Make your own free website on Tripod.com

  最新の記事もう少し古い記事 |この記事は、 2000 年 5 月の記事です
May #4

May 17th (Wednesday)

Top News.

@375 ||  Corelは、同社とInprise/Borlandとの合併に関する合意が取り消されたことを発表した。

 3ヶ月以上前にCorelとInprise/Borlandは合併に関する合意を行ったが、その後の“大きな変化”により、相互の合意によって合併の計画は中止された。

 Inprise/Borlandとの合併が中止されたことにより、財政難であるCorelは“最近受け取った他の財政に関するオファーを検討”していく。また同時に年間およそ4,000万ドルのコスト削減を行うという。

■ Corel:Corel and Inprise/Borland terminate proposed merger agreement


@410 : MacWEEKc|net ||  MacWEEKによれば、サンフランシスコ裁判所は火曜日、Sony Computer Entertainment(SEC)がConnectixに対し、ConnectixのVirtual Game Station(VGS)がSECの著作権を侵害しているとして訴えていた裁判で、Sony側の主張を退ける判決を下した。

 今回の判決は予想されていたものだ。2月に控訴審は、ConnectixにVGSの出荷を禁じた仮処分を取り消している。今回の判決では、Connectixに対するSECの9つの主張のうち、7つが退けられた。残る二つは、企業秘密と、不公正な競争に関するものだという。Charles Legge 判事は、この二点について再審を行うかどうか、90日以内に決定するとしている。

 Sonyはこの件とは別に、VGSに関してConnectixを特許侵害で訴えている。


@992 ||  AppleはWolf Cameraと提携し、iMac DVをベースとしたデスクトップビデオソリューションを全米のWolf Cameraの店舗で提供すると発表した。

 70のWolf Camera店舗で、iMac DV、iMovie、Canon ZR-10からなるDTVシステムを展示、またWolf Cameraの700の店舗全てでこれらソリューションを販売する。

■ Apple:Apple and Wolf Camera Team Up to Offer Complete Desktop Video Experience


@976 : MacNN ||  MacNNによると、WWDCのハードウェアに関する基調講演で、AppleはMac OS X におけるデュアルプロセッサのPower Mac G4の技術的デモを行った。

 この中で、CarbonとCocoaで書かれたアプリケーションは、マルチプロセッサに対応するためのプログラムを修正する必要がまったくないことが説明された。デュアルプロセッサのG4は、シングルプロセッサよりも二倍ほど高速だったという。マルチプロセッサPower Mac G4は「今すぐにリリースされるものではない」というが、来年のWWDCまでにはリリースされるという。

 基調講演では、衛星からのデータのレンダリングや、OpenGLとQuickTimeを同時に使うといったデモが行われた。シングルプロセッサではOpenGLがかなり遅くなってしまうが、マルチプロセッサではそれぞれのプロセッサを90%ずつ使用した状態でどちらのアプリケーションも完璧に動作したという。

WWDC Related News.

@465 updated@512 : MacNN ||  火曜日にMitch Mandich、Phil Schiller、John Rubisteinによって行われた販売/ハードウェアに関する基調講演では、次のような話があった。MacNNのレポートによる。

▼ アメリカでの新しいリセラーとして、WizがApple製品を取り扱うことを発表。
▼ 「代替流通チャネル」つまり、Appleとは関係のない流通チャネルでApple製品がどのように購入されるか−が一つの大きなテーマとなった。こうした代替チャネルの例として、Amazon.comのMacintoshストアやWolf Camera[参照]があげられた。
▼ Appleが市場を拡大するために自ら行ってきた例としてApple Storeを紹介。
▼ 教育市場への販売をAppleが直接行うことを発表。このために、昨年11月、12月に60人の社員を雇ったという。Appleは「もっともダイレクトで、もっとも完全な教育ソリューションを提供する会社」になりたいという。Appleは教育市場でのシェアを31パーセントにまで増やしており(首位)、これは第2位の二倍だという。

▼ PowerPC G4の「Velocity Engine」という名前はウィスコンシン州のデベロッパ Mark Swanson からの提案によるものであることが明かされた。
▼ Pinnacle 社のデジタルビデオカードを搭載したPower Mac G4のデモを行ってPower Mac G4のアーキテクチャのパワーを示した。このカードを搭載することで、Power Mac G4のアーキテクチャとの組み合わせにより、リアルタイムの日圧縮ビデオを最大120MB/秒の速度で内部転送できる。Power Mac G4を使ったフル装備のデジタルスタジオの推定コストは1万ドルから3万ドルで、同等のハイエンドスタジオの25万ドルと比べてはるかに安価である。
▼ マルチプロセッサのPower Mac G4の技術的デモ[参照
▼ 次世代のマザーボードを設計するときパワーマネジメントは最も重要な視点の一つであるとし「EnergyStarを超えた」Macintoshのパワーマネジメント機能を紹介。
▼ FireWireに関して、800Mbpsの転送速度を持つ1394bやmLAN製品に関する計画を発表。また、特定のFireWire機器が接続されると、アプリケーションを起動するといった動作が実行される機能を紹介。


@435 : MacNN ||  MacNNによると、WWDCのI/Oコンファレンスで、AppleはMac OS X DP4と今夏のパブリックベータまでの間にもうひとつプレビュー版のリリースが行われることをそれとなく言及したという。

 また現在DP4では、精密なSCSIドライバは依然開発中であり、USBモデムも現在はサポートされていないという。さらに、ADBサポートについてはまだ決定していないという(ただし、DP4ではADBキーボードからの起動ができるという)。また現在DP4はグラフィックアクセラレーションにも対応していない。


@425 ||  Appleも、WWDCの特集ページを掲載している。写真の他、会場の様子を撮影したムービー「iMovie Report」もある。

■ Apple:Hot News - Developers Conference 2000


@405 : MacCentral ||  Aladdin SystemsはWWDCにおいて、StuffIt Installer Maker 6.5.2を配布したほか、バージョン7.0も発表した。

 バージョン6.5.2はUSBに対応し、Mac OS 9の「USB Software Locator」機能を使って、USBドライバの自動インストールを行うことができる。このバージョンはWWDC二参加しているUSBのデベロッパのみに配布された。この機能はバージョン7.0に組み込まれる。

 Installer Maker 7.0はMac OS X 対応バージョンで、Mac OS X 用のインストーラを開発できる。バージョン7.0は今年末にリリースされるという。


@386 : MacWEEKMacNN ||  Metroworksは、WWDCにおいて、同社の開発環境 CodeWarrior のMac OS X バージョンのデモを行った。

 デベロッパーはカーボナイズされたCodeWarrior上で、Carbonアプリケーションの開発を行える。MetroworksはこのMac OS X 版CodeWarrior(CodeWarrior 6)のベータ版がおさめられたCDをWWDCで配布しているほか、バージョン5のユーザはWebからベータ版を申し込むことができる。このプレビュー版はMac OS Xのネイティブフォーマットである Mach-O もサポートしている。

 MacWEEKによれば、CodeWarrior 6の正式版は8月末にリリースするという。

 またMacNNによると、Metroworksは、DP4に搭載されている新しいFinderや3Dソフトウェア Maya は、このMac OS X 版CodeWarriorによってコンパイルされていることを発表している。


@393 : MacNN ||  MacNNによると、REAL SoftwareはWWDCで、REALbasic for Mac OS X のアルファバージョンのデモを行った。Mac OS X 上で動作し、ネイティブなCarbonアプリケーションの開発を行える。

■ REAL Software:REALBasic for Mac OS X

Updated 0:00 a.m.

@649 : MacNN ||  Earthlinkは、Mac OS X 用のインターネット接続ソフトウェアを提供することを発表した。Mac OS X のアドバンテージをフルに生かすため、同社はAppleと緊密に連携をとって開発を行うという。


@651 : MacUser UK ||  今夏にリリースされるベータ版がどのような形で配布されるのかははっきりしていないが、MacUser UKは、Mac OS X のパブリックベータ版をインターネットからのダウンロードとして提供するとSteve Jobsが基調講演で述べたと伝えている。


@653 ||  What's new at Apple

Apple Releases Mac OS X Developer Preview 4 with Final API Specs
■ 米国報道資料抄訳:アップル、最終のAPI仕様を装備したMac OS X Developer Preview 4をリリース

More than 200 Developers Committed to Mac OS X
■ 米国報道資料抄訳:200社を超えるデベロッパがMac OS X向け開発を表明

Apple Drops WebObjects License Price From $50,000 to $699
■ 米国報道資料抄訳:アップル、WebObjectsのライセンス価格を5万ドルから699ドルに値下げ

QuickTime 4 Tops 50 Million Copies and Apple Previews Next Version
■ 米国報道資料抄訳:QuickTime 4が5,000万本を超える アップル、次期バージョンをプレビュー

Apple Expands Professional Services Organization
■ 米国報道資料抄訳:アップル、プロフェッショナルサービスを拡充へ

■ 「経験者採用のご案内」を更新


May 16th (Tuesday)

WWDC - Late Breakers

@455 : NikkeiMAC.COMc|net JapanMacWIRE ||  Mac OS X のリリーススケジュールは、これまでの「今夏リリース・マシンへのプリインストールは来年1月」から「パブリックベータを今夏リリース・正式版は来年1月」二変更された。

 形の上では「リリース延期」にうつるが、様々な環境にある多数のユーザからのフィードバックが正式版に反映される(だろう)という点を考えると、今回の変更は歓迎すべきものともいえる。

 またMacWIREによれば、Appleは基調講演の日に行われたプレス向け説明会で「製品版として出荷しようとしていたものをあえてベータ版とした」としている。またNikkeiMAC.COMによれば、Appleはベータ版も(製品版としての)予定通りのレベルを維持するとも説明している。

 ここで気になるのは、パブリックベータ版の配布方法と、フィードバックをどのように受け付けるかというものだ。c|netは、AppleのPhil Schillerの話として、パブリックベータ版をパッケージ製品として出すのか、あるいは有料なのか無償なのかまだ決めていないという。しかしNikkeiMAC.COMは「無償提供」と伝えている。

 Appleは以前、QuickTime 4.0についても、正式リリース前にパブリックベータ版のリリースを行っている。


@430 : MacWEEK ||  基調講演の中でJobsは、Mac OS X にはおよそ50のアプリケーションが含まれ、それらはすべてカーボナイズされているか、Cocoaで書かれていると語った。

 またAppleのMac OS X のWebページでは、これらMac OS X に含まれるアプリケーションをいくつか紹介している:

* AddressBook:アドレス帳。電子メールアドレスやその他の情報を管理できる。
* Sherlock:ディスクやネットワーク、インターネット上の情報の検索。
* QuickTime Player:ムービー、音楽の再生、画像の表示、QuickTime TV。
* Preview:書類のプレビューを行う。
* Mail:テキストだけでなく、画像やサウンド、ムービーを含んだ電子メールの送受信を行う。Cocoaで書かれている。
* TexEdit:テキストエディタ。
* Grab:スクリーンショットを撮るツール。
* Stickies:スティッキーズ。Cocoaで書かれている。


@388 ||  新しくなったMac OS X のWebページは、掲載されているスクリーンショットなどもMac OS X DP4にあわせて更新されている。

 まず、メニューバーの左端のアプリケーションメニューは、アイコンではなく現在アクティブなアプリケーションの名前(たとえば「Desktop」)がボールドで表示されるようになった。

 Dockはタイルがなくなり、背景が半透明になった。アプリケーションと書類が左右に分かれるようで、その間には(あまりはっきりしないが)区切り線がある。Dockのアイテムをデスクトップにドラッグすることで、アイテムをDockから削除できる。このとき、アイテムは泡のように消えていく。

 Finderも改良され、ツールバーが隠せるようになった。これまでツールバーには「表示」ボタンがあり、アイコン表示、リスト表示、カラム表示を切り替えるようになっていたが、このボタンがなくなった。そのかわりにそれぞれの表示方法を選べる小さなボタンが、パスを表示するポップアップメニューの右に追加された。このパス表示ポップアップメニューと表示方法の選択ボタン、「戻る」ボタンは、ツールバーを隠しても残る。なお、検索フィールドもなくなっている。


@413 : MacCentral ||  今年のWWDCの出席者はおよそ3,600人。去年の2,563人から1,000人も増えたことになる。会場に詰めかけた多数のデベロッパに、iCEO Steve JobsはAppleの好調さを再確認させた。

* Appleは過去四四半期で7億ドル以上も利益を上げている。Jobsは、Appleはこれら利益をMac市場に再投資していくと語った。
* Appleの過去二四半期の成長率は37パーセントの伸び。収入は32パーセント、利益は56パーセント伸びている。これらすべてにおいて、AppleはDell、Gateway、Compaqに勝っている。
* Appleのマーケットシェアは世界各地で増加している。98年から99年にかけ、アメリカでは4.5から5.1パーセントへ、ヨーロッパでは3パーセントから4.1パーセントへ、日本では5.7パーセントから7.8パーセントへそれぞれ増加している。
* 昨年、400万台上のMacが販売された。過去2年間で、iMacは世界で350万台販売されている。またiMacの購入者の45パーセントは新規のMacユーザだった。


@400 : MacNN ||  MacNNによると、WWDCにおいてAppleは、Darwin 1.0上で動作する X-Windows のデモを行ったという。


@405 : MacNN ||  TechToolを開発しているMicromatは、Mac OS X 用のディスクユーティリティである「Drive10」を発表した。TechTool Proをベースにしているがまったく新しい製品だということで、強力なディスク修復機能を搭載しているほか、ボリューム構造に関する重要なデータを定期的に自動でバックアップする機能を備えている。価格は$99.95。

WWDC - Apple Announcements [early updates]

@925 ||  AppleはWWDCに参加した4,000のデベロッパーに、Mac OS X の四番目のDeveloper Previewをリリースしたことを発表した。

 このバージョンには、APIの最終仕様が含まれている。またMac OS X 用のInternet Explorer 5とJava 2 プラットフォームのサポートも搭載されている。

 またAppleは、1月以降200以上のデベロッパがすでにMac OS X にコミットしていることもあわせて発表した。これらにはAdobeやAlias|Wavefront、Avid、Canon、Dantz、Digidesign、Disney Interactive、EarthLink、FileMaker、HP、IBM、Macromedia、Microsoft、Palm、Sun Microsystemsが含まれる。Alias|Wavefrontは本日、3Dソフトウェア、Mayaを発表したほか、AdobeはMac OS X 版InDesignのデモを行っている。

 Mac OS X のパブリックベータは、今夏リリースされ、正式版1.0は来年1月にリリースされる。Mac OS X はG3/G4プロセッサを搭載する全てのMacintoshで動作するほか、64MBのメモリを必要とする。

■ Apple:Apple Releases Mac OS X Developer Preview 4 with Final API Specs
■ Apple:More than 200 Developers Committed to Mac OS X


@933 ||  AppleはWebObjectsのアグレッシブな新価格を発表した。

 この新価格により、カスタマーはWebObjectsアプリケーションの開発・運用に必要な完全なソリューションを$699で購入できる。これには開発ツールと、ひとつのサーバで無制限に使用できる運用ライセンスが含まれており、これらは以前まで$50,000以上だった。

 また同時に、WebObjectsの次期バージョンは完全にJavaで書かれることも発表された。Appleは今年末に、WebObjects 5 for Java を発売する。これは100% Pure Javaで書かれており、EJB(Enterprise Java Beans)といったインターネット標準にも対応する。

 WebObjects 4.5はリセラー及びApple Storeから$699で販売される。Mac OS X Server、Windows NT/2000、Solaris、HP-UXシステムで運用できる。

■ Apple:Apple Drops WebObjects License Price From $50,000 to $699


@940 ||  Appleは、QuickTime 4のプレイヤーのダウンロードが5,000万を超えたことを発表し、次期バージョンのプレビューを行った。

 QuickTimeの次期バージョンは今夏にリリースされ、MPEG-1およびMPEG-2のクロスプラットフォームでサポートするほか、Flash 4にも対応する。QuickTime VRも強化され、またVelocity Engineに最適化して音楽のエンコードを最高で3倍高速にするQDesignソフトウェアも搭載する。

■ Apple:QuickTime 4 Tops 50 Million Copies and Apple Previews Next Version


@946 ||  Appleはプロ用のサービス組織を強化して「Apple iService」として、WebObjectsやQuickTime Streaming Server、Mac OS X に関するコンサルティング、インテグレーション、トレーニングサービスを提供することを発表した。

■ Apple:Apple Expands Professional Services Organization


@978 : MacCentral ||  MacCentralによれば、DP3からDP4への変更点は:

* 従来サイズ(プラチナサイズ)のコントロールボタン
* FinderがもっとMacライクに。ツールバーを隠せるほか、ディスクをデスクトップにドラッグできる。アプリケーションの名前が画面左上にボールドで表示される
* 再構成されたDock。タイルがなくなり、アイコンが見やすくなった。区切り線ができ、アプリケーションは左側に、書類は右側に集まるようになった。またデスクトップにドラッグする事でDockのアイテムを削除することができる(煙のように)ほか、URLもDockに追加できる
* 新しいQuickTimeプレーヤ。現在のチャンネルの「引き出し」のかわりに「TV」ボタンがある
* 完全なOpenGLが実装され、Quartzと統合された


@980 : MacNN ||  MacNNによると、基調講演の中で、Phil Schillerは、明日の朝ハードウェアの発表があることを示唆したという。


@980 : MacNN ||  AppleのWebサイトに新たに「Mac OS X」のタブが登場している。

Updated 23:30 p.m.

@637 : MacInTouch ||  MindVisionは本日同社のインストーラ作成ツールInstaller VISEの新バージョンである、Installer VISE 7.0 for Mac OSと、Mac OS X バージョン、Windowsバージョン(バージョン3.5)を発表する見込み。


@639 ||  What's new at Apple

iMacデモ展示販売店リスト
iBookデモ展示販売店リスト


May 15th (Monday)

Updated 18:30 p.m.

@435 : MacNN ||  「NewZilla」はMozillaやNetscape 6に関するFAQのサイト。

NewZilla

Updated 17:18 p.m.

@375 : MacNN ||  WWDCのSteve Jobsの基調講演の衛星中継について、MacNNによると、衛星中継を行うGlobeCastは、中継が“きれいに”放送されるか(つまり、一般に公開されるか)確認できなかったという。放送は暗号化されて一部の招待団体にしか公開されないという見方もあるという。


@376 : AppleInsider ||  Worldwide Developers Conference(WWDC)がまもなく始まる。

 今年のWWDCは、Mac OS X を始めソフトウェアがそのメインテーマになる見込みだ。発表以来の批判や指摘を受けて改善されたAquaインターフェースや、WebOnjectsの新バージョンが登場する見込み。

 AppleInsiderによれば、AppleはAquaについて、ある部分ではもっと多目的に、またある部分では視覚的な強烈さをやわらげるといった改善を行ってきたという。Steve Jobsのキーノートの終わりに、デベロッパーはMac OS X の最初のベータ版を受け取るという。

 またWWDCの出席者には、「WWDC 2000」のロゴが背に刺繍された、バックパックやラップトップ用ケースとして使えるバッグが配布されるという。このバッグの中には“Steve Jobsの”黒のタートルネック、白のWWDCのTシャツ、多数のApple CD-ROM(この中にはWebObjects 4.5のCDが含まれる)が入っているようだという。



Macintosh is the registerd trademarks of Apple Computer,Inc. / Other product and company names mentioned herein may be trademarks of their respective companies. / Any direct or indirect damage or problem caused by this web page is not a responsibility of me. / This web page includes unconfirm information. / This web page requires CSS compliant web browser and is best viewed with Internet Explorer 4.5 or later. If you are using Internet Explorer 5.0 or later, set the default resolution to 72 dpi and default font-size 12pt.
ringoalley@mac.com

Special Thanks to SAMさん、Torioさん、TANICOさん、Shinodaさん、その他たくさんの方々....
このサイトを訪れてくれたすべての人に感謝を込めて
MacとAppleと世界の発展と平和を祈って