Make your own free website on Tripod.com

  最新の記事もう少し古い記事 |この記事は、 2001 年 1 月の記事です
January #1

December 31st (Sunday)

Updated 12:15 p.m.

@172 ||  アップルはTech Info Libraryで、Power Mac G4 Cubeの電源スイッチの不具合と発煙問題について公式に認めている。

 アップルによると、この電源スイッチの不具合は「ある部品の不良」によって発生するもので、この部品を使わないよう既に製造工程に変更を加えている。この不具合により「強い異臭や煙」が発生することがあるが、「お客様の安全上の問題に繋がる恐れはありません」という。

 「アップルは、お客様や販売店の皆様からのお問い合わせにお応えしてまいりますと同時に、この不具合が生じたお客様には、集中リペアセンターにおいて迅速な修理対応をさせていただきます。ご利用の G4 Cube にこの不具合が生じた場合には、アップルコールセンターの G4 Cube お客様専用窓口「電話番号:0070-800-900-900(通話料無料)」までご連絡くださいますようお願いいたします」

 ただし、年末年始につき、修理のための製品引き取りは来年1月5日以降となる。G4 Cube お客様専用電話窓口の年末年始(1月1日から3日)の営業は午前10:00から午後4:00まで(それ以外は午前9:00から午後5:00)。

■ アップル:Power Mac G4 Cube: 電源スイッチの不具合について


December 30th (Saturday)

Updated 12:30 p.m.

@161 : Accelerate Your Mac!MacCentral ||  昨日お伝えしたとおり、Newer Technologyは業務を停止し、従業員の大半をレイオフしている。Newerは来月8日に株主総会を開いて株主の承諾を得た後、破産を申請する。

 1,400万ドルの負債を抱えていたNewerは今年の2月末に、Newer製品の製造を行ってきたシンガポールのTri-M Technologiesと提携を結んで業務を続けるための無担保融資を受けた。この際、Newerの債権者の大勢は2001年2月まで過去の負債の返済要求をしないことに同意した。

 Spectrum Engineeringとして1984年に設立されたNewerは、メモリ製品や周辺機器、そしてMac用のCPUアップグレードカードを製造・販売してきた。Power MacのプロセッサアップグレードカードやG3アップグレードカード、NuBus MacやiMac用のアップグレードカードを最初に実現したことで知られている。

 Newerの戦略開発及びエバンジェリズム担当前副社長 Roger Kasten はMacCentralに対し、「この会社は長い間この事態を避けるためにもがいてきた」と語った。

 NewerのCFO、Dennis Huffman は今月はじめにMacCentralに対し、Newerが破産するとの噂を否定していた。しかし情報筋によると、Newerは数週間にわたって他の多くのCPUアップグレードメーカーに対しNewerの売却について非公式な会合を続けていたという。しかし他社への売却はうまくいかず、結局破産申請することになったようだ。

 MacCentralによると、Newerは1月のMacworldに出展するためのブース料をIDG World Expoに支払っていたという。

 Roger前副社長は、Accelerate Your Macに、Newerの過去において“ポジティブな出来事”であった様々な人たちや製品に対して、感謝をつづったお別れの手紙を掲載している。

 日本のCPUアップグレードカードメーカー、インタウェアも今月破産している。500Mhzを超える高速なG3、G4プロセッサがなかなか登場していないことや、Appleの製品が低価格になっていることなどが、こうした企業に影響を与えたと見られる。


@181 : Accelerate Your Mac!MacNN ||  一方、同じCPUアップグレードカードメーカーのPowerLogixは好調なようだ。

 PowerLogixは、Macintosh用プロセッサアップグレードカードの売り上げは今年、昨年に比べて50パーセント増加したと発表、2001年の売り上げは2000年に比べて400パーセント増加すると見込んでいる。またSilicon Valley Bank から製品開発のための資本が得られたといい、PowerLogixは来るMacworldでも新製品を発表する。

 またXLR8は、Accelerate Your Macに対し、Macworldで「MPe」ZIFアップグレードカードや「CarrierZIF 2/MPe」アップグレードカードを展示することを明らかにしている。

Updated 11:30 a.m.

@143 : MacFixIt ||  AdobeのFTPサーバにアップロードされたIllustrator 9.0.2であるが、AdobeのWebサイトはまだ更新されていない。またMacFixItには、「Illustratorには公式な9.0.2のアップデートはない」とAdobeから伝えられた、との読者からの情報も寄せられている。


@142 : The Powerbook Zone ||  昨日のPowerBook ZoneのMercury予想について、G4プロセッサではなくG3プロセッサが搭載されるとお伝えしたが、PowerBook ZoneはMercuryには確かにG4プロセッサが使われると考えている。しかしMercuryでの最大の改良点は、パフォーマンスではなくその驚くほどの薄さになるという。


December 29th (Friday)

Updated 14:24 p.m.

@255 : MacInTouch ||  AdobeからIllustrator 9.0.2がFTPサーバにアップロードされている。Webサイトの方はまだ更新されていない。MacInTouchにAdobeのTed Alspachから寄せられた情報によると、このアップデートには次のものが含まれている:

* Photoshop 6.0 コンパチビリティ プラグイン
* G4において、アンカーポイントの追加ツールやはさみツールがカーブの間違ったところにアンカーポイントを追加したり、まちがってカーブを切ってしまう問題を解消
* 保存する前に複製のブラシが削除された場合に、ファイルの保存に問題を起こす不具合を解消

■ Download:Adobe Illustrator 9.0.2


@258 : MacNN ||  iCab Preview 2.3がリリースされている。Mac OS X バージョンもある。主な変更点:

* アイドル時にリンク先のページをバックグラウンドで読み込む「Prefetch」機能
* JavaScriptの対応を改良
* Mac OS X Public Betaでの安定性を向上。UFSボリュームにも対応

■ Download:iCab Preview 2.3


@263 ||  iBook(FireWire)Battery Update 1.0がリリースされている。日本語版。

 FireWireポート搭載型のiBookでバッテリを充電するときに起きる問題を解決する。Mac OS 9.0.4がインストールされているiBook(FireWire)用。

■ Download:iBook (FireWire) Battery Update 1.0


@265 : MacCentral ||  SunのStarOfficeに関するFAQが更新され、Mac版StarOfficeについて「2001年夏までのリリースを目標にしている」と記載されている。


@261 : MacNN ||  LinuxPPC 2000 Q4がリリースされている。このバージョンにはFWBのHard Disk Toolkit PEが付属している。yaboot と miboot ソフトウェアの最初のグラフィカルバージョンも含まれている。

■ LinuxPPC:LinuxPPC 2000 Q4

Updated 13:30 p.m.

@216 : MacNN ||  MacNNによると、Newer Technologyが業務を中止し、従業員の全部もしくはほとんどをレイオフしているという。従業員にはこの決定が郵便で28日伝えられたといい、従業員は2週間分の退職手当と1カ月分の健康管理が受けられる。Newer Technologyのオフィスは年末年始の休暇で閉ざされており、電話も「1月2日が仕事始め」との録音テープを繰り返しているのみだという。


@221 : The Powerbook Zone ||  PowerBook Zoneが、Mercuryについて「知っていること」を伝えている。それによれば、Mercuryには電力を消費するがそれほどパフォーマンスを向上させないPowerPC G4ではなく、PowerPC G3が搭載され、驚くほど薄くなるという。

 きょう体はこれまでとやや違ったものになるが、Cubeの不振などを考え、Pismoの基本的なコンセプトからは大きく変わらないという。

 製品ラインはこれまでと変わらず2,500ドル台と3,500ドル台の2機種で、AirPort、USB、FireWire、VGA出力、56Kbpsモデム、100Mbps Ethernetなどがこれまで通り搭載される。また、PB Zoneは発表と同時に発売されることも疑問視している。

 “うわさ業界ではベテラン”を自負するPowerBook Zoneは、社内機密を漏らしたことでAppleが従業員を提訴した事件以降、うわさ話が完全にストップしたと指摘している。「ほぼ間違いなく他の誰よりも私たちはうわさ話が好きだが、うわさ話はAppleにとって少しもいいものではないというのが厳しい現実だ」


December 28th (Thursday)

Updated 13:32 p.m.

@227 : Mac OS X Hints ||  Mac OS X Hintsで、Harman KardonのSoundsticksをMac OS X で使う方法が紹介されている。

 /System/Library/Extensions にある「AppleScreamerAudio.kext」というファイルをリネームするなどしてこのファイルを使わないようにすればいいという。この作業をTerminalから行うには次のようにする:

> su rootユーザに変更
> cd /System/Library/Extensions/
> mv AppleScreamerAudio.kext AppleScreamerAudio.bak ファイルをリネーム
> exit
> exit

Updated 12:45 p.m.

@176 : MACお宝鑑定団 ||  MACお宝鑑定団によると、アップルのPower MacのTechExchangeで、一時新規トピックの作成ができなくなっていたようだ。

 現在は再び書込可能になっているが、次のような注意が掲載されている。

 「Tech Exchange は技術的な問題を対象にディスカッションする場としています。アップル社のポリシー等に関する議論、今後のアップルの決定についての憶測、未発表製品についての質問や修理手順に関する問題などはこのフォーラムでは適切ではありません。技術情報に直接関係のない単なる苦情や中傷的な内容のポストもこのフォーラムにはふさわしくありません。このようなフォーラムの趣旨に合わない内容のポストは、ディスカッションボードから削除いたします。その点ご理解の上、このフォーラムをご利用ください。なお、ご意見・ご要望に関しては、 Tell Us をご利用ください

Updated 11:45 a.m.

@138 : Go2Mac.com ||  Go2Macが「Mercury Week」の2日目を伝えている。

 それによると、Mercuryではサウンド関連の機能も大きく変わるという。今年のWWDCでも大きく取り上げられていた「Dolby 5.1」標準と互換性のある新しいオーディオシステムが搭載されるほか、ステレオスピーカーも現行のPismoに比べて大きく改良されているという。

 またAppleはSoundBlasterをデスクトップのMacに実装するためにCreative Labsと緊密な作業を行っているという。

 このほかMercuryでは、iBookと同じようにオーディオ入力用のミニジャックがなくなっていて、オーディオ入力はUSB経由で行うようになっているという。これは「Macintosh互換」のUSBやFireWire周辺機器を増やすねらいがあるという。


@146 : AppleInsider ||  AppleInsiderの情報筋によると、Appleは来月Power Mac G4の新シリーズを発表する計画だという。

 この新ラインナップは最高650Mhzで、デュアルプロセッサのコンフィグレーションになっている。しかしAppleのチップサプライヤー内部の信頼できる情報筋は「V'Ger」とよばれるG4のメジャーアップデート版の量は需要にこたえられないかもしれないと警告しており、PowerPC 7410チップ(PowerBook G4のプロトタイプでテストされているものと同じ)のオーバークロック版を使うことになるという。

 V'GerはPowerPCプロセッサのスピードを600から800Mhzにすると見込まれ、銅配線により現行のG4チップよりも発熱量が少ない。また、AltiVecを2つ搭載しているのも特徴だ。

 今年始めには、2001年最初の四半期にV'GerをベースにしたPower Macを出荷するためのAppleへのV'Gerチップのサンプル出荷に向けてMotorolaは順調に進んでいるという予測もあったが、情報筋によると、現在MotorolaのV'Gerチップ出荷の目標は来年6月だという。

 V'Gerのあとには、「Goldfish」という名称を持っていた「Apollo」というコードネームを持つチップが続き、これはApple最初のクワドプロセッサモデルのベースになるという。情報筋によれば、クワド1Ghz(計4Ghz)のPower Mac Quad G4を2002年始めまでにデビューさせるのが目標だという。


@155 ||  Appleが「Power Mac G4 AGP Update」をリリースしている。北米英語版。Mac OS 9.0.4以降が必要。Power Mac G4のRage 128 Proグラフィックスカードの信頼性を向上させるという。

■ Download:Power Mac G4 AGP Update


December 27th (Wednesday)

Updated 18:28 p.m.

@425 : Mainichi Interactive ||  Power Mac G4 Cubeの発煙事故について、毎日新聞が続報を伝えている。アップルは26日、Cubeの電源トラブルの改善策と発煙事故の関連を調査していることを明らかにしたという。

 それによると、アップルは発煙の1事例について「スイッチボード上のコンデンサC2が発熱して、電解物質が気化したために発煙と思われるような現象が起きた」と説明しているほか、他の事例の原因については、電源のオン・オフに関するトラブルについての製品改良と発煙との関係を調査しているとした。

 一方事故防止についての取り組みについては、ユーザに対する情報提供の予定も含め今後の対策は調査中、検討中と回答している。

 また、「けが人や火事は発生しておらず、今後も発生しないと確信している」とも話しているという。


@432 ||  アニーズクラフトは、iMacやPower Mac、PowerBookの恒例の特価販売を29日まで行っている。「購入された方には、アニーズでExpo/Tokyoで発表するソフトウェアのベータテストをお願いします」とのこと。Macworld Expo San Franciscoで新製品が発表された場合は、そちらに変更することもできるという。

アニーズクラフト

Updated 15:49 p.m.

@307 : Think Secret ||  Think Secretによると、現在プレビュー版が出されているQuickTime 5の正式版が、Macworld San Franciscoで発表される可能性が高いという。正式版には「Sound Fonts」という、MIDI関連の新機能なども含まれているという。


@309 : Go2Mac.com ||  Go2Macが、MercuryことPowerBook G4に関する連載「Mercury Week」をはじめている。

 その第1回によると、MercuryにはこれまでのPowerBookに搭載されていた拡張ベイがなくなり、右側にスロットローディングのDVD-ROMが固定され、またバッテリーがiBookのように底部に取り付けられているという。

 拡張ベイをなくすことで、エンジニアリングにかかる時間とコストを削減したほか、1.5インチ(約3.9cm)以下という薄さを実現したという。


@315 ||  BARE FEATSが、デュアル500MhzのPower Mac G4と、1.4GhzのPentium 4と1GhzのAthlonを比較している。

■ BARE FEATS:Power Mac G4 Dual 500 versus Pentium 4 versus Athlon


@317 : MacDirectory ||  20日にMacNews Brasilは、Apple Brazilの暫定ゼネラルマネジャー Marinaldo Azevedo が、Appleがブラジルに工場を設置する計画を明らかにしたと伝えた(20日記事参照)。これについてApple Latin Americaのマーケティングマネジャー Fernando del Granado はMacDirectoryの取材に対し、これはMacNews Brasilの誤った引用であったと認めている。MacNews Brasilも訂正をWebサイトに掲載しているという。


December 26th (Tuesday)

Updated 16:30 p.m.

@346 : BizTech ||  BizTechが、パソコンメーカーの年末年始の個人向けサポート態勢をまとめている。

アップルについては:

▼ 電話サポート[アップルコールセンター] (0070-800-27753-1)
1月1日から3日は休業。AppleCareによると、年内は12月31日午後5:00まで、年始の受付開始は1月4日午前9:00から。

修理受付についても、1月1日から3日は休業となっている。

 年末年始も休まず電話サポートを行う大手メーカーはNEC、ソーテック、ソニー、デル、富士通。特に富士通は、修理受付についても休業日なしで対応している。


@350 ||  MacWIREが、開発中の「EGBRIDGE 12」Mac OS X バージョンのスクリーンショットを掲載している。


@353 ||  NHKは、26日からWebサイトでニュース配信を開始している。政治、経済、社会、気象情報など7ジャンルのNHKニュースがRealPlayerで見られる。

NHK

Updated 15:45 p.m.

@305 : Mainichi Interactive ||  Power Mac G4 Cubeが突然発煙するという事故が相次いでいることについて、毎日新聞が伝えている。アップルは毎日新聞に対し、発煙の事実を認め、パソコンの交換に応じていることを明らかにしている。

 記事の中では、発煙事故についていくつかの事例が記されている。

 アップルのマーケティング本部は毎日新聞の取材に対し「発煙と疑われる現象の報告を、複数受けている」と説明したという。発煙事故のうち一件については「電源に関わる部品の一部が発熱し、電解物質が気化したため」としているが、その他の事例や今後の対策については調査中、検討中だという。

 通産省機械情報産業局電子機器課は「同一機種から発煙が相次いでいるとすれば、かなりまれなケースだ」と話しているという。


@310 : AppleInsider ||  Appleは2月、Mac OS X だけでなくMac OS X Serverの新バージョンも発表すると、AppleInsiderが伝えている。

 情報筋によると、開発中バージョンのMac OS X Serverは、インターフェースデザインやユーザエクスペリエンスについてはMac OS X Betaを思い出させるものになっているという。そしてCarbonベースのAppleShare IPから移植してきた新しいネットワーキングアプリケーションのセットが含まれているという。

 AppleShare IPのすべてのコンポーネントがMac OS X Serverの新バージョンに含まれるわけではないというが、核となるアプリケーションについてはすでに移植が行われ、正しく動作しているという。「荒削りの段階ではあるが、新しいMac OS X Serverの現行のプライベートシーディングでは、AppleShare IPのNetwork AssistantやNetwork Admin、そしてMacintosh ManagerはすでにMac OS X に移植されていて、独自のカスタムアイコン付きで含まれている」とある情報筋はAppleInsiderに話している。

 さらに、Network AdminをDHCPサーバとして使う機能など、機能追加も行われているほか、ClassicバージョンのAppleShare IPからアカウントを取り込む機能も用意されているという。

 新しいMac OS X Serverは来年はじめに発売され、価格は$500以下になるという。



Macintosh is the registerd trademarks of Apple Computer,Inc. / Other product and company names mentioned herein may be trademarks of their respective companies. / Any direct or indirect damage or problem caused by this web page is not a responsibility of me. / This web page includes unconfirm information. / This web page requires CSS compliant web browser and is best viewed with Internet Explorer 4.5 or later. If you are using Internet Explorer 5.0 or later, set the default resolution to 72 dpi and default font-size 12pt.
ringoalley@mac.com

Special Thanks to SAMさん、Torioさん、TANICOさん、Shinodaさん、その他たくさんの方々....
このサイトを訪れてくれたすべての人に感謝を込めて
MacとAppleと世界の発展と平和を祈って