Make your own free website on Tripod.com

  最新の記事もう少し古い記事 |この記事は、 2000 年 3 月の記事です
March #1

March 6th (Monday)

Updated 23:20 p.m.

@632 : MacNN ||  音声入力ポートを持たないiBookへのソリューションとして、iBook発売前に発表された Griffin Technology の「iMic」はいまだに出荷されていないようなのだ。

 MacNNに寄せられた読者からの情報によれば、この読者はiBookの発売前にiMicを注文し、当初はiBookのリリース時に間に合うとされていた。そして2週間前に問い合わせてみると、2月末までには準備ができると言われたという。そして(3月になったので)昨日再度問い合わせてみると、もうひと月ふた月かかると言われたという。

 またこの読者は、iMicの代替品としては、Macallyの「iVoice」という製品があると紹介している。ただ、この製品も発売時期は「Coming Soon」となっている。


@635 : MacFixIt ||  MacFixItによれば、AppleWorks 6 ではXTNDシステムを利用したWordやその他のアプリケーションへのトランスレーターがなくなっているという。


@636 : MacNN ||  Omni Developmentは、Mac OS X Client(Developer Preview 3)用のWebブラウザ、OmniWeb 4.0b1をリリースしている。

 Omni Developmentは、OmniWebやOmni BackUpなど、Mac OS X ServerやOPENSTEP用のソフトウェアを開発している。

■ Omni Development:OmniWeb 4.0b1


March 4th (Saturday)

Announce

@425 ||  「林檎の果実」さんとリンクしました。

 オンラインソフトを中心としたリンク集。ニュース系サイトのリンクを充実させようとのことで、今回RingoAlleyにリンクしていただきました。「誰か作りませんか」というコーナーがユニークです。

RingoAlleyはリンクフリーですが、こちらからもリンクさせていただきたいので、事後にでもメールでお知らせいただけるとうれしいです。

林檎の果実

Top News

@215 updated@240 : MacCentralAccelerate Your Mac ||  まだ4,000ドル、手元に残ってるんだったら、Cinema Displayはいい買い物ですよ。

 Apple Storeにおいて、Power Mac G4とのバンドルとしてでしか販売されていなかった22インチの液晶ディスプレイ、Cinema Displayだが、MacCentralによれば Elite Computers & Software がCinema Displayの単体販売を開始するという。

 Elite Computers & Software は、クパティーノのApple本社の真向かいにある Apple Specialist。社長兼CEOの Thomas Armes は、Elite ComputersはCinema Displayを即時に販売する最初のApple Specialistになると語った。

 「Apple StoreがこれからもApple Cinema DisplayをPower Mac G4とのバンドルのみで販売するとしても、Elite Computersはこのすばらしいディスプレイを既にPower Mac G4を持っていてCinema Displayだけを欲しいと思っているカスタマーに提供していく」

Update また、Accelerate Your Macによれば、通信販売の Bottom Line も、WebサイトでCinema Displayの単体販売を行っている。ただ、気になるのは、当初$3,999.99だった価格が、その後$4,299.99に値上げされていることだ。この突然の値上げの原因は不明である。

 従来Apple Storeでのみ販売されてきたCinema Displayが、どうして販売店でしかも単体で販売できるようになったのだろうか。Accelerate Your Macにある販売店に勤めている読者から寄せられた情報によれば、Appleがリセラーに対し、リセラーあたり1ヶ月25台までのCinema Displayの注文を受け付けるとメールで通知したという。しかし、Appleによればすべての注文品が調達されない可能性もあり、さらにCinema Displayの注文時には同時に同じ数のPower Mac G4を注文しなければならないという。

Updated 21:12 p.m.

@545 : MacFixIt ||  MacFixItによれば、Anarchie 3.8が来月中にリリースされる予定だという。

 新バージョンではテレネット・ダイモン(telnet daemon)を備え、テレネットクライアントが利用できればインターネット上でどこでもMacにテレネット接続してリモートにAppleScriptコマンドを出せるほか、インターネットプログラム(もちろんAnarchieを含む)がどんなデータを受信・送信しているのかをバイト単位で表示するパケット探知機能(packet sniffer)を搭載するという。

Updated 16:15 p.m.

@335 : Macworld UK ||  Sony Computer Entertainment(SCE)からの度重なる訴訟も何のその。ConnectixはVirtual Game Station(VGS)の更なる出荷を進める計画だ。

 Macworld UKによれば、ConnectixはVGSのPAL(ヨーロッパで使われているテレビ方式)バージョンをおよそ6週間後に発表するという。また同社はVGSのWindowsバージョンを月曜日に発表する予定だという。

 VGSをめぐるConnectixとSCEの訴訟では、VGSの出荷を禁じた仮処分が覆され、Connectixの勝訴が濃厚になっているが、その後SCE側は特許権の侵害を理由に再度Connectixを提訴している。

 またMacworldによれば、Connectixは、SpeedDoublerとSurfExpress DeluxeのMac OS 9対応バージョンをリリースする可能性があるという。当初Connectixは、これらのソフトの提供してきた機能がMac OSに搭載されたとして、これらのソフトにMac OS 9への互換性を追加するアップデートを行わない予定だった。しかしユーザからの要望が多く寄せられたため、同社はアップデートについて再検討しているという。

Updated 14:25 p.m.

@265 ||  What's new at Apple

ユーザグループ懇親会のお知らせ


March 3rd (Friday)

Top News

@175 ||  アップルは Mac OS X Server 1.2 のパッケージ版を発表した。

 Mac OS X Server 1.2では、Power Mac G4に対応した。またNetBoot機能(ネットワーク上の複数のMacintoshを管理するシステム)が、Mac OS 9に対応する。また、ネットワーク上のMacintoshを一元管理するための Network Assistant 4 および バックアップソフトとして Omni Backup をバンドルする。

 Mac OS X Server 1.2はPower Mac G3/G4、Macintosh Server G3/G4で動作し、64MB以上のRAMと1GB以上のハードディスクが必要。

 価格は59,000円で、3月中旬からApple StoreおよびNTTアドバンステクノロジ、大塚商会、キャノン販売、サイバーラボ、ステラクラフト、Tooを通じて発売する。アカデミック版は35,000円。

■ アップル:アップル、「Mac OS X Server 1.2」を発表


@178 ||  アップルは、昨日米国で発表されたアプリケーションサーバの新バージョン WebObjects 4.5 の国内における販売を発表した。

 3月中旬より、Apple StoreおよびNTTアドバンステクノロジ、アイザック、伊藤忠テクノサイエンス、キャノン販売、サイバーラボ、ステラクラフト、ディアイティを通じて発売する。開発プラットフォームはMac OS X Server、Windows NT 4.0、運用にはMac OS X Server、Windows NT 4.0、Solaris 2.6/2.7、HP-UX 11の各プラットフォームに対応している。

 製品構成は:

* WebObjects 4.5 Developer:198,000円
* WebObjects 4.5 Workgroup:998,000円
* WebObjects 4.5 Unlimited Multi Processor:6,998,000円
* WebObjects 4.5 Upgrade to Developer:50,600円
* WebObjects 4.5 Upgrade to Workgroup:253,100円
* WebObjects 4.5 Upgrade to Unlimited Single Processor:843,800円
* WebObjects 4.5 Upgrade to Unlimited Multi Processor:1,687,400円

■ アップル:アップル、「WebObjects 4.5」を発表

Updated 15:45 p.m.

@310 : MacWEEKMacNN ||  Tri-Mとの提携で危機を脱したNewer Technologyは、製品ラインをCPUアップグレードに絞る方針だ。

 Newerの社長でCOOの John Nelson がMacWEEKに語ったところによれば、NewerはCPUアップグレード以外の製品を今後およそ6ヶ月をかけて段階的にフェーズアウトしていくという。これらには「FireWire 2 Go」やハブ、フロッピードライブ、スマートカードリーダーなどのUSB周辺機器やUSB-SCSIコンバーターが含まれる。

 同社はオンラインストアでこれらの製品の割引販売を行うという。

 Nelsonによれば、これらの製品の更なる開発やほかのベンダーへの売却は計画していないという。しかし需要が持ち上がれば、これらの製品を維持していくことも検討するとしている。

 またNelsonは、MacNNとのインタビューに応じ、Tri-Mの財政支援によりNewerは「顧客満足度の向上、高品質な製品の販売、そして“偉大さを取り戻す”ための準備ができた」と語った。

 「われわれはCPUアップグレードの会社であり、これからはこのCPUアップグレードだけにフォーカスしていく」とNelsonは述べている。「正直に言って、このおよそ18ヶ月の間この事業について非常にまずい経営をしてきた。われわれは、過去にわれわれを偉大にしたものに再度フォーカスし、その戦略に戻ることにした」

■ MacNN:Newer: "We'll return to greatness"

Updated 14:30 p.m.

@265 : MacCentral ||  昨日の、QuickTimeがMPEG-2をサポートしていないことがMacintoshでのDVD再生能力を損ねているという指摘について、早くも反論が寄せられている。

 Terran Interactive で Media Cleaner Pro のプロダクトマネージャをしている Charles Wiltgen さんによれば、昨日の指摘は間違っているという。

 彼によれば、QuickTimeのMPEG-2サポートの欠如は、MPEG-2による再生パフォーマンスと何の関係もないという。彼によれば、Apple DVD PlayerはATIのMPEG-2再生用のハードウェアアクセラレーションを利用しているという。QuickTimeがMPEG-2をサポートしても、得られるパフォーマンスはApple DVD Playerと大差がないという。

 またWebサイト「Index-site」を運営している A. Brody さんは、MPEG-2のコードはMacにも存在していると指摘している。


@263 : MacFixIt ||  MacFixItも、Mac OS 9.0.3が9.0.4になったと伝えている。現在のバージョンは9.0.4f3。リリース時期は明らかでない。

Updated 13:10 p.m.

@187 ||  What's new at Apple

アップル、「Mac OS X Server 1.2」を発表
アップル、「WebObjects 4.5」を発表
Apple Delivers WebObjects 4.5

iMacデモ展示販売店リスト
iBookデモ展示販売店リスト

New PowerBook対応メモリについて
ソリューションに、Pfeiffer Consulting社によるPower Mac G4ベンチマークテストのレポート(PDF)を追加
「Final Cut Pro体験コース」のお知らせ


@210 ||  TIL picks!

NEW 31192 マルチユーザ:制限付きまたはパネルユーザでのノートパッド、スクラップブックのエラー
NEW 58515 PowerBook (FireWire):追加情報
NEW 58516 PowerBook (FireWire):コントロールバーのバッテリー・インジケーターを正確にする
NEW 58567 海外でAirPortによるワイヤレス通信を行う


March 2nd (Thursday)

Top News

@415 ||  Apple Store(US)で、Harman KarbonのiMac DV用のサブウーファー、iSubの注文受け付けが開始されている。価格は$99。納期は現在5日となっている(日本でも今月発売開始予定)。


@465 ||  NASDAQのAAPL株は、米国時間の1日、132ドルと1/16をつけ、最高値を更新した。この日の終値は130ドルと5/16。


@378 ||  Appleは、ネットワークアプリケーションや電子商取引の開発・運用のためのアプリケーションサーバーの新バージョン、WebObjects 4.5を発表。発売も即日始まった。

 プレスリリースによれば、WebObjects 4.5は新しいツール、テクノロジー、機能を搭載し、市場における最も包括的なアプリケーションサーバとしてのポジションを保った。使いやすさが増したほか、パフォーマンスが50パーセント以上向上したという。

 WebObjects 4.5の新機能は:

* 統合されたXMLサポート:IBMの構文解析プログラム(パーサー)「alphaWorks」を用いており、他のXMLベースのアプリケーションシステムとデータを交換するようなアプリケーションが簡単に開発できる
* WebObjects Builderへのユーザインターフェースの搭載:開発時間の短縮につながり、また新しく開発を始めるデベロッパがWebObjectsをより短期間に学べるようになる機能が搭載されている
* ビルトインのアプリケーションプロファイリングツール:WebObjectsアプリケーションが実行環境を動的にモニタリングできるようになり、これによりパフォーマンスが少なくとも50パーセント向上する
* バックエンドのLDAPアダプタ:LDAPサーバに対してユーザの認証が行えるほか、ディレクトリサービスと連携するアセットマネジメントアプリケーションを作ることができるようになる
* Direct to Java Client テクノロジ:インターネット上でデータベースにアクセスするための100パーセントPure Javaのクライアントの作成を完璧に自動化できる

 WebObjectsは将来的にJavaのサポートをさらに強化するほか、EJB (Enterprise Java Beans)を含むその他の業界標準やプラットフォームをサポートしていく。

 WebObjectsの価格はデベロッパ版が$1,499で、運用ライセンス料は同時接続数によってサーバーあたり$7,500から$50,000まで。WebObjects 4.5はWindows NT/2000、Solaris、HP-UX、Mac OS X Server、HP-UX 11の各プラットフォームで使用できる。

■ Apple:Apple Delivers WebObjects 4.5

Updated 19:00 p.m.

@445 : Macwelt ||  ドイツのMac雑誌Macweltのアメリカ特派員の報告によれば、Appleは22インチのCinema Displayの一般店舗での販売を4 週間以内に開始する計画で、さらに、単体での販売も開始するという。Apple内外の情報筋は、これを確認したという。現在Cinema Displayは、Apple StoreでPower Mac G4とのバンドルのみで販売されている。


@447 : MacCentral ||  QuickTimeがMPEG-2をサポートしていないことが、MacintoshにおけるDVD再生能力を損ねていると、MacCentralが伝えている。

 Steve JobsはATI RAGE 128のスピードと他用途性をさかんにアピールしているが、長きに渡るMacユーザであるBrock Gunter-Smithさんは、Apple自身のSoftwareが、特に出荷されているほとんどのApple製品がDVD-ROMドライブを搭載するようになって以降、このカードのもっとも重要な機能のひとつを生かしていないと指摘している。

 彼によれば、彼は最近、MacintoshにおけるDVD再生のパフォーマンスがひどい状態であるのは、QuickTimeがMPEG-2をサポートしていないからだと、ATIに告げられたという。QuickTimeがMPEG-2をサポートしていないため、MacintoshのDVDプレーヤはRAGE 128カードの機能でもあるDVD再生のハードウェア・アクセラレーションを利用できないという。

 彼の行ったテストによれば、AppleのDVDプレーヤのバージョン2を使ったiMac DV、Power Mac G4のDVD再生能力は、普通のMMX Pentiumよりも劣っているという。

Updated 17:45 p.m.

@392 : MacOS Rumors ||  Pismoの順調な出荷の裏で、次のPowerBookが控えている。

 MOSRによれば、Pismoに使われる予定だったトランスルーセントのきょう体はPowerBook G4を待つことになるという。新しいきょう体を使わずに、Lombardとほとんど同じものを使うのにとどまったのは、新しいきょう体ががG4プロセッサ、新しいメディアベイ、フルサイズのSDRAM DIMMなどの当初Pismoに予定されていた機能と深く関わっているものだったからだという。

 これらの機能を保とうとすれば、Pismoをさらに4ヶ月以上も遅らせることになるかもしれないということで、その結果UMAマザーボードを従来のきょう体に移動することが決まったという。今年の最初の6週間における製品の遅れやMinuetのバージョンの付け直しもどうやらこれが原因だという。

 「103」としても知られているPowerBook G4は、現時点ではUMA-2チップセットをベースにするとみられ、保守的に8月のSeyboldでのリリースが予定されているという。PowerPC G4の拡張版、G4eである「V'Ger」の開発状況により、PowerBook G4のプロセッサは700から850Mhzで動作しそうだという(G4eでは同じクロック周波数でも現在よりパフォーマンスが1.5から2倍向上するという)。また電力消費も通常4ワット、最大8ワットになるという。現在のG4プロセッサでは通常5ワット、最大11.5ワットである。


@403 : iMac2Day.Com ||  iMac2Dayによれば、LinuxPPC 2000のダウンロードが可能になっているということ。

■ Download:LinuxPPC 2000


@405 : MacNN ||  MacNNによれば、SETI@home 2.03がリリースされているとのこと。

■ Download:SETI@home 2.03(ファイルへリンクされています)

Updated 0:00 a.m.

@653 ||  What's new at Apple

Apple Introduces New Apple Learning Solutions for Teachers and Students

iMacデモ展示販売店リスト(更新)
iBookデモ展示販売店リスト(更新)
■ 「WebObjects 最新情報セミナー」のお知らせ
経験者採用のご案内(更新)


@655 ||  TIL picks!

NEW 31190 Software Updates コントロールパネル:アラートはなっても実際のアップデートはない
NEW 58613 AirPort Version 1.1:Base Stationの強制再起動
NEW 75050 D.C.:ありがとう、Don


March 1st (Wednesday)

Top News

@153 : MacCentralMacNN ||  Newer Technologyは、シンガポールのマニファクチュア、Tri-M との資本提携からなる“ダイナミックな将来計画”を発表し、破産も考えられた財政的困難をひとまず切り抜けることに成功した。

 Newerの債権者の大勢が、負債の返済の延期に同意したことで、Tri-M はNewerとの資本提携に合意した。Newerは先月、Tri-M との契約の条件となっているため、債権者に対して負債の返済の少なくとも一年間の延期に同意するよう求めていた。

 Tri-MはNewerに対し、Newerが業務を引き続き行っていくための無担保融資を行う。またTri-Mから4人が、新たにNewerの取締役会に加わる。新たに加わるのは、新CEOおよび会長に就任する Gerald Minjoot(Tri-Mの専務)ら。Tri-MはNewer製品の製造も行っている。しかしTri-Mからの融資の規模がどれくらいなのかは不明で、Tri-MがNewer Technologyの筆頭株主になるのかどうかも定かでない。

 「iPresident」兼COO(最高執行責任者)の John Nelson はNewerのWebサイトに掲載された手紙で、「Tri-Mの高品質な製造能力と、Newerによる新製品の開発という理想的な組み合わせにより、将来にわたっての持続的な成功が確実なものとなっている」と述べている。

 手紙では、「Newerでは豊富な新製品が開発中で、そのうち2、3のものが近く発表される」とし、iMac用のプロセッサアップグレード、iMAXPower G3の購入者の声を紹介している。

■ Newer Technology:Newer Technology Announces Equity Partnership with Tri-M
■ Newer Technology:Letter from the iPresident

Updated 20:20 p.m.

@460 ||  Appleはオーランドで開かれている Florida Educational Technology Conference において、教育機関向けのまったく新しいソリューション「Apple Learning Solutions」を発表した。

 新しい Apple Learning Solutions は3種類あり、授業にテクノロジーを統合していくための最高のツールとなる:

* Apple Learning Interchange(ALI)Webサイト:教育機関向けのWebサイト。電子工学分野の紹介、技術のデモンストレーション、教育専門家によるプレゼンテーションが行われるQuickTime TVによるビデオコンテンツをフィーチャーしている。

* Apple Learning Series:アプリケーションとカリキュラムからなる統合サービス。4月にリリースされる9つの新しい K-12 用タイトルからなる。これらはそれぞれ、オンラインの生徒によるプロジェクト、スタッフ育成が伴ったソフトウェアアプリケーションを含んでいる。

* Apple Learning Professional Development:インターネットをベースにし、指導者によるスタッフ育成コース。

■ Apple:Apple Introduces New Apple Learning Solutions for Teachers and Students

Updated 14:50 p.m.

@281 ||  My Mac Onlineも、Mac OS X Developer Preview 3のスクリーンショットを掲載している。

■ My Mac Online:Mac OS X First Look


@275 : MacNN ||  Lucent Technologiesの新しいワイヤレス製品「ORINOCO」はPCカードで、どのラップトップでも動作可能。このORINOCOでは、Macintoshのサポートも強化されているという。

 MacNNによれば、Open TransportやLocation Managerなどにより、PowerBookではPCラップトップよりも簡単に使えるという。LucentはORINOCOの開発にあたり、Mac OS用製品の開発リソースを強化したのだという。

Updated 12:33 p.m.

@485 ||  JustSystemは、「ATOK13 for Macintosh システムアップデータ」をリリースした。

 これは「一部の条件下において、「きかれた」「きかれる」などを入力・変換するとアプリケーションが異常終了する」問題を解消するもの。また登録ユーザには、このアップデータを含んだATOK13のCD-ROMを提供するとのこと。

■ Download:ATOK13 for Macintosh システムアップデータ


@189 : MacNN ||  新しいiBook Special EditionのCM「Formal Wear」がAppleのWebサイトに掲載されている。

■ Apple:Formal Wear

Updated 11:33 a.m.

@138 ||  Mac OS X Developer Preview Kernel Extension Development Kit(KDK)が、米国時間の3月1日より、ADC Software Seeding からADCメンバーに配布される見込み。KDKには、Mac OS X でドライバーを開発するのに必要なI/O Kit DDK(Driver Development Kit)が含まれている。


@140 : MacOS Rumors ||  MOSRが、いくつかの小売店が4月末またはおそらく5月始めにiMacのアップデートが行われることを示唆してきているという。

 その詳細は様々で、信頼するに十分足りるものでないようだが、共通したところではDV Special Editionについて450Mhzへのスピードバンプが行われること、マザーボードをMACWORLD Tokyoで発表された新製品に近いものにアップデートすること、DV/DV Special EditionのDVDドライブを6倍速のものにするという情報があるという。心バージョンのiMacはすべてMac OS 9.0.4を搭載することが予想される。

 現段階では、エントリーレベルモデルの仕様が大きくアップデートされることはないだろうという。

 PowerPC G4を搭載したiMacについては、DVモデルが今夏にG4プロセッサに移行するという噂もあるという。


@145 ||  先週末になくなったコンピュータコラムニスト・ライターの Don Crabb 氏に対し、Appleは「Thanks Don!」とのメッセージを述べたTIL記事をポストしている。

■ TIL:75050 D.C.: Thanks Don

Updated 22:33 p.m.

@600 : MacOS Rumors ||  MOSRによれば、Mac OS 9.0.4が、Final Candidateとしてデベロッパーにシードされているという。Minuetの4番目のバージョンとなるこのリリースの目的ははっきりとは明らかではないが、UMA Macintoshにおいては、安定性が大きく向上するという。おそらく、このバージョンはバグフィックス版のようだ。


@602 : MacInTouch ||  MacInTouchに読者から寄せられた情報によれば、彼の500Mhz PowerBook G3にインストールされていたMac OS 9.0.2では、以下のソフトウェアがアップデートされていたという:

* OpenGL 1.1.3と新しいATIドライバー
* CarbonLib 1.0.1
* Iomegaドライバー 6.0.6
* Apple Audio Extension 1.0.3
* Apple Menu Items(アップルメニュー項目)1.1.7
* FireWire 2.3
* USB 1.4



Macintosh is the registerd trademarks of Apple Computer,Inc. / Other product and company names mentioned herein may be trademarks of their respective companies. / Any direct or indirect damage or problem caused by this web page is not a responsibility of me. / This web page includes unconfirm information. / This web page requires CSS compliant web browser and is best viewed with Internet Explorer 4.5 or later. If you are using Internet Explorer 5.0 or later, set the default resolution to 72 dpi and default font-size 12pt.
ringoalley@mac.com

Special Thanks to SAMさん、Torioさん、TANICOさん、Shinodaさん、その他たくさんの方々....
このサイトを訪れてくれたすべての人に感謝を込めて
MacとAppleと世界の発展と平和を祈って