Make your own free website on Tripod.com

  最新の記事もう少し古い記事 |この記事は、 2000 年 7 月の記事です
July #1

Jul 12th (Wednesday)

Updated 0:15 a.m.

@670 : Macworld UK ||  財政問題を抱えるCorelだが、MetaCreationsから買収した製品の開発は“フルスピードで前進”しているという。Macworld UKが伝えた。

 それによるとCorelのスポークスパーソン Meredith Dundas は、Bryceが今夏バージョン4.1にアップデーとされると明らかにした。Corelはこの夏製品のアップデートを行うという“アグレッシブな”計画を持っているという。また彼女によれば、Corelは来年前半についても、Bryce 5など、製品のアップグレードを予定しているという。

Updated 0:00 a.m.

@653 : X Appeal ||  Mac OS X には、標準でメーラー「Mail.app」が付属する。単なるバンドルソフトと、あなどることなかれ。

 Appleは、このMail.appの開発に携わるエンジニアを募集している。その中ではMail.appが「私たちは、新しいワールドクラスの電子メールクライアントを計画しています」と紹介されている。さらに、最高のユーザエクスペリエンスを提供するために、このアプリケーションにインスタントメッセージ機能やグループコラボレーション機能、ストリーミングコンテンツを追加することを考えているという。


@657 : MacFixIt ||  MacFixItによれば、Connectixは来るMacworld New Yorkで、以前開発終了が決まったSpeed Doublerの後継に当たるユーティリティを発表するようだという。またMicrosoftは同社のOffice 2001について、更なる詳細を明らかにするとともに、デモも行う見込みだ。


@658 : MacOS Rumors ||  MOSRによれば、スピードバンプされたiMacの製品ラインは現行と変わらず(BlueberryのiMac、iMac DV、iMac DV Special Edition)、価格も据え置きになるようだ(つまり、プライスパフォーマンスは大きく向上する)。

 一方、Appleが開発しているというDVDオーサリングソフトは、DVD-RAMドライブの値段が下がるのを待つため、楽観的に見ても早くて来年始めになるという。

 またMacworld New Yorkで発表されるDV Special EditionにG4プロセッサが搭載されるかについては、Apple筋は何度かこれを否定してきているものの、この噂の真実味は増してきているようだ。より高い可能性としては、G4eプロセッサを搭載するキューブ型のUMA-2 Power Macが今年後半に発表されるときに、iMac DV SEもG4eにアップデートされるというものだという。この場合、(G4ベースの)iMac DV SEのプライスパフォーマンスを(G3を搭載した)標準のDVモデルなみにするため、550Mhz以上のG4級プロセッサが必要になるという。

Updated 20:40 p.m.

@518 : MacNN ||  情報筋によれば、350MhzのiMacは、大手卸売業者や小売店で正式に生産終了となっているという。MacNNが伝えた。iMacは最近、供給量が急激に減ってきており、来るMacworld New Yorkでの新モデルの発表がほぼ確実になっている。


@523 : MacNN ||  3dfxは、同社のMacintosh用グラフィックカード、Voodoo 5 5500 PCIの予約の受け付けを始めている。


@515 ||  Appleは、太平洋夏時間7月18日午後2時(日本時間19日午前6時)から、第3四半期の決算報告を行うCFO Fred Anderson によるカンファレンス・コールをQuickTime TVで放送する。また、その翌日には東部夏時間19日午前9時(日本時間19日午後10時)から、Steve JobsによるMacworld New Yorkの基調講演を中継する。

■ Apple:Apple at Macworld Expo New York 2000


Jul 10th (Monday)

Updated 18:27 p.m.

@430 ||  MacWIREとメルコは、メルコのG3/G4カードのモニタープレゼントキャンペーンを共同で行っている。モニター賞品はメルコのG3カード「HG3-PM366SLC-MW」およびG4カード「HG4-PM350SLC-MW」で、モニター数はそれぞれ50人とのこと。

■ MacWIRE:MacWIRE/メルコ共同特別企画 - 最新G3/G4カードモニター大募集!


Jul 9th (Sunday)

Updated 14:27 p.m.

@269 : MacNN ||  Adobeは、Adobe Type Manager Light 4.6をリリースしている。

■ Download:Adobe Type Manager Light 4.6


@253 : MacOS Rumors ||  MOSRは、Appleの新しいデスクトップマシン用キューブ型きょう体デザインについて伝えている。

 それによると、このきょう体は幅14インチ(およそ36センチ)で、ポリカーボネートプラスチックが使われていて、マシンの内部構造が見えるようになっており、不透明のカラーパネルが大きなAppleロゴを描いているという。またファンのない構造になっているほか、ポート類も外からほとんど見えないようになっているという。

 MOSRによると、このきょう体はモニターレスiMacのことかもしれないという。それを裏付けるものとして、情報筋が報告してきたプロトタイプにはPCIスロットを取り付けるコネクタがないようだという。これに関連して、AppleはPCIスロットをPower Macにもデフォルトで含めず、外付のPCIケースでPCIスロットを提供するという噂もあるという。この方式にすることで、内部のひとつのPCIスロットをPCIブリッジによって追加のスロットに接続する従来の方式よりもコスト削減になり、また必要とするユーザは3スロット以上のPCIスロットを利用できることになるという。


Jul 8th (Saturday)

Top News.

@289 : MacCentral ||  MacCentralが伝えるところによれば、3DグラフィックチップメーカーNvidiaは、AppleとのOEM提携の噂も否定した。

 Nvidiaのマーケティング担当副社長 Dan Vivoli はMacCentralに対し「この噂は真実でないと、明白に言うことができる」と語っている。ドイツの Heise Online は、NvidiaがAppleとOEM契約を結んだと伝えているが、Vivoli はこのレポートについても否定した。

 Vivoli は、先月末にMacintoshに対応した初めての同社製チップ GeoForce2 MX の発表以来、同社はMacintoshプラットフォームのサポートについてさらなる発表をしていないと述べた。先月末の発表は、同社がMacをサポートすることを示すためのものだといい、同社はカードの詳細については現時点では明らかにしていない。

 Vivoli は、同社が現在Macintosh用のカードとドライバーを同社内で開発していることを示唆しているが、製品のリリースには数カ月かかるとの同社のこれまでの声明を繰り返した。彼は、年末までにはNvidiaから新たな発表が行われることを示している。

 また Vivoli は、NvidiaがMacworld New Yorkに出展しないことも確認した。

Updated 18:27 p.m.

@425 : MacFixIt ||  MacFixItは、Macworld New Yorkで発表が予想される各社の新製品を紹介している。その中からいくつかとりあげると:

* ATI Technologiesは、Macintosh用の最新の3Dグラフィック技術を発表する。

* Connectixは、新たなユーティリティ製品のデモを行う。

* iREZは、Macintosh用のデジタルビデオ周辺機器の新製品をふたつ展示する。「CapSure USB」は、VCRやTV、カムコーダーなどからビデオ・オーディオのキャプチャーやストリームを行える初めてのUSB周辺機器。また「Kritter Degital」は、FireWireで非圧縮ビデオをストリームできる初めてのビデオカメラだという。

* FileMakerは、FileMaker Pro for Mac OS X のプレビューを行う。

* I-Jamは、「ポータブルMP3デジタルオーディオシステム」を展示するという。

* Sonnetは、新しい製品ラインを発表する。Sonnetは「CPUアップグレードカードに加え、Macintoshを強化する製品にさらに参入していく」という。

Updated 22:40 p.m.

@602 : MacOS Rumors ||  MOSRによれば、Appleの新しいキーボード・マウスは、コスト削減と供給不足を避けるため、ワイヤレス版ではなくてUSB接続になるという。

 また外観についても、トランスルーセントのきょう体スタイルは変わらず、特にキーボードは現在と同じような外観になるという。マウスはボタンレスなどの機能により、現在の円形とは必然的に大きくちがった形になるが、それでもトランスルーセントのきょう体から機器の内部が容易に見えるようになっており、楕円の構造の上にフルーツフレーバーのパネルがこれまでと同じようにラインを描いているという。


@591 : AppleInsider ||  AppleInsiderによると、Appleは現在Mac OS 9へのアップグレードであるMac OS 9.5を開発している。

 これは開発が始まった当初は「9.0.5」で、その後「9.1」とされていたもので、Apple内部では「Project P」のコードネームを持っているという。

 このアップデートに含まれるものについては、AppleTalkの削除や置き換えといったラジカルなものから、CarbonLibの新バージョンであるバージョン1.1が含まれるといったもっと合理的なものまで、多くの噂があるという。またOSの起動時間を短縮すると見込まれているという。

 ColorSyncとFireWireドライバの新バージョンが含まれるとも噂されているほか、カーボナイズされたNetBootにより、Mac OS X Serverを使わずにMac OS 9.5ベースのマシンからクライアントを動かすことができるソリューションを開発しているとの噂もあるという。

 情報筋はMac OS 9.5のリリースについて、Macworld New Yorkのすぐ後に外部のデベロッパにシードをしてからGolden Masterになるのに、5ヶ月以上かかるとしている。


@586 ||  What's new at Apple

iBookデモ展示販売店リスト(更新)
■ WebObjectsサイト、「世界のサクセスストーリー」に事例(PDF)を追加
■ ホットニュース、「Apple Creators Portfolio〜Final Cut Proが変える映像ビジネス〜」の出演者情報を更新
iMovie対応カメラリスト(更新)


Jul 7th (Friday)

Updated 17:00 p.m.

@369 ||  Mac Themes Projectによれば、アピアランステーマは、Mac OS X でもほぼ確実に動作するという。それによると、Developer Preview 4の時点では、必要なりソースはちゃんと存在しているという。Mac OS X のテーマのフォーマットは、OS 9とそんなに変わっていなく、テーマファイルを交換し(AppleScriptなどで自動化できる)、一度ログアウトしてから再度ログインすることでテーマを変更できるだろうという(Mac Themes Projectは、アピアランステーマの作成方法を解説している)。


@366 : MacFixIt ||  MacFixItによれば、現在Power Mac G4は、バージョン2.6のファームウェアで出荷されているという。

Updated 16:45 p.m.

@355 : AppleInsider ||  AppleInsiderは「Mystic」こと、マルチプロセッサPower Macについて伝えている。

 それによると、7月始めになって、完成に近いユニットがクパティーノのApple本社内に出始めたという。このユニットは、デュアルG4プロセッサと、幅が1から2インチ広くなった新しいきょう体が使われているという。AppleInsiderは、このきょう体(幅が広くなった以外はほとんど変わっていない)のスケッチを掲載している。

 また情報筋によれば、改良されたスピーカーや、スロットローディングのCD/DVD-ROMドライブも搭載されているという。きょう体の色は、グラファイトとアイスのこれまでの色になるという。

 情報筋によれば、早ければMacworld New York、遅くても8月のSeybold San Franciscoで発表されるという新しいシングルプロセッサのPower MacG4も、この新しいきょう体を採用するという。これらのPower MacとMysticは、改良版のロジックボードを用い、プロセッサのクロック数も向上する。またデュアルUltra SCSIカードといったBTOオプションも復活するほか、新しいキーボードとマウスも付属するという。

 信頼できる外部の情報筋は、AppleはMacworld New Yorkで新しいiMacとともにこれらの新しいPower Macを発表する準備ができるかもしれないとしている。情報筋はAppleInsiderに対し、新しいPower MacがMacworldで登場しなくても、8月末(のSeybold)には必ず発表されるとしている。


Jul 6th (Thursday)

Top News.

@263 : MacCentral ||  MacCentralによれば、Appleは7月19日に行われるSteve JobsのMacworld New York基調講演のウェブキャストおよび衛星中継を行う。詳細は数日以内に発表される見込み。基調講演は東部夏時間で19日午前9時(日本時間19日午後10時)に始まる。今年、基調講演に入場できるのは、カンファレンス・ワークショップの参加者のみになるという。

Updated 17:25 p.m.

@380 : MacNN ||  MacNNに読者から寄せられた情報によれば、IBMは7月終わりにViaVoiceの新バージョン「IBM ViaVoice Enhanced」がリリースされるという。オンライン通信販売のカタログに既に記載されているといい、Millennium Editionより50ドル高いという。


@365 : AppleInsider ||  AppleInsiderは、Appleの新しいUSBマウスについて、追加の情報を伝えている。

 この新しいマウスは、ボタンがまったくない構造になっていることをお伝えしたが、情報筋によれば、現在このマウスは最大3つの動作が実行できるという(つまり、3ボタンマウスと同等ということになる)。

 現在Mac OS X プロジェクトの一部となっているドキュメントによれば、マウスクリック動作用の、ふたつの新しいAPIコールがあるという。ひとつめは傾けたり揺らしたりする操作を指す「TipSwitch」で、これは左ボタンにあたるという。次にリストされている「BarrelSwitch」というものが、右ボタンにあたるという。

 プロトタイプを試した情報筋は、マウスを傾けることがクリックになり、抵抗力のある面をひっつかむ(または強く握る)操作で、別のクリック動作を起こすことができるとしている。この、抵抗力を持ったパネル(pressure resistant panels)は、ゴムまたはゲルのようだという。さらに、グラブまたは強く握る操作と、傾ける操作を同時に行うことで、さらに別のクリック動作を起こすことができるという。

 Apple筋によれば、Darwinのマウスドライバは最高32個までのボタンに対応しているという。またこの新しいマウスはFinderからカスタマイズが可能になっているという。


Jul 3rd (Monday)

Updated 17:55 p.m.

@390 : AppleInsider ||  これには期待しているユーザも多いだろう。円形マウスにかわるAppleの新しいマウスについて、AppleInsiderが、Apple社内の情報筋による3Dのスケッチとともに更なる情報を伝えている。

 情報筋によれば、Appleはいくつかの種類のマウスをシードしているという。情報筋に目撃されたプロトタイプは全て、薄く色のついたトランスルーセントのケースに、グラファイトのアクセントパネル、Appleロゴがデザインされているという。なお、製品版はiMacカラーになる見込みだ。

 4つのプロトタイプのうち、2つはワイヤレス技術が使われており、残り2つはUSB接続になっているという。情報筋によれば、開発サイクルはワイヤレス版の方が進んでいるという。

 新しいマウスは光学式になっているため、光学センサーが装備されている。現在のプロトタイプでは、センサーのLEDライトはトランスルーセントのプラスチックを通して見えるようだが、情報筋によれば、製品版ではライトのスペクトルが見えないようになるかもしれないという。

 マウスの外ケースのインダストリアルデザインは、とてもなめらかで、リアに向かってこぶやカーブが多くあるという。またマウスの頭の部分には握りやすいよう、指の形にくぼみがついている。

 そしてこれまでの噂通り、このマウスにはボタンがないという。情報筋によれば、マウスのフロント部分を押すことでマウスが全体としてフロント下部の方に傾き、これまでの「クリック」になるという。また“グラブ(ひっつかむ)”したり“強く握りしめる”ことでも同じ事ができるという。この機能は、オブジェクトを“グラブ”してキャンバスなどに置くといった操作がされる、現在のハイエンドの3Dあるいはデザイン用アプリケーションを意識したようだ。

 AppleInsiderに現在掲載されている3D画像を提供した情報筋によれば、実際のマウスはこの3D画像ほどかさばったり扱いにくい形ではなく、同様にこの画像ほど“足跡っぽい”形ではないという。

 情報筋は、このマウスはMacworld New Yorkでお披露目されるとしているという。


Jul 2nd (Sunday)

Updated 17:10 p.m.

@360 : Accelerate Your Mac! ||  3dfxのMacintosh用Voodoo 5カード(PCI)がSparcoで$298で販売されている。もちろん、まだ在庫はなく、到着時期(ETA)も示されていない。


@375 : c|net Japan ||  c|net Japanによると、ConnectixのVirtual Game Station(VGS)をめぐる一連の訴訟について、Sony Computer Entertainment(SCE)は先月29日、Connectixに対する特許権侵害訴訟を審理入りを前にして取り下げたが、その翌日同社を同じ特許権侵害で再提訴した。SCEの担当者は c|net に対し、訴訟を一度取り下げたことについて「控訴の可能性がある訴訟手続上の問題」を避けてはどうかという裁判官の忠告に従ったため、としている。ConnectixはSCEの訴訟取り下げの時点で「勝利宣言」を出していた。



Macintosh is the registerd trademarks of Apple Computer,Inc. / Other product and company names mentioned herein may be trademarks of their respective companies. / Any direct or indirect damage or problem caused by this web page is not a responsibility of me. / This web page includes unconfirm information. / This web page requires CSS compliant web browser and is best viewed with Internet Explorer 4.5 or later. If you are using Internet Explorer 5.0 or later, set the default resolution to 72 dpi and default font-size 12pt.
ringoalley@mac.com

Special Thanks to SAMさん、Torioさん、TANICOさん、Shinodaさん、その他たくさんの方々....
このサイトを訪れてくれたすべての人に感謝を込めて
MacとAppleと世界の発展と平和を祈って