通ネットワークの設定変更はすぐに反映されるが、このOT Tunerを使用している場合、ネットワークの設定を変更したあとは、再起動が必要だという。Schillerによれば、この問題は将来のバージョンによって修正されるという。

 ただし、OT Tunerに関しては、スリープからの復帰後にネットワークが使えないといった問題も報告されている。

NEWS LINKS | SOFTWARE | ARCHIVES | QUICKPOLL | FEEDBACK

 
 
 
 

Macintosh is the registerd trademarks of Apple Computer,Inc. / Other product and company names mentioned herein may be trademarks of their respective companies. / Any direct or indirect damage or problem caused by this web page is not a responsibility of me. / This web page includes unconfirm information. / This web page requires version 4.x of Netscape or Explorer.

Special Thanks to SAMさん、Torioさん、TANICOさん、Shinodaさん、その他たくさんの方々....
このサイトを訪れてくれたすべての人に感謝を込めて
MacとAppleと世界の発展と平和を祈って