Make your own free website on Tripod.com

  トップページに戻る
Microsoft Office 2001

Jun 15th (Thursday)

Microsoft Office 2001

@385 ||  Microsoftは、同社のMacTopia Webサイトで、Microsoft Office 2001 Macintosh Editionについて、更なる情報を公開した。

 Office 2001には、メール、カレンダー、タスク管理機能を搭載したPIMソフトが含まれることが既に発表されている。今回は、Word、Excel、PowerPointといったアプリケーションの機能が明らかにされた。

● よりシンプルに

 Microsoftは「近くリリースされるMicrosoft Office 200 Macintosh Editionを試すとき、強い印象を受けるはずです。多くの革新的な、Mac版独自の新機能により、Word、Excel、PowerPoint 2001での日常の一般的な作業がこれまでよりも簡単になります」としている。

● 素早く始め、素早く終わらす

 Office全体に渡って新たに搭載された「Project Gallery」は、AppleWorks 6のスターティングポイントのようなもの。テンプレートやウィザードがカテゴリー別に表示されるので、最適なテンプレート/ウィザードを簡単に見つけられ、どのアプリケーションを使えばいいのか迷う必要がなくなる。

 Office 2001には新たにおよそ400のカラフルなテンプレートが含まれている。テンプレートをもとに、ウィザードでテーマや色を変更してオリジナルの書類を作成することができる。

● 作業をサポートする強力ツール

 「Formatting Palette」で、テキスト、画像、書類のフォーマット(フォント、行揃え、ボーダー、背景色など)を行える。フォーマット関連のツールが1つのパレットにすべてまとめられ、画面上の好きな位置においておくことができる。パレットの内容は編集するオブジェクトの種類(テキスト、画像など)に応じて中身が変化する。

 TWAINインターフェースに対応したスキャナやデジタルカメラから、画像をOffice 2001に直接取り込むことができるようになった。新たに「Picture」ツールバーが作られ、赤目や傷の修正、色調調整、回転など画像の基本的な編集が行えるようになっている。木炭画やモザイクなど画像のフィルター機能も用意されている。

 Word 2001にはEncarta World English Dictionaryが統合されている。またExcel 2001では、式を表示する「Calculator」が搭載されている。計算機のようなインターフェースで、簡単な式の作成、他のセルへのリンクなどが行える。

 Word 2001には、テキスト、グラフィック、表やその他のアイテムをすばやく挿入できる「Click and Type」機能がある。空白のエリアをダブルクリックすると、Click and Typeは、ダブルクリックされた位置にアイテムを置くために必要なフォーマットの設定を自動で行う。例えば、タイトルページを作成するとき、空白ページの真ん中をダブルクリックすることでタイトルを中揃えで入力できる。次に、右下のマージンをダブルクリックすると、作成者の名前を右揃えで入力できる。ヘッダやフッタでもこの機能を利用することができる。

 「AutoComplete」機能も改良され、Excel 2001では、過去に入力した情報を一から再入力することなしで素早く入力できる。入力をし始めると、一致するアイテムがリスト表示され、その中から選ぶことができる。

● 情報をもっと有効利用

 Excel 2001の新しい「List Manager」を使えば、在庫、CDコレクション、メーリングリストの管理を簡略化できる。List Managerでは、データのソート、フィルター、予約、印刷が可能になる。

 リストの作成を始めると、Excel 2001はデータを一般的なリストフォーマットにコンバートすることができる。リストの入力を終えると、データのソートのため、リストのヘッダから「AutoFilters」が自動的に作成される。このリストのヘッダはページのスクロールや複数ページに渡る印刷を行っても常にページの上部に表示される。

 リストの作成時には、「List」ツールバーがスクリーンに表示され、セルのフォーマットが簡単に効果的に行える。新しい「Total Row」コマンドを使えば、合計や平均を算出する行がリストの最後に追加される。またリストの最後には必ず空白の行が作られるので、新たなデータの入力がしやすくなる。

 Word 2001には、Mac版独自の機能「Data Merge Manager」が搭載されている。これはデータソースを利用する作業を簡略化するもので、たとえばOffice 2001に含まれるAddress Bookを利用して郵便物の作成を行うといった作業の手助けをする。Data Merge Managerは、手紙、封筒、宛名ラベル、カタログの作成作業のガイドをし、ユーザがアドレスデータを組織する手助けをし、そのデータをもとに文書を作成する。

● 魅力的なプレゼンテーションをしよう

 プレゼンテーションソフト、PowerPointの画面は3分割構成になり、スライド、アウトライン、ノートが一画面に表示される。「AutoFit」機能は行間やフォントサイズを調整して、テキストがはみ出さないようにする。

 QuickTimeがインストールされていれば、QuickTimeのトランジションをプレゼンテーションに適用できる。また「PowerPoint Movie」機能により、プレゼンテーションをQuickTimeフォーマットで保存できる。PowerPoint 2001ムービーにはアニメーションやバックミュージック、ナレーションなどのほか、サウンドトラックとしてMP3を含めることもでき、PowerPoint 2001で再度開くことも可能になっている。

 MacTopiaには、豊富なスクリーンショットも掲載されている。

■ MacTopia:Microsoft Office 2001 Macintosh Edition


Macintosh is the registerd trademarks of Apple Computer,Inc. / Other product and company names mentioned herein may be trademarks of their respective companies. / Any direct or indirect damage or problem caused by this web page is not a responsibility of me. / This web page includes unconfirm information. / This web page requires CSS compliant web browser and is best viewed with Internet Explorer 4.5 or later. If you are using Internet Explorer 5.0 or later, set the default resolution to 72 dpi and default font-size 12pt.
ringoalley@mac.com

Special Thanks to SAMさん、Torioさん、TANICOさん、Shinodaさん、その他たくさんの方々....
このサイトを訪れてくれたすべての人に感謝を込めて
MacとAppleと世界の発展と平和を祈って