Make your own free website on Tripod.com

  最新の記事もう少し古い記事 |この記事は、 2000 年 3 月の記事です
March #4

March 20th (Monday)

Updated 15:23 p.m.

@290 ||  5月15日からサンノゼで行われるWorldwide Developers Conferenceのセッションの内容が一部明らかになっている。その中からいくつかピックアップしてみると:

 WWDC 2000の一番の目玉はやはりMac OS X であり、Mac OS X 関連のセッションも充実したものになりそうだ。その中で「ユーザエクスペリエンス」セッションでは“Aquaのアドバンテージを生かし、製品のルックアンドフィールをよりアピールの強いものにするために必要な情報”が提供される。これにはAquaの「徹底的な探求」や「Aqua ヒューマンインターフェースガイドライン」が含まれる。

 「デジタルメディア」分野ではJavaのセッションがあり、“プラットフォーム、プログラミング言語双方の観点からみたMac OS X におけるJavaのインプリメンテーション”について知ることができる。これには「AppleScript for Java」といった内容も含まれている。

 また同じデジタルメディアの「オーディオ」セッションでは、「Mac OS X のオーディオロードマップ」も内容に含まれている。

 そして「ツール」分野の「デバッグと最適化」セッションは、パフォーマンスを向上させるテクノロジーやAPIについてのセッションで、Velocity EngineやマルチプロセッサAPIや“アプリケーションのパフォーマンス向上とメモリ解析の新しいツール”などが含まれている。

 また同じ「ツール」分野の「Apple's Tools」セッションでは、新しい他言語対応の開発環境や強化されたInterface Builderを備えた開発システムが発表されるという。

 事前登録やホテル案内など、Worldwide Developers Conferenceに関する詳細な情報はAppleのWebサイト www.apple.com/developer/wwdc2000 で(日本語ページもある)。


March 19th (Sunday)

Top News

@330 ||  iBookとPowerBook(FireWire)のデータ損傷問題に、とりあえずメス。

 iBookおよびPowerBook(FireWire)において、「スリープ時にメモリの内容を保存する」設定にしてあるとき、“希な状況下で”スリープから正常に復帰できずにハードディスクのデータを損傷してしまう問題についてAppleはこの問題を“解消”するパッチをリリースした。

 「Sleep Memory Extension」というこのパッチは、「スリープ時にメモリの内容を保存する」機能を使えなくするもの。省エネルギー設定コントロールパネルからこの設定ができなくなる。

 AppleはiBookとPowerBook(FireWire)の全てのユーザがこのパッチをインストールすることを推奨している。

■ Apple:Sleep Memory Extension
■ TIL:59016 Sleep Memory Extension Read Me

Updated 16:10 p.m.

@331 ||  Appleが、iBookまたはiMacとHewlett PackerdのプリンタHP800または900または1200をセットで買うと、64MBのメモリがサービスされるプロモーションを6月18日まで行っている。

■ Apple:Get more done. Have more fun.

Updated 16:10 p.m.

@332 ||  TIL picks!

NEW 59016 Sleep Memory Extension お読み下さい
NEW 31197 Final Cut Pro:初期設定ファイルを削除する


March 18th (Saturday)

Top News

@165 ||  「OS-9」と「Mac OS 9」はやっぱり違うもの。

 Appleは、現行のオペレーティングシステムに「Mac OS 9」を使うことを禁止するようMicroware Systemsが求めていた訴訟について、アイオワ南部連邦地裁がMicrowareの主張を退けたことを発表した。裁判では、“公正な使用”の主義においてAppleがMac OS 9という名称を使用する権利が認められた。また、Microwareの仮処分申請も棄却されたという。

■ Apple:Court Dismisses Microware Systems Suit Against Apple


@192 : Macworld UKMacNN ||  Microsoft Internet Explorer 5のリリースはいつになる?

 Macworld UKは、Explorer 5のリリース時期に関するMicrosoft側の異なったコメントを伝えている。Explorer 5は当初3月中旬のリリースが予定されていた。

 それによれば、Microsoftは「もうすぐ、本当に、本当に近いうちにリリースする。IE 5.0がハイクオリティのリリースになるようにしており、これが最高のMacブラウザになることを確実にするために更なる時間をかけている」と述べている。

 またイギリスのMicrosoft幹部は「すべてが3月中のリリースを指し示している。他言語のバージョンは4月中旬から下旬になると思う」としている。

 しかしプレスセンターの Karina Gasking は「Mac版IE 5.0のリリース時期を確認できない。リリース時期は2000年6月か7月が予定されているとアメリカから聞いている」と述べた。一方で同じプレスセンターの Tom Carter は「現在のところリリースがいつになるか決まっていない。しかし今年の第3四半期または第4四半期が予定されているようだ」としている。

 しかしMicrosoftのInternet Explorer 5のプロダクトマネージャ Irving Kwong はMacNNに対しこれらのリリース延期のコメントを否定し「Internet Explorer 5 Macintosh Editionは現在も3月のリリースを予定している」と述べている。

Updated 18:15 p.m.

@420 ||  Adobeは、3月3日を末日とする2000年第1四半期の業績報告を行った。

 今四半期の総収入は2億8,220万ドルと、記録的な総収入を達成した。昨年度の第1四半期は2億2,690万ドル、昨年度第4四半期は2億8,180万ドルだった。Adobeはこれで3四半期連続で総収入の記録を更新した。

 純利益は6,460万ドルだった。昨年度は3,830万ドル、昨年度第4四半期は9,740万ドルだった。希薄化後の一株当たり利益は51セント。

■ Adobe:Adobe Systems Reports Record Revenue for First Quarter

Updated 17:33 p.m.

@390 : MacOS Rumors ||  MOSRが伝えるところによれば、iMacのスピードバンプが来月行われるという。また現在ベータ段階にあるiMovieのメジャーバージョンアップ版がバンドルされる可能性があるという。

 Macコミュニティのくろうと、Eric Pollittは、これまでのiMacのリビジョンアップの過程から、4月の5日または15日にiMacのスピードバンプが行われると予想している。また4月25日にAppleが創立25周年を迎えることから、「25th Anniversary/Millennium Edition」になるかもしれないとも推測している。

Updated 12:30 p.m.

@180 : MacCentral ||  MacCentralによると、4月5日のInternet Worldの基調講演をSteve Jobsがキャンセルしたことについて、代わりにAOLのCEO、Steve Case が基調講演を行うという。


@181 : MacCentral ||  AdobeのInDesign担当プロダクトマーケティングディレクター、Peter Kellogg-Smith がMacWEEKに述べたところによれば、AdobeはInDesign 1.0を$699で購入したカスタマーについては先に発表されたInDesign 1.5を無償で提供する。しかしプロモーション価格の$299で購入したカスタマーについては、アップグレードは$99の有償となるという。

Updated 12:10 p.m.

@173 ||  AppleInsiderが、Mac OS X DP3のAquaとDockについてレポートを掲載している。

■ AppleInsider:Mac OS X DP3 Dock Feature and Aqua Report


March 17th (Friday)

Top News.

@340 updated@350 : ZDNNMacNN ||  4月3日からロサンゼルスで行われる Spring Internet World に予定されていたSteve Jobsのオープニングキーノートは、行われなくなったという。ZDNNが伝えた。

 エキスポを主催する eCRM の広報ディレクター Dara Tyson がZDNNに明らかにした。Jobsの基調講演は5日に予定されていた。eCRMは代わりの講演者を探しているというが、Apple幹部にはならないという。しかしAppleの出展は予定通り行われる。

Update MacNNによれば、Tysonは、講演をキャンセルすると“この2、3日の間に”Jobsの側から申し出があったことを明らかにしたという。またTysonは、Jobsが講演を取り消した理由はわからないとしている。

 AppleはIntelとともに、Internet Worldのコーポレートスポンサーでもある。

Updated 19:18 p.m.

@465 : NoBeige ||  NoBeigeによれば、AppleはPower Mac G3/G4のきょう体、Studio DisplayのCRTバージョン、円形マウスをそれぞれ特許登録したという。これらは今年1月4日に認可されたという。


@466 : MacCentral ||  WWDCで大福引き大会 − 今年も。

 Appleは5月15日から19日までサンノゼで行われるWorldwide Developers Conferenceで今年も「Door Prize Extravaganza」と称して参加者を対象に景品の抽選を行う。商品を提供するのはVST TechnologiesやImation、Iomega、Power On Software、Aladdin Systems、Symantecなど。1日あたり100以上の商品があるという。また当選者の一人には、雑誌Macworldへカラーの全面広告($35,525相当)を無償で掲載する特典も与えられる。

■ Apple:WWDC 2000 Door Prize Extravaganza

Updated 17:30 p.m.

@395 : MacOS Rumors ||  MOSRによれば、Charisma Engineおよび300パーセント以上のパフォーマンス向上が行われるATI RAGE 6グラフィックチップは、RAGE 128と同じ方法でポータブルにも使われるという。

 RAGE 6をベースとした4xAGPグラフィックカードが最初に搭載されるのはUMA-2 Power Macになるというが、来年のMACWORLD SFでのリリースが予定されているUMA-2ベースのPowerBook G4は、RAGE Mobility 6を搭載する初めてのPowerBookになるという(この「RAGE Mobility 6」という名前は推測だという)。

Updated 16:00 p.m.

@328 ||  AppleおよびTech Dataは、Tech DataがApple製品の米国内におけるディストリビューションを行うことを発表した。

 Tech Dataは、Apple公認リセラーとしてAppleソリューションのみにフォーカスした事業部門を設立する。Tech Dataのヨーロッパ及びラテンアメリカの子会社は、すでにApple製品を取り扱っており、これらの市場での有力なベンダーである。

■ Apple:Apple Expands Distribution Through Alliance with Tech Data

Updated 23:17 p.m.

@631 : MacOS Rumors ||  MOSRがApple筋の情報として伝えるところによれば、UMA-2チップセットには800Mbps FireWireは搭載されず、400Mbpsにとどまるという。適当なコントローラのベンダーが見つからなかったことや時間、コストの問題が原因だという。

Updated 23:10 p.m.

@621 : MacCentral ||  インターネット検索とポータルのパイオニアであるAltaVistaは「WebベースのOS」を発表した。MacCentralが伝えた。

 AltaVistaは発表の中で次のように述べている。「MicrosoftやApple Computerといったオペレーティングシステム会社の支配により、革新的な新しいオペレーティングシステムが生まれる余地はほとんどないと思うかもしれない。しかしこの分野に新規参入するAestivaは、新しい種類のオペレーティングシステムを発表した −Webオペレーティングシステムだ」

 AltaVistaによれば、ほとんどの商用アプリケーションは5,000行のコードから成り立っているが、AestivaのWeb方式のオペレーティングシステムで開発した匹敵するアプリケーションは50行ですむという。

 「Aestivaで開発された全てのアプリケーションはWebベースだ」とAestivaのテクノロジーディレクター D.M. Silverberg は述べている。またAestivaでの開発はHTMLで行われるという。

 Aestiva HTML/OSはSun、SGI-IRIX、BSDI、FreeBSD、Linux、Cobalt RaQ、Windows、Mac OS 7-9、Mac OS Xのプラットフォームで利用できる。小売価格は$799.99だという。

Updated 23:17 p.m.

@634 ||  What's new at Apple

iMacデモ展示販売店リスト(更新)
iBookデモ展示販売店リスト(更新)


@620 ||  TIL picks!

NEW 58614 PowerBook (FireWire):USBデバイスが接続されるとスリープから復帰する


March 16th (Thursday)

Updated 18:10 p.m.

@413 : O'Grady's PowerPage ||  PowerPageが、PowerBook G4とAppleの新しいトラックパッドについて伝えている。

 それによれば、Pismoの後継となる次のPowerBookは、Apple内部で「Mercury」と呼ばれており、今年の秋または冬に発表される予定。発表時期については来年のMACWORLD SFになる可能性もあるというが、今年7月のMACWORLD New Yorkには間に合わないという。これはAppleがこの新モデルに搭載する新しいテクノロジのR&D(研究開発)のためだという。

 またこのMercuryはPowerPC G4を搭載する最初のPowerBookになり、情報筋によれば、Appleの秘密プロジェクトでは500Mhzから750Mhzまでにわたる様々なコンフィグレーションがテストされている。

 さらにMercuryは、新しいトラックパッドが搭載されるという。これはスマートなプログラマブル・トラックパッドで、またパッドに触れているデバイスを検知してそれに応じた動作をするという。具体的には、スタイラスペンを使ってPalmのようにメモを書いたりドキュメントに署名したりできるほか、プログラマブルのホットスポットまたは領域があって、様々な機能を割り当てることができるという(PowerPageにこのトラックパッドのイメージが掲載されている)。

Updated 17:16 p.m.

@378 : MacCentralMacNN ||  4th DimensionのメーカーであるACIは、WebSTARサーバースイートで知られるStarNine Technologiesの買収を発表した。

 またWebSTARのMac OS X 対応について、StarNineのWebサイトによれば、「Mac OS X 対応のWebSTARサーバースイートの開発は今年の最優先事項」だという。プライベートベータを4月に、パブリックベータを7月にリリースし、今年末までに正式版をリリースするという。


@383 : iMac2Day.Com ||  iMac2Dayによれば、Harman Multimediaは、iMac用サブウーハーiSubをMac OS 9 Audio Update 1.3ではなく、バージョン1.2とともに使うことを推奨している。Harmanによれば、バージョン1.3は異常なノイズ音の原因になるという。iMac2Dayは、このMac OS 9 Audio Update 1.2をWebサイトで配布している。

Updated 16:50 p.m.

@355 : MacOS Rumors ||  iBookのロードマップについて、MOSRが伝えている。

 まず、iBookのマージンがほとんどないこと、LCDディスプレイの価格が高いためにローコストのポータブルが難しい状態にある状況で、AppleはiBookのグラフィックチップを改訂する計画はないという。しかし、UMA-2のiMacはSGRAMが現在の倍の8MB似なるという推測もあるという。

 また最近Appleが、DVD、FireWireともに将来iBookに搭載されると述べているが、Apple筋が提供した(未確認の)ドキュメントによれば、7月のMACWORLD New YorkでiBook Special EditionがアップデートされDVD-ROMが搭載されるという。

 そしてきょう体については、上記のドキュメントによれば、アップデートされたiBookのきょう体には、当初Pismo向けに設計された超薄型でトランスルーセントのクラムシェルのきょう体のデザイン要素がいくつか使われるという。重さはおよそ1ポンド(453g)軽くなり、厚さは1.5インチ薄くなるという。現在このきょう体は、UMA-2 iBookで使われると考えられているという。UMA-2 iBookは、FireWire、100Mhzのメインバス、4xのAGP、UltraDMA/100のストレージバスなどが搭載されるという。

 現在のところ、最初のUMA-2 Mac(Power Mac G4)が今年第3四半期、最後(PowerBook G4)が来年第1四半期の発表がそれぞれ予定されているという。iMacやiBookははっきりしていないというが、UMA-2 iBookは10月または11月にリリースされるかもしれないという。

Updated 16:31 p.m.

@335 : AppleInsider ||  AppleInsiderが、Mac OS X DP3のファイル構造とFinderについてレポートを掲載している。その内容をいくつか拾ってみると:

 コアにUNIXを用いているため、Mac OS X のファイル構造はシステムの領域と個々のユーザの領域とがはっきりと分けられている。ユーザそれぞれに専用のディレクトリが作られ、他のユーザのディレクトリを閲覧するにはパーミッションが必要になる。

 それぞれのユーザのディレクトリは以下のような構成になっている:

* Documents:ユーザが書類を保存しておく場所。Mac OS X のアプリケーションはデフォルトでこの場所を参照する
* Applications:ユーザのパーソナルなアプリケーション・ユーティリティがインストールされる
* Libraly:アプリケーションが必要とするフレームワークなどが保存される
* MailAccounts:MailViewerが受信メールを保存する
* Mailboxes:MailViewerがコンピュータで作成されたメッセージを保存する

 またシステム全体で使われるアプリケーションは、/Local/Applications や /System/Applications などの場所に保存される。これらの場所にあるアプリケーションは全てのユーザが起動できる。

 また、/System フォルダを含め、ハードディスク内にはアクセスを制限された場所が多くあるという。

 Finderはまだまだ開発段階だが、後退ではなく、確実に前進しているようだという。Finderには3種類の表示方法がある。アイコン表示は現在のFinderに“多少”似ているというが、アイコンは違い、動作は遅く、フォルダナビゲーションなど現在のFinderにある機能のうちの多くが使えないという。またリスト表示でも、ドキュメントやアプリケーションのプレビューが表示されるという。またこのほかに、Greg's BrowserやMac OS X ServerのWorkspace Managerのようなコラム表示がある。

 またFinderでは、プレビュー画面でQuickTimeムービーを再生できる。しかしMP3をFinderやQuickTime Playerで再生しようとしたらFinderがクラッシュしてしまったという。

 このFinderは全体としては、今のところ低機能で風変わりで、とにかく高速ではないという。さらに、一番大きな問題は、Finderは起動時にHDのスナップショットを作成し、それ以後のファイルシステムへの変更がすぐにFinderに反映されていないことだという。たとえば、ドキュメントを作成してDocumentsフォルダに保存してもFinderにはそれが表示されないという。フォルダのリストを更新するにはコマンドラインを使用する必要があるという。

 また、多くのファイルをHDに追加したり、プロセッサを占有するアプリケーションを使ったりするとFinderが終了してしまうという。Finderは自動でリロードするというがそれには10秒くらいかかり、またDockもFinderが終了するとなくなってしまい、Dockが再び表示されるのにさらに5から10秒かかるという。

 現在のところ、Finderはまだまだ開発途上といった段階のようだ。

Updated 23:15 p.m.

@630 : MacCentral ||  アメリカ陸軍は、メインのWebサイトをWebSTARとG3の組み合わせで運営している。MacCentralによれば、昨日陸軍の複数のサーバーがブラジルのハッカーグループから攻撃を受けたという。この攻撃でふたつのWindows NTサーバーはハッカーに進入を許したが、Macintoshサーバーは攻撃に耐えたという。アメリカ陸軍は昨年、Microsoftのサーバソフトウェアのセキュリティの懸念からMacintoshを使ったサーバーシステムを導入している。

Updated 22:10 p.m.

@570 ||  AppleがiMacを模倣したとされる「E-Power」について、大宇と和解しE-Powerの製造および販売を禁止する世界的な処分を得たことを発表したことについて、このパソコンを米国内で販売している大宇の合弁会社Future Powerは、Appleの発表は誤解を招くものだとする声明を発表した。

 プレスリリースによれば、Future Powerは弁護士を通じてAppleにこの発表の撤回を要求したという。また、Appleが発表した「和解」は大宇とAppleの間のものであって、Future PowerとAppleは和解には達していないとしている。

 またプレスリリースの中でFuture Powerのゼネラルマネージャ Bill Voecks や同社の弁護士 John C. Gorman は、同社のパソコンはiMacの模倣だとして処分を求めるAppleの姿勢に強く反発している。Gormanは「Appleはカラーのコンピュータの販売を独占する法的権利は持っていないはずだ」と述べている。また彼は、消費者が「E-Power By Future Power」とはっきり示されているWindowsベースのPCとiMacを間違うことはないとしている。

 また、プレスリリースによれば、大宇は和解による処分下においても「シルバーブルー」のきょう体でE-Powerを販売することができ、ボンダイブルーなどのiMacカラーでの販売が禁止されるのも4年間に限られている。

■ Future Power:Apple Press Release Concerning iMac Trade Dress Litigation is Misleading

3月11日付記事も参照)

Updated 22:21 p.m.

@590 ||  What's new at Apple

iMacデモ展示販売店リスト(更新)
iBookデモ展示販売店リスト(更新)
経験者採用のご案内(更新)


@592 ||  TIL picks!

NEW 58600 PowerBook (FireWire):起動時の断続的なクラッシュ
PowerBook(FireWire)で起動時にバスエラー、アドレスエラー、Type 11エラーが起こることがある。これは、機能拡張フォルダの「SerialShimLib」ライブラリが原因の可能性があり、これを削除することで解消する。なお、SerialShimLib を削除することで、赤外線通信、外付USBモデム、いくつかのサードパーティーUSB-シリアルアダプタ(Keyspan製は含まれない)が使用できなくなる。Appleはこのライブラリのアップデータを今月中にリリースする予定(Mac OS 9.0.4とみられる)。

NEW 58621 iBook:外付キーボードからの起動はサポートされていません


March 15th (Wednesday)

Updated 19:20 p.m..

@465 : MacWIRE ||  MacWIREによれば、3DアクセラレータメーカーのnVIDIA(MicrosoftのX-Boxのグラフィックチップを開発)が、Game Developers Conferenceにおいて、Mac市場への参入を示唆した。

 それによれば、nVIDIAの広報 Rick Black は「年内にMac対応の何かしらの製品を提供する」とも語った。また匿名の業界観測筋は、nVIDIAが2000年の年末までに同社の3Dアクセラレータ製品のいずれか1製品のMacバージョンをリリースすることを認めているという。

Updated 17:21 p.m..

@380 : MacOS Rumors ||  TIL(#25134)には、Finder 9.1との記述がある。MOSRによれば、今月中にリリースされると見られるMac OS 9.0.4の最新のビルドには依然Finder 9.0が搭載されているということから、Mac OS X のリリースまでに“Classic”なMac OSのアップデートがさらに行われる可能性がでてきた。


@383 : MacOS Rumors ||  MOSRが信頼すべき読者からの情報として伝えるところによれば、UMAチップセットの最新のバージョンで使われている10/100 Ethernetコントローラを製造しているBroadcomが、同社の新しい低価格10/100/1000 Ethernetコントローラの最初のOEM先のひとつにAppleを選ぶ可能性があるという。今年末までにすべての製品ラインに搭載されるUMA-2チップセットでは、Gigabit Ethernetが標準になるかもしれないとされてきていた。

Updated 17:10 p.m..

@365 : AppleInsider ||  AppleInsiderによると、Newer Technologyは同社のG3/G4アクセラレーターを搭載したシステムでMac OS X を使えるようにするドライバを開発しているという。

 情報筋によれば、このドライバを利用して、Newerはアップグレードした様々な種類のPower Computingの互換機でMac OS X DP3を起動することに成功しているという。また、アップグレードしたRev.AのiMacの起動にも成功したという。情報筋によれば、このソフトウェアパッチは、Mac OS X の発売開始後にリリースされる見込みだという。


@370 : MacUser UK ||  過去数週間、多くのWebサイトで500Mhz以上のG4プロセッサをAppleに販売しないようMotorolaがIBMに求めていると報じられていた。

 しかしMacUser UKによれば、Motorolaのヨーロッパ担当のマーケティングマネージャ Paul Clark は、この噂をきっぱりと否定した。「Motorolaは、IBMがいかなるクロック周波数のMPC7400を製造しAppleに販売することを拘束するようなことはしていない」と彼は述べている。

 一方、PowerPC G4の高速がいつになるのか公式な発表はなされていない。AIM(Apple-IBM-Motorola)アライアンスの情報筋によれば、“比較的に近い将来”にリビジョンアップが行われるとしているが、これが即時にクロック周波数の高速化につながるかは定かではない。そのかわり、Motorolaは同じクロック周波数でより多くの命令を実行できるようにするための機能追加に集中しているとされている。

Updated 17:21 p.m.

@385 ||  What's new at Apple

■ デザイン&グラフィックスに、日本でインディーズアーティストや音楽を紹介する direct 誌の編集スタッフに取材した「ライブ&ダイレクト」を掲載
■ デザイン&グラフィックスに、スウェーデンのアートディレクター、ヘンリク・ウォルセが手がけるミュージックプロモーションの制作現場「サーチ&デストロイ」を掲載
■ インターネットパブリッシングに、グラフィックアート業界のためのデジタル・ネットワーク「WAM!BAM!」を掲載
■ メディカルに、口腔外科分野にアップルのテクノロジーを利用する「患者の顔に浮かぶ微笑み」を追加


@630 ||  TIL picks!

NEW 25134 Mac OS 9:一時的に作成された項目が起動時に削除されない
NEW 25135 FireWire Card Tester:互換性があるのはオリジナルのApple FireWire PCIカードだけ
NEW 25136 FireWire:FireWire Lynx Enabler を削除してください
NEW 58620 PowerBook (FireWire):DVDビデオを外付モニタまたはTVで見るには



Macintosh is the registerd trademarks of Apple Computer,Inc. / Other product and company names mentioned herein may be trademarks of their respective companies. / Any direct or indirect damage or problem caused by this web page is not a responsibility of me. / This web page includes unconfirm information. / This web page requires CSS compliant web browser and is best viewed with Internet Explorer 4.5 or later. If you are using Internet Explorer 5.0 or later, set the default resolution to 72 dpi and default font-size 12pt.
ringoalley@mac.com

Special Thanks to SAMさん、Torioさん、TANICOさん、Shinodaさん、その他たくさんの方々....
このサイトを訪れてくれたすべての人に感謝を込めて
MacとAppleと世界の発展と平和を祈って