Make your own free website on Tripod.com

  最新の記事もう少し古い記事 |この記事は、 2000 年 7 月の記事です
July #3

July 20th (Thursday) early edition

Updated 21:45 p.m.

@565 : MacNN ||  Appleは、iToolsサービスをアップデートしている。

* iDisk:50MB、100MB、200MB、400MBの追加スペースを1MBあたり年間1ドルで利用できるようになった
* Mail:署名ファイル、フォントの選択、スペルチェックに対応
* Homepage:新しいテンプレート、Drag&Dropによる写真の整理、「シングルクリック編集」機能、新しいイメージライブラリ
* KidSafe:ストリーミングによるセットアップのインストラクション、サイトの追加


July 19th (Wednesday)

Apple Q3 Earnings.

@953 ||  Appleは7月1日を末日とする第3四半期に、2億ドルの純利益を計上したと発表した。

 純利益は2億ドルで、希薄化後の1株当たり55セント。前年同期はそれぞれ2億300万ドル、60セントだった。総収入は18億2,500万ドルで、前年同期より17パーセント増収。グロスマージンは29.8パーセントだった。米国以外での売り上げは総収入の46パーセントを占めた。

 この決算にはARM Holdings plc 株の税引後売却益3,700万ドルが含まれており、これを除くと純利益は1億6,300万ドルで前年同期より43パーセントの増益、一株当たり利益は45セントでこちらは29パーセントの伸びになる。

 今四半期の出荷台数は12パーセント増の101万6,000台で、内訳はPower Mac G4が35万台、iMacがおよそ45万台。

 「純利益が43パーセント伸び、11期連続の黒字を計上できて喜ばしく思っている」とiCEO Steve Jobsは語っている。「iMacの出荷台数は発表以来370万台になり、今四半期はプロ用製品、特にPowerBookが好調だった」

■ Apple:Apple Reports Third Quarter Profit of $200 Million


@363 : MacInTouchMacCentralMacNN ||  Appleの第3四半期の業績と、カンファレンスコールでCFO Fred Andersonが語った内容をまとめておこう。

▼ 第3四半期の利益は2億ドルで、希薄化後の一株当たり55セント
▼ ARM Holdings plc 株の税引後売却益をのぞくと、利益は1億6,300万ドル(前年同期43パーセント増加)で、希薄化後の一株当たり45セント(同29パーセント増加)
▼ グロスマージンは29.8パーセント

▼ 米国市場以外の売上げ比率は46パーセント
▼ Apple Storeでの売上げ比率は25パーセント

▼ 第3四半期の出荷台数は101万6,000台(前年同期12パーセント増)で、うちPower Mac G4が35万台以上、iMacが約45万台
▼ PowerBookは11万3,000台、iBookは10万台
▼ PowerBookなど、プロ用製品が好調だった;プロ用製品の出荷は前の四半期に比べて11パーセント増加した
▼ iMacの売り上げは当初の予想をやや下回った
▼ 教育市場で最も売れたのは999ドルのiMacで、コンシューマ市場ではDV Special Editionの売れ行きが引き続き好調だった

▼ Appleは第4四半期について、新製品の発表により、販売台数、売上ともに高くなると見込んでいる。「メジャーな製品の発表(昨年10月のiMac)からおよそ9ヶ月たつ」として、AndersonはMacworldでの新製品発表を示唆している。「我々はこの状況を明日変えるつもりで、あなた方の印象に残ると思う」と語り、今後12ヶ月で“たくさんの新製品”が発表されるとした
▼ Mac OS X のリリースは、以前発表されたとおりのスケジュールで進むという;「夏おそく」にパブリックベータが出され、正式版は来年1月になる

▼ Appleは第3四半期末に38億ドルの現金、短期投資を保有している
▼ Appleは依然4,190万株のARM株式を保有している
▼ またAppleは、Circuit Cityと提携し、Circuit CityがAppleのコンシューマ製品の販売を始めることも発表している

 Andersonはカンファレンスコールでアナリストに対しこう語った。“復活の時期は終わった。Appleは今、力強い成長の初期の段階にいる”

Macworld Rumors.

@553 : AppleInsider ||  AppleInsiderによると、Macworldでは次のようなAppleの新しいソフトウェアも発表されるという。

* iMovie 2.0:新しいハードウェアにバンドルされる。Apple筋によれば、バージョン2.0.1のアップデータがAppleのサーバにアップロードされるという
* 改訂版 Mac OS 9.0.4:iMac、Power Mac Cube、Power Mac G4の新製品に対応するためのもの
* Apple DVD オーサリングソフトウェア:Astarteから買収した製品群。製造は引き続きAstarteが行うが、AppleブランドとAppleの流通網を使って販売されるという


@393 : PB Zone ||  PowerBook Zoneが、日本時間今夜10時に始まる基調講演について、さらに噂を伝えている。

* AppleInsiderが掲載していた画像は本物で、確かにPower Mac G4 Cubeのものだったという。またこの「Power Mac G4 Cube」というのが正式な名前だという。
* Appleは新しい15インチの液晶ディスプレイを発表する。これはCinema Displayに似ているが、縦横比は正方形で、またCubeで使うためDVIIで設計されている。また、18インチのLCDといったものはないという。
* また17インチのCRTの新バージョンも発表する。21インチ版は生産終了になるようだという。
* 新しいiMacのきょう体は現行モデルと同じになるという。クロックスピードは500Mhzになり、新しいATIグラフィックカードが搭載される。カラーバリエーションが変わり、ブルーは濃くなり、ピンクではなく赤になる。そして、新しいカラー、ホワイトが追加される。
* Power Mac G4は3つのレベルが発表される。デュアル500MhzのG4が$3,499で、シングル500Mhzの現行モデルを置き換える。デュアル450Mhzモデルが現行450Mhzモデルを置き換え、価格は$2,499。そしてシングル450Mhzが350Mhz G4(? −現行400Mhzモデルのこと?)を置き換える。きょう体はスロットローディングDVD以外全く変わっていなく、デュアルプロセッサモデルもカードを換えただけのものだという。
* 新しいiBookは発表されない。しかしFireWireポートを現行機種に追加した「Midway」は完成しているという。
* Cubeはとてもクールだという。ケーブルは底部に接続するようになっており、DVIIという特別なケーブルがデジタルビデオ信号、電源、USBをモニターに伝送する。DVD-ROMは上部の端にトースターのようにある。ファンは備えておらず、キューブ内部には一台のディスクしか取り付けられないという。


@473 : MacOS Rumors ||  MOSRも、Macworldについてさらに伝えている。

* 現在のところCubeのもっとも正確な大きさは7インチx7インチx10インチ
* Mac OS X Public Beta 1は、デモは行われるが、Macworldでのリリースは行われないという。Apple筋はベータ版の準備はできているとしている
* ショーフロアからの未確認レポートによれば、AppleはFortissimo(Mac OS 9.1)のデモを基調講演で行うという
* 同じくショーフロアからの未確認レポートによれば、Appleは今後同社が採用していく技術を示すという。それに含まれるのは、USB2、800Mbps FireWire、4x AGP、PC 133、DDR SDRAM、改良版AirPort、UltraDMA-100バス、ファンレス・クーリングなどだという
* Astarte関係者からのレポートによれば、AppleはAstarteから買収したソフトウェアをベースにした製品を発表するという。これら製品に関するAppleの計画は不明だが、DV Macと関連づけることができる

Updated 18:00 p.m.

@415 ||  AppleのiToolsは現在利用不可能になっているようだが、トップページには、iDiskの容量が20MBから、(追加料金を支払うことで)最大400MBまで拡張できるようになったと記載されている。

Updated 15:08 p.m.

@288 : ZDNN ||  ZDNNが、Mac OS 9へのアップグレードである「Fortissimo」について伝えている。

 デベロッパーによれば、FortissimoにはFinder 9.1が含まれ、これには「Window」メニューが追加されたほか、「情報を見る」も新しくなっているという。

 アプリケーション内部からデジタルカメラの画像を取り込むためのAPIの集合とである「Image Capture 1.0」が含まれていて、TWAINやカメラ独自のドライバが必要でなくなるという。Adobe Photoshopのようなカメラ対応のアプリケーションがなくてもデジタル画像をコンピュータに直接取り込むことができるとする情報筋もいるという。

 またスカラー・ベクター双方のデジタル信号処理機能で、サウンド、MP3、スピーチ、オーディオ、ビデオ、レーダー入出力のコード・デコードを高速化する「vDSP 1.0」も含まれるという。これらの機能がVelocity Engineを必要とするものであるかどうかはわかっていないという。

 そのほかにも、Help 4.0や128ビットのファイル暗号化、USB Printer Sharing 1.0、PowerPCネイティブになった「一般設定」コントロールパネル、改良されたマルチユーザ、CarbonLib 1.1があるという。

 さらに、OpenTransport 3.0も現在Fortissimoの最初のビルドに含まれているという。このバージョンにはマルチリンク・マルチホーミングの機能が追加されている。

 しかし情報筋がZDNNに示唆したところによれば、OpenTransport 3.0は問題に突き当たっていて、Fortissimoの最初のバージョンに含まれないかもしれないという。

 また現在Fortissimoは「Mac OS 9.1」とされているが、広報やマーケティング部門は「Mac OS 9.5」を押しているという。

Updated 7:45 a.m.

@985 updated@294 : AppleInsiderMacOS Rumors ||  AppleInsiderが「Power Mac G4 Cube」の「最終デザイン」の画像を掲載している。一方MOSRは、AppleがCubeを長く待たれていたビジネスモデルとしてCubeを(Macworldで)マーケティングすると伝えているが、CubeにはG4プロセッサではなく、750C/750CXeが搭載されるとしている。(AppleInsiderが掲載していたこのCubeの画像及び、15インチ/17インチのディスプレイの画像は“Appleの圧力”により削除されている)

Updated 0:25 a.m.

@680 : MacNN ||  Mac用 Windows Media Player 6.3 の正式版がリリースされている。

■ Download:Windows Media Player 6.3

Updated 23:55 p.m.

@658 : MacNN ||  Micromatはユーティリティソフトの新バージョン「TechTool Pro 3」を発表した。新しいインターフェースが実装されたほか、ウイルス検知/修復機能、ソフトウェアのコンフリクトの発見といった新機能が加えられている。FireWire、USBのドライブとの互換性も向上した。7月29日に発売開始予定で、バージョン2のユーザへのアップグレードは50ドル。


July 18th (Tuesday)

Top News.

@430 updated@506 : MacCentral ||  MacCentralによると、ATI TechnologiesはMacworld New Yorkで、同社のRADEONプロセッサのMac対応を正式に発表する。

 最近のプレスリリースで同社は、水曜日に「驚きの発表」が行われることを示唆している。ATIによれば、水曜日、AppleはATI製グラフィックハードウェアが搭載された3つの新しいシステムを発表するという。一つはRAGE 4XLが搭載されたiMacで、残りふたつはPower Macで、RAGE 128 Proが標準で搭載され、またRADEONを選ぶこともできるようだ。

Macworld Rumors.

@443 : The Powerbook Zone ||  PowerBook Zoneが、Macworld Expo予想を掲載している。

 まず、iMacの新しいキーボードとマウス。情報筋によれば、マウスは光学式で、ボタンがなく「クリッキング・アクション」が実装されている。キーボードはフルサイズで、かつてのApple Designキーボードに似ているという。ボリュームの上下、再生、取り出し、フォワード・デリートの各キーがある。この新しいキーボードは新しいiMac、G4、そしてCubeに使われるという。

 新しいiMacは「Perigree」というコードネームを持ち、まだ知られていない形状をしており、プロセッサの速度は最高500MhzのG3だという。

 そして、新しいG4も発表されるという。きょう体は現行機種と同じで、ハイエンドモデルのマルチプロセッサに対応するため幅が広くなっているという。この新しいG4のコードネームは「clockwork」で、他のサイトが伝えている「Mystic」ではないという。デュアルプロセッサモデルは最高450MhzのG4を二基搭載するが、シングルプロセッサモデルのプロセッサは500Mhzのまま。スロットローディングのCDドライブが搭載される以外には、他には大きな変更点はないという。

 そしてキューブ型のMacintoshだが、これは確かに存在しているという。そしてこれは水曜日の基調講演の基礎になるという。これはだいたい「ファミリーサイズの Kleenex(米国のティッシュペーパー)の箱」くらいの大きさで、1辺30cm以下だという。マザーボードは小さくPCIスロットはなく、RAMスロットは3つ、4x AGPスロットがひとつあるという。またFireWireとUSBのポートはそれぞれ2つずつあり、AirPort機能もある。またオーディオポートはなく、かわりにUSBオーディオが使用されるという。このキューブ型Macのコードネームは「Trinity」で、スロットローディングのDVD、VGA/DVIのビデオ出力を搭載。また、ファンはない構造だという。このマシンは限界(15インチのスクリーン)のあるiMacは欲しくないが、Power Mac G4に2,000ドルも費やしたくない人をターゲットにしたもので、このマシンはモニターなしで$1,200で販売されるという。

 また、コードネーム「Midway」の、FireWire搭載iBookが発表の準備ができているという情報もあるという。また「Mercury」ことPowerBook G4は、今年終わり以降(Macworld San Francisco?)になるという。

 ただし、準備ができているからとって、上記にあげたすべての製品がMacworld New Yorkで発表されるわけではないという。情報筋は、どの製品が発表されるかについては教えてくれなかったという。

 またMac OS X のパブリックベータがついにリリースされるという。割り引いて考えた方がいいかも知れない情報だが、ある情報筋はMac OS X Public BetaをインストールしたCubeがショーフロアで展示されるとし、Mac OS X Public Betaは基調講演の直後にApple Storeで$29.95で販売が始まるとしている。


@470 updated@506 : AppleInsider ||  AppleInsiderも、Macworld予想を掲載している。大方は、PowerBook Zoneのそれと同じである。

 キューブ型Macintoshについては、これまで伝えられてきた12インチ(およそ30cm)ではなく、8インチ(20cm)になるという。しかしこれも、完璧な8インチx8インチx8インチの立方体ではないとする情報筋もあるという。カラーは、グラファイトのみと伝えている。

 「Perigree」こと、新しいiMacのきょう体については、現行と大きくは違わないとしている。しかしカラーバリエーションについては変更があるようで、Apple内部で新しい「Gummy Colors」と呼ばれる今度の新しいカラーは、これまでのパステル調ではなく、はっきりとした鮮やかな色だという。Strawberryはピンクよりも濃い赤になり、新しいBlueberryの色合いはダークブルーと説明されるという。

 またAppleInsiderの情報筋は、「Golden」のiMacの存在も報告しているという。これらの新しいモデルは最高500Mhzのプロセッサを搭載する。

 新しい光学式USBマウスについては、販売の準備ができているものが依然2タイプあり、ひとつはグラファイトで、もうひとつは野球のストライプが入っているという。どちらのタイプもAppleInsiderが以前掲載したバンパーカーのような画像とは違っているという。しかし情報筋は、このマウスはインターネット上のどの写真やスケッチとも違っているとしている。このマウスのコードネームは「Mickey」のようだという。

 またAppleは現在ふたつのiBookのバージョンに取り組んでいるという。ひとつは、「P1.5」またはコードネーム「Midway」と呼ばれる、マザーボードが改訂され、FireWireポートが一つ搭載されたもの。これはほとんど完成し、9月に発表されるという。また次世代iBookは「P2」のコードネームを持ち、こちらは2001年の4月以降になるという。

 このほかにもAppleInsiderは、18インチのStudio DisplayとPower Mac G4について伝えている。

Updated 19:20 p.m.

@555 : AAPL Investors ||  第3四半期の業績発表は、日本時間の19日朝に行われるが、AAPL Investorsは、利益予想を掲載している。

 それにるよると、総収入は約19億ドル。当初は20億ドルかそれをやや上回るものと見られていたが、iMacの出荷が鈍くなっていることを受けて予測は下方修正されていた。このiMacの出荷については、新機種への製品ラインナップへの移行の中で出荷台数は第1、第2四半期と比べて低調だという。総収入は当初の見通しを下回るものの、グロスマージンの好調さを受けて利益は一株当たり44セントを確保する見込みだ。



Macintosh is the registerd trademarks of Apple Computer,Inc. / Other product and company names mentioned herein may be trademarks of their respective companies. / Any direct or indirect damage or problem caused by this web page is not a responsibility of me. / This web page includes unconfirm information. / This web page requires CSS compliant web browser and is best viewed with Internet Explorer 4.5 or later. If you are using Internet Explorer 5.0 or later, set the default resolution to 72 dpi and default font-size 12pt.
ringoalley@mac.com

Special Thanks to SAMさん、Torioさん、TANICOさん、Shinodaさん、その他たくさんの方々....
このサイトを訪れてくれたすべての人に感謝を込めて
MacとAppleと世界の発展と平和を祈って